HOME > SPIRALアーカイブ > レクチャー&ワークショップ > 【第3回】生きる知恵を学ぼう!女性のためのリベラルアーツ講座 前期

lecture & workshop

〈CAREER&SKILL UP〉

【第3回】生きる知恵を学ぼう!女性のためのリベラルアーツ講座 前期

日時:6月11日.25日/7月9日.23日 10:30-12:30
会場:スパイラル9F

女性達は、人生イベントとして結婚、出産、子育てなど、様々なライフステージを迎えます。

自分らしさを大切にしながら、いかに日々の環境変化の荒波を乗り越えるのか?その知恵をゲストにお迎えする先輩ママ達から学び、参加者全員で共有していきます。

本講座は、日本財団が推進する≪ママプロ=ママの笑顔を増やすプロジェクト≫とスパイラルとの共同開催です。このシリーズは先輩ママであり、日本人の知恵にも詳しい西田陽光氏を総合コーディネーターにお迎えし、ゲストの体験談から未来へとつながる知見を探っていきます。
第3回 6月11日(木) 家事やりくり「家事、仕事、人生のやりくり〜時短〜」 ※終了しました。
ゲスト:田内しょうこ、中村シュフ、村上富美

家事に仕事、さらに育児が重なって、朝から夜まで休む暇なんてない!というのが働くママ達の本音。でも、家事の「先取り習慣」や「段取り」、「ライフマネジメント」のコツを身につけると、家庭も仕事もクオリティアップするはず。この家事や子育ての経験は、仕事の中でも経営思考や編集能力を育む基礎になるともいいます。
1部では、ゲストの経験とアイディアを伺う中で得られる、時短料理や収納術などすぐに役立つ家事のヒントが盛り沢山。2部では、「先取り週間」のコツ習得のワークを行いました。
育児書にない、あなただけのやりくり術を身に付けてみましょう!

▶主催の日本財団ママプロによる講座のレポートはこちら
〈第3回 ゲストプロフィール〉
田内しょうこ(時短料理研究家)

米カリフォルニア州のミルズ女子大を卒業後、雑誌編集者を経て、料理研究家に。執筆・翻訳も手がける。著書に『働くおうちの親子ごはん』(英治出版) 『必ず喜ばれる手みやげお菓子』(主婦と生活社)『時短料理のきほん』(草思社)ほか。1男1女の母。
中村シュフ(家政研究家)

1979年、埼玉県生まれ。主夫芸人・家政アドバイザー。大学では家政学を専攻。家庭科と保健の教員免許、整理収納アドバイザー2級の資格を持つ。「M-1グランプリ2006」で準決勝に進出。その後、結婚を機に家庭に入り、現在2児のパパ。主夫業のかたわら、イベントの司会、情報番組のレポーター、ワークショップ講師、雑誌の連載などの活動もこなす。日本唯一の“主夫芸人”。初の著書『主夫になってはじめてわかった主婦のこと』(猿江商會)が発売中。
村上富美(日経BP社「ecomom」編集長)

1964年、広島県出身。立命館大学法学部政治学科卒業。在学中、中国・北京第二外国語大学に留学。山梨日日新聞社記者、イギリス滞在を経て、日経BP社に入社。日経ビジネスで記者、編集委員として運輸・流通業界を担当。ライフスタイル誌リアルシンプルジャパン副編集長、日経ヘルスプルミエ編集長を務めた後、人事室で女性活用推進の業務も担当。現在は、環境に関心を持つママに向けた雑誌エコマム編集長。一男一女の母。
<総合コーディネーター プロフィール>
西田陽光(一般社団法人次世代社会研究機構代表理事)

1997年、非営利の政策シンクタンク「構想日本」の立ち上げメンバー(運営委員)パブリシティ担当ディレクターとして毎月JIフォーラムを17年間企画運営する。2013年6月末退社。2003年(社)日本家庭生活研究協会の常務理事として「男性のワークライフバランス」事業責任者として「お父さんの十カ条」冊子作成、「ワークショップ用プログラム」の開発や男性の家庭参画推進の数々の啓蒙推進企画を実施。2013年一般社団法人次世代社会研究機構代表理事に就任。2014年「特別養子縁組推進キャンペーン」を日本財団と行う。「子育て知事同盟」応援企画を長野県と企画。子育てパパママ支援企画・女性支援企画を数々開催。
第1回 4月23日(木) 生き方「先輩たちの本音トークライブ~」 ※終了しました。
第2回 5月21日(木) 暮らし方「生活の知恵、社会と繋がろう」 ※終了しました。
第4回 6月25日(木) 身体と心「心の身体をつくる」
第5回 7月9日(木)  快適ライフ「散歩、入浴、片付けのススメ」
第6回 7月23日(木) 自分を見つめる「個人と社会の『つながる』を再認識」
※各講座のタイトルは変更になる場合がございます。予めご了承ください。
■開催概要■
開講日:6月11日,6月25日,7月9日,7月23日 木曜日 10:30-12:30(10:00開場)
会場:スパイラル9F
受講料:¥1,500(各回/税込)
託児サービス有り:¥1,500(一律)(定員あり)
※お子様同席での参加も可能です。

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
主催:日本財団ママプロ
共催:株式会社ワコールアートセンター、株式会社ワコール
企画協力:一般社団法人次世代社会研究機構、スパイラル
▶Spiral Scholeの詳細はこちらをご覧下さい。


■講座お申込み方法■ <メール申込>
件名にご希望の講座名を明記の上、本文に参加希望日、氏名、年齢、職業、連絡先を記したものを
school@spiral.co.jp
までお送りください。
※追って、受付完了のメールをご返信させていただきます。
※受信拒否設定をされている場合は、@spiral.co.jpのドメインを受信許可にして下さい。
※万が一お申し込みいただいてから、3営業日内に返信がない場合は、大変お手数おかけしますが、
 お電話(スパイラルスコレー担当03-3498-1171)にてお問い合わせ下さい。
※お申し込みをキャンセルされる場合は事前にご連絡をお願い致します。
 ご連絡なくキャンセルされた場合、次回以降のお申し込みをお断りする場合があります。


■託児サービスについて■
小さなお子様をお持ちの方もプログラムに受講して頂けるよう、託児サービスをご用意いたします。
※当サービスは、株式会社マザーズへの業務委託となります。
※託児サービスについては、当館をご利用のお客様に限らせていただきます。
※事前予約が無い場合には、託児サービスを行わない場合があります。
※託児サービスは有料となります。
<イベント託児 Mother's>
お子様の安全を最優先したマザーズの託児サービス。0歳児・ハンディのあるお子様は1名に対し保育者1名、1歳児は2名に対し保育者1名、2歳児以上のお子様には3名に対し保育者1名を配置します。他にも食物アレルギーにも配慮し、お子様1人1人のアレルギーの有無を予約時に確認し、受付時にも必ず保護者様に再度確認をとります。詳しくは、公式サイトをご覧ください。 http://www.mothers-inc.co.jp/index.php