HOME > イベントスケジュール > 花いけバトル

live

花いけバトル「王者決定戦シリーズ」 第二戦、開催決定!!

花いけバトル

王者決定戦 シリーズ 2014 第二戦

日程: 2014.05.19
会場:CAY

観客の眼前で複数のバトラーが花をいける。
同じ制限時間、同じ器、同じ花。 条件は各回異なるものの基本のルールはとってもシンプル。
観客を魅了させたバトラーの勝ち。 
果てることのない情熱のぶつかり合い「花いけバトル」。
戦うことに意味があるのか?時間制限が何を生むのか?
いけばな界、また各界からの非難、罵倒を浴びつつも、これを受け止め、争うことによって自らを高め、更なる美しさを求める事、「花いけ」の素晴らしさを広める事を目指し、常に進化を続けて参りました。


2014年 第2回目の「花いけバトル  王者決定戦 シリーズ 」を開催致します。


この度のバトラーは、2005年JFTDジャパンカップ優勝・内閣総理大臣賞受賞、他受賞歴多数、モダンデザインの申し子、ユー花園のフローリストを代表するチーフデザイナー工藤準。

様々なフラワーデザインコンテストにて入賞・優勝、ワールドカップ日本代表選考会連続出場など、様々な受賞歴を誇る、変幻自在のカリスマファイター、フラワーアーティスト
永塚慎一。

そして、平成20年に華道相阿彌流第21世家元を継承、相阿彌流の新体制を築きつつ、500年の幾星霜を乗り越えてきたが相阿彌流が有する 日本の本物の文化と精神を打ち出すために務め、洋画家としても活動する「天下無双の二刀流」横地画抱。 

その物自体が美しい花に、新たな見解、美しさを与える匠の技の連続演舞。この日この瞬間しか体験できない、希少かつ豊満なお花見を。
是非華やいでお出かけ下さい。
◆イベント概要◆
日程:5月19日(月)
時間:OPEN 17:30/ START 19:30
料金:前売り¥4000/当日¥4500(ご飲食代別途)
席種:*着席100名様限定

当日、整理券を15:30から、会場入り口にて配布致します。
17:30から整理番号入場、以降は先着順のご入場となります。(規定枚数内(100名様)でご予約頂いたお客様のお席は確保致しておりますので、ご来場可能な時間にお出かけ下さい。)

会場:CAY(スパイラルB1F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 ACCESS MAP

出演 :
工藤準(ユー花園チーフデザイナー)
永塚慎一 (フラワーアーティスト)
横地画抱 (華道相阿彌流第21世家元/洋画家)

器:
安斎賢太(陶芸家)
和田山真央(陶芸家)







●審査員:
塚越応駿 (いけばな松風副家元  2013年花いけバトル王者)
宍戸純  (株式会社大田花き 営業本部 販売チームリーダー)

●司会進行:日向雄一郎(花美術家 / 草月流)
●コメンテーター:上野雄次(花道家/アーティスト)
●協力 うつわ謙心  SYUNKA


※当日はご飲食もできますので、是非ご利用下さい。



ご予約:≪メール予約≫ 下記のWEBフォームからお申し込みください。
    ※ご予約のお問い合わせ:CAY TEL:03-3498-7840(12:00~20:00)

主催:花いけバトル実行委員会
企画:制作/花いけバトル実行委員会
共催:CAY

イベントのお問い合わせ先:CAY 03-3498-7840(12:00〜20:00)
「モダンデザインの申し子」
工藤準(ユー花園チーフデザイナー)

ユー花園のフローリストを代表するチーフデザイナー。
ヨーロッパで空間装飾技術を学び、ホテルやイベントを中心にデコレーション等数多く担当。
最近では海外のインターナショナルホテルにおいて定期的に館内のオブジェやアート、季節性のイベント装飾などを手掛けている。
また国内においては会場のみならず常設する象徴的な大型オブジェの制作依頼を受ける。
2005年JFTDジャパンカップ優勝・内閣総理大臣賞受賞、他受賞歴多数。
「変幻自在のカリスマファイター」
永塚慎一 (フラワーアーティスト)

数々のフラワーデザインコンテストにて入賞・優勝。農林水産大臣賞2回受賞 県知事賞20回受賞を含み、ジャパンカップ1999年~2004年連続入賞。関東東海花の展覧会1997~2007年連続入賞。ワールドカップ日本代表選考会連続出場。世界らん展インテリア部門優勝 etc……
「天下無双の二刀流」
横地画抱 (華道相阿彌流第21世家元/洋画家)

愛媛県出身。 母・横地和光が第20世家元を務めている間は、『家元は華道をもって生業とするべからず』の 不文律を守る準備のため、画業に比重を置いていたが、平成19年に愛媛県美術館で個展を開いたのを機に、 平成20年に第21世家元を継承。 相阿彌流の新体制を築きつつ、500年の幾星霜を乗り越えてきた当流が有する 日本の本物の文化と精神を打ち出すために務めている。