HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 04 荒牧 悠/スペクトラムファイル 05 林 響太郎

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 04 荒牧 悠/スペクトラムファイル 05 林 響太郎

推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

期間:5.25 ― 6.10
会場:スパイラルエントランス

2015年、スパイラルの活動は「スペクトラム」をコンセプトに、展覧会、サロン(トーク)など、様々なイベントを展開いたします。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。

いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。

スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。



Spectrum File ー 04/05
推薦者:杵村史朗 (Artistic Director)  Nominator Text: Shiro Kinemura (Artistic Director)

テクノロジーが安価に手に入る様になり表現の道具となることや、画面という平面を立体に投影するコンピュータグラフィックスなどが身の回りでスペクトラムのように起きているように思います。それは何かを介して何かを投影する投影法なのかもとも思います。
Today technology is no longer expensive and has become a tool for artistic expression, while computer graphics are projected three-dimensionally on the surface of a screen. These things are taking place around us like a kind of spectrum. And I wonder if that is also a method for projecting something through an intermediary.

Spectrum File ー 04 Haruka Aramaki
推薦者の言葉 : 杵村史朗  
荒牧氏の作品は、道具が道具でなくなることや、実線が生み出す空間など、生活の中で無意識に把握している曖昧な境界を表立たせ意識させます。作品たちは機能や意味の境界から生み出されスペクトラムのように投影されます。

Nominator Text: Shiro Kinemura
Haruka Aramaki’s work brings out and makes us aware of the ambivalent borders that we unconsciously grasp within daily life, where tools stop being tools and lines create space. Her artworks are projected like a spectrum created out of the boundaries between function and meaning.
展示作品について
『アウトラインアプローチ』ー 荒牧 悠 
線で描かれた図形は、平面上に描かれた形にも関わらず、立体的に見えたり、身体的な動作を連想させたりと、読み取る側の解釈によって様々に形を変えていきます。線が平面を飛びだすと、それを手で触れて持つことが可能になり、さらには図形自体が時間を持つようになります。このとき、平面だった頃の図形としての印象を持ち続けるのか、別のものとして読み取ろうとするのか、その間を行ったり来たりさせながら、解釈を巡らせます。

■関連イベント■
荒牧 悠 OPEN LAB/トークセッション 
会場:スパイラルエントランス
日時:6月10日 OPEN LAB 14:00-17:30/トークセッション 17:00-17:30
スペクトラムファイルvol.4 出展アーティストの荒牧悠がスパイラル1Fにおいて滞在制作を実施。
17時からは荒牧より出展作品の解説を行うと供に、推薦者 杵村史朗氏を交えたトークセッションを行います。


荒牧 悠 プロフィール
慶應義塾大学政策メディア研究科修了。人の無意識的な判断を露にする試みを、オブジェクトの制作を通して行っている。2013年、学生CGコンテスト評価員(谷口暁彦)賞受賞、主な展覧会に、個展「ビ&een」展(2014,No.12gallery) 「Reserch Portrait01チタン・3Dプリンティング」展(2014,東京大学生産技術研究所)、「単位展」(2015,21_21DESIGN SIGHT)など。
http://harukaaramaki.tumblr.com/

"Outline Approach" Haruka Aramaki
Regardless of being drawn on a flat surface, figures drawn with lines can appear three-dimensional and evoke physical actions, changing form in a variety of ways according to the interpretation of who is “reading” them. When lines jump out of a flat plane, it becomes possible to touch and hold them, and the figures themselves become temporal. At this point, do we continue to have an impression of it as a figure on a plane or do we try to interpret it as something else? This work traverses these questions and examines the nature of interpretation.

Profile
Haruka Aramaki graduated from Keio University with a degree in media and governance research. She experiments with exposing our unconscious judgments through creating artworks. In 2013, she won a Jury Prize at the Student Campus Genius Awards. Her major exhibitions include “Bi&een” (2014, No.12 Gallery), “Research Portrait 01: Chitan 3D Printing” (2014, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo), and “Measuring” (2015, 21_21 Design Sight).
http://harukaaramaki.tumblr.com/


