HOME > SPIRALアーカイブ > レクチャー&ワークショップ > キュレーター × キュレーター

lecture & workshop

<ART & DESIGN>

キュレーター × キュレーター

日時:5月2日 13:30-15:00
会場:スパイラル9F

アートを世に紹介していく仕事、キュレーター。
知っているようで知らないその世界を、スパイラルのキュレーター自身が聞き手となって、最前線で活躍するキュレーターの方々からお話を伺っていきます。

どうやってキュレーターになるの?どんな仕事をしているの?といった基本的な内容から、キャリアパスや人材育成の課題、そして育児や介護、転居などキュレーター自身のワークライフバランスについても考えていきます。

キュレーターになりたいという方はもとより、アートにまつわる様々な背景にご関心のある方にもピッタリの講座です。
初回は、『現代美術キュレーターという仕事』(青弓社)の著者であり、東京都現代美術館での学芸員経験とフリーランス・キュレーターとしてのキャリアを両方持つ、難波祐子さんをゲストにお迎えしました。

キュレーターを職業として選ばれたきっかけから就職までの道のり、実際に手がけられたお仕事の紹介、そしてお子様をご出産されてからの働き方やスタイルの変化。普段なかなか聞くことのできないキュレーター自身のパーソナルな声をお届けしていきます。
〈ゲスト プロフィール〉
難波祐子さちこ(キュレーター)

東京都現代美術館学芸員を経て、展覧会等の企画運営を行う株式会社I plus Nを設立。多摩美術大学非常勤講師。著書に『現代美術キュレーターという仕事』(青弓社)など。企画した主な展覧会に「こどものにわ」(2010年、東京都現代美術館)、「呼吸する環礁アトール:モルディブ—日本現代美術展」(2012年、モルディブ国立美術館、スパイラル)など。札幌国際芸術祭2014プロジェクト・マネージャー(学芸担当)、ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014キュレーター。
〈ファシリテーター プロフィール〉
加藤育子(スパイラル キュレーター)

東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了後、スパイラル/株式会社ワコールアートセンター入社。ギャラリー担当ならびに同チーフを経て、2008年より現職。現代美術の展覧会やアートプロジェクトの企画制作業務をベースに、館内での新規プログラム開発などを担当。担当した主な展覧会に「棚田康司展『○と一』」(2011年)、「Boutique! —ファッションって何?アートと考える、その姿。」(2014年)など。
■開催概要■
開講日:5月2日(土) 13:30-15:00(13:00開場)※終了しました。
会場:スパイラル9F
受講料:【一般】¥1,500円(各回/税込)【学生】¥1,000円(各回/税込)
託児サービス有り:¥1,500(一律)

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
企画制作:スパイラル
共催:株式会社ワコールアートセンター、株式会社ワコール
▶Spiral Scholeの詳細はこちらをご覧下さい。