HOME > SPIRALアーカイブ > レクチャー&ワークショップ > 大人の科学ランチvol.1

lecture & workshop

〈LIFESTYLE&CULTURE〉

大人の科学ランチvol.1

地底が教えてくれる!?地震と噴火の「いま」

日時:9月29日 11:30-13:30
会場:スパイラル9F

ダニから宇宙まで!日常を科学的視点から覗きみる

夜な夜な日本橋で、おいしい料理を囲みながらマニアックな?!トークをくり広げる「大人の科学バー」のランチ版。

地質学、生物学、物理学などの研究者をお招きし、専門分野についてお話を伺います。文系の人には手を出しにくい科学の世界ですが、地震のメカニズムやチーズをおいしくするダニのお話など、日常生活に密着した科学の知識に触れることで、新たな発見もあるかもしれません。

ランチを食べながら、気軽に最先端のサイエンスに触れてみませんか?
9月29日(火)vol.1 地底が教えてくれる!?地震と噴火の「いま」

「地震や噴火はどのようにして起こるのか?また、予知は可能なのか?」

御嶽山の噴火や箱根山の火山活動など、身近な自然災害が増えている昨今。このような地球が発する様々なメッセージをどのように受け止めたらよいのか?専門家の解説を通じて、正しく理解することで、災害への不安や恐怖が少し薄れるかもしれません。

今回は京都大学大学院准教授の後藤忠徳氏を講師にお迎えし、地震や噴火のメカニズム、緊急地震速報のしくみなど、専門的なお話を楽しく、わかりやすく伺いました。知っておけば、いざという時に冷静な判断の材料となるかも!?また、普通は目にすることのない地底の不思議に触れることで、「目には見えないことを科学する」ことの楽しさも味わってみてください!
〈講師 プロフィール〉
後藤忠徳(海の研究者、京都大学大学院工学研究科准教授)
大阪生まれ、京都育ち。奈良学園を卒業後、神戸大学理学部地球惑星科学科入学。学生時代に個性的な先生・先輩たちの毒気に当てられて(?)研究に目覚める。同大学院修士課程修了後、京都大学大学院博士後期課程単位取得退学。博士(理学)。横須賀の海洋科学技術センター(JAMSTEC)の研究員を経て、2008年から京都大学大学院工学研究科准教授。光の届かない地下を電磁気を使って照らしだし、海底下の巨大地震発生域のイメージ化、石油・天然ガスなどの海底資源の新しい探査法の確立をめざして奮闘中。個人ブログ「海の研究者」は、地球やエネルギーにまつわる話題を扱い評判に。趣味は、バイクとお酒(!)と美術鑑賞。

▶ブログ「海の研究者」
▶Web科学バー連載「知識ゼロから学ぶ 地底のふしぎ」
著書:『海の授業』(幻冬舎)、『地底の科学』(ベレ出版)
テーマ:地震のしくみ、予知、防災、地底、海底、新エネルギーなど
■開催概要■
開講日:9月29日(火) 11:30-13:30(11:00開場) ※終了しました。
会場:スパイラル9F
受講料:3,000円(軽食代込み)(税込)
定員:30名

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
企画制作:スパイラル
コーディネーター:畠山泰英(キウイラボ代表)
共催:株式会社ワコールアートセンター、株式会社ワコール
▶Spiral Scholeの詳細はこちらをご覧下さい。
<<今後の講師ラインナップ(予定)>>
小林晋平(理論物理学者、東京学芸大学教育学部准教授)
▶ブログ「Shinpei KobayashiF"s Page」
テーマ:わかりやすい宇宙の話、科学を入口とした学びの話





島野智之(ダニマニア、法政大学国際文化学部国際文化学科教授)
▶Web科学バー連載「ダニマニア宣言やっぱりダニが好き!」
著書:『ダニ・マニア』(八坂書房)、『土壌動物学への招待』(東海大学出版会、分担執筆)ほか
テーマ:私たちの暮らしと地球環境とダニ
小田隆(古生物復元画家、成安造形大学准教授、日本大学芸術学部非常勤講師)
▶公式ウェブサイト「STUDIO D'ARTE CORVO」
著書:『ティラノサウルス』(金の星社)、『アパトサウルス』(ポプラ社)、『図鑑NEO恐竜』(小学館、挿絵担当)ほか
テーマ:恐竜の復元、動物の骨格






江口絵理(動物ライター、編集者)
著書:『高崎山のベンツ』(ポプラ社)、『ヤモリの指から不思議なテープ』(アリス館、共著)、『ゆらゆらチンアナゴ』(ほるぷ出版)、『ボノボ』(そうえん社)ほか
テーマ:ボノボの生態、チンアナゴ、ミーアキャット、バイオミミクリ
山越 言(霊長類学者、京都大学アフリカ地域研究資料センター准教授)
著書:『心の進化:人間性の起源をもとめて』『地球環境史からの問い』(ともに岩波書店、分担執筆)など。
テーマ:野生チンパンジー、人類の進化、アフリカの自然と人々






江口暢久(理学博士、地球深部探査船「ちきゅう」サイエンスオペレーションマネージャー)
▶Web科学バー連載「JFAST航海記」
テーマ:巨大地震の震源に迫る、「ちきゅう」にまつわる話、国際研究プロジェクトの進め方
小泉宏之(ロケットエンジン研究者、東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授)
テーマ:はやぶさ、宇宙環境、人工衛星、ロケットエンジン
illustration:Rimako Horikawa