HOME > イベントスケジュール > 鈴木マサル傘展 持ち歩くテキスタイル

exhibition

鈴木マサル傘展 持ち歩くテキスタイル

期間:05.08~18
会場:スパイラルガーデン

自身のオリジナルブランド「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」やフィンランドのマリメッコ など、国内外の様々なブランドから作品を発表し、今最も注目されるテキスタイルデザイナー、鈴木マサル。
本年で3 回目の開催となる「鈴木マサル傘展 - 持ち歩くテキスタイル -」は、会場をスパイラルガーデンに移し、自然光があふれる解放的な大空間で、これまでに発表した傘を一同に展示。また、これまでに発表した代表的なテキスタイル作品も展示します。

動物や植物など、日常的な温かみのあるモチーフを描き出す画力と、大胆な構図、鮮やかな配色と版の重なりから生まれる奥行きのある色彩。見る人を自然と笑顔にするようなユーモアあふれる鈴木マサルのテキスタイルの世界観を紹介致します。
会場では、作品の展示のほか、新作を中心に傘の販売を行います。梅雨の前のさわやかな季節に、お気に入りの一本を見つけてください。
【プロフィール】
鈴木マサル (テキスタイルデザイナー) 
多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。
1995年に独立、2002年有限会社ウンピアット設立。2005年からファブリックブランドOTTAIPNUを主催。
職人による手捺染の生地、旧式織機で織られたドビー生地など、色鮮やかなハンドプリントによるファブリックを中心に、タオルやバスマット、ハンカチ、傘など、生地本来が持つ魅力にあふれたコレクションを展開。自身のブランドの他に、2010年よりフィンランドの老舗ブランドmarimekkoのデザインを手がける。現在、国内外の様々なメーカー、ブランドのプロジェクトに参画。
東京造形大学准教授

◆開催概要◆
会期:2014年5月8日(木)~5月18日(日) 11:00~20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23

主催:有限会社ケース
協力:ムーンバット株式会社
展示協力:設計事務所ima 小林恭+マナ(会場構成)
     enamel.(ポスター・カードデザイン)
     wow (映像デザイン)
プレスサポート:デイリープレス
会場協力:株式会社ワコールアートセンター
お問い合わせ先:03-5452-3171(有限会社ケース) http://kasaten.tumblr.com
        
◆◆関連イベント◆◆
鈴木マサル傘展 特別トークイベント 『鈴木マサルが語るテキスタイルの魅力と可能性』
聞き手:川上典李子(ジャーナリスト/21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター)

日時:5月10日(土)15:00-16:30 会場:スパイラルガーデン アトリウム
定員:70名(※要予約)
参加費:無料 予約方法:mail@casedepon.comまでメールにてご連絡下さい。
    件名は「傘展予約」、本文は「お名前、ご連絡先、参加人数」をご記入下さい。
※座席の予約は定員となりましたが、トークは会場内にてお聞き頂けます。是非ともご来場下さい。
※混雑の状況により、入場を制限させていただく場合がございます。


プロフィール: 川上典李子 Noriko Kawakami デザイン誌「AXIS」の編集を経てフリーランスのジャーナリスト、エディター。
主な著書に『Realising Design』(TOTO出版)、編書に『天童木工』(美術出版社)、近著に『ウラからのぞけばオモテが見える』(佐藤オオキ氏との共著、日経BP)。
作品集への寄稿、執筆も多く、『石本藤雄の布と陶』(パイ インターナショナル)もそのひとつ。
2007年より21_21 DESIGN SIGHTアソシエイトディレクターとして展覧会企画にも関わる。
現在、今秋開幕の展覧会をディレクション中。