Spectrum File ー 05 Kyoutaro Hayashi
推薦者の言葉 : 杵村史朗 
画面は平面だが投影されるものによっては、その先に何かあるのかもと思わせてくれることがあります。 昨今行われているプロジェクションマッピングも投影された向こう側もスペクトラム。画面の此方側では見えないものや景色が、画面の向こう側に分光され現れます。林氏の作品は、見えることがないと思われている音の可視化。音が空を伝って体の中に入ったとき、色や動きが目の前に浮かんだように感じられ覚えられるとしたら。そんな映像を林氏の作品は見せてくれる。いつもと違うものを見る目があるとしたら、こんな風にみえるのかもと思わせてくれます。

Nominator Text : Shiro Kinemura
A screen is a flat surface but, depending on what is projected on it, it can make us think there is something beyond it. The “screens” where the recently popular projection mapping events are projected are also a spectrum. Things and scenery invisible on this side of the screen are dispersed and appear on the other side.

Kyotaro Hayashi’s work visualizes sound, which is thought of as something that cannot be seen. His work proposes the question of what if, when sound travels across air and enters the body, it could be sensed and felt like color and movement suspended before our eyes. This is the kind of video that Hayashi’s work shows us. Perhaps this is how things would look if we could see things differently.
展示作品について
『Gently 「歌声のかたち」』 ー 林 響太郎  
発生する音、音と音との重なりでできる音楽。 形から想像する音、音の中から創造する動き、形。その美しい音に形は見出せるか。 私は、プログラム制御で動く論理的な「形」ではなく、エモーショナルな感覚を追求した「音と形の関係」をRyu Matsuyamaの美しい歌声を元に「歌声のかたち」をこころみた。 形が聞こえ、音が見えるこのGentlyを是非体感してみてください。

林 響太郎 プロフィール
1989年東京生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科インタラクションデザイン専攻卒業後、DRAWING AND MANUALに参加。独自の色彩感覚で女性美を切り取る映像を生み出している。同時に3DCG、VFX、インタラクティブなメディアに精通し、音と映像の関係性について研究し、その音「らしさ」を落とし込む作品をライフワークとしている。 映像のみならず写真、インスタレーション作品制作やプロジェクションマッピングのクリエイションに数多く関わっている。クリエイターとして活動と同時にソニー、ネスレなどの大手ブランド、アーティストからミュージックビデオ監督のオファーが続いている。
http://www.kyotaro.org

"Gently" Kyoutaro Hayashi
Music is created by sounds and the overlapping of sounds. Sound is imagined from form; movement and form are created from sound. Can we detect form in a beautiful sound? I have attempted to create the form of singing voices, based on the beautiful singing of Ryu Matsuyama, not as a logical form produced through computer programming, but as the relationship between sound and form in search of an emotional sensibility. Please experience this work, where you can hear both sound and form, gently.

Profile
Kyotaro Hayashi was born in Tokyo in 1989. After graduating from Tama Art University with a major in interactive design, he joined Drawing and Manual. He creates videos that extract feminine beauty with an original sensibility of color. He is also well versed in 3D computer graphics, visual effects and interactive media, and researches the relationship between sound and video. At the core of his work lies an attempt to integrate the qualities of sound. He works widely, not only in video, but also in photography, installation, projection mapping, and more. His output includes music videos and work for major corporations such as Nestle and Sony.
http://www.kyotaro.org
杵村史朗 プロフィール
ゲームを中心に、アートディレクション、ユーザーエクスペリエンス設計に携わる。ゲーム分野でコンセプトアートディレクター(兼デザイナー)として参加したプロジェクト「space channel 5」と「killer7」が文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門推薦作品に、「street fighter 4 trailer movie」がシーグラフ・アジア・フィルム・フェスティバルで選ばれる。他、代表作として、詩人谷川俊太郎氏の恋愛の詩を読むiPhoneアプリ「poegram」、道後オンセナート出品作品「ふりかえる」がある。

Shiro Kinemura Profile
Shiro Kinemura is an art director and user experience designer, working mainly in the video game industry. His work as a video game concept art director and designer for “Space Channel 5” and “Killer7” were Jury Selections at the Japan Media Arts Festival, while “Street Fighter 4 Trailer Movie” was chosen to screen at SIGGRAPH Computer Animation Festival. His other work includes poegram, an iPhone app featuring the romantic poetry of Shuntaro Tanikawa, and furikaeru, which was exhibited at Dogo Onsenart.


■Spectrum File Archives■
Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)