HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 06 植野康幸

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 06 植野康幸

推薦者 栗栖良依 (スローレーベル ディレクター)

期間:6.11 ― 6.28
会場:スパイラルエントランス

2015年、スパイラルの活動は「スペクトラム」をコンセプトに、展覧会、サロン(トーク)など、様々なイベントを展開いたします。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。

いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。

スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。

Spectrum File ー 06 Yasuyuki Ueno
推薦者の言葉
「ヒト」という存在は内も外も、スペクトラムなものである。しかし、忙しい現代人は、すぐにそれを属性によ って分類したがる。年齢は? 性別は? 所属は? 肩書きは? その問いはさらに続き、少し歩調の異なるものに出会うと、障害か? 健常か? と問う。昨年「Let It Go ーありのままでー」という曲が大ヒットを記録した。今年に入り、渋谷区で全国初の“同性婚”証明条例が成立し話題となった。空気を読むことが得意で、周囲に同調することで安心を得る日本人に変化の兆しか!自然界の法則である陰陽は、白か黒ではなく、相対するものがゆるやかにバランスを取り合って、最も心地よい色を探り当てるための指標なのだと思う。その色に善し悪しはなくて、ひとりひとりにとっての心地よさを、自他ともに認め合うということが正解なのだろう。その多様性の豊かさに、感謝できる社会であってほしい。曖昧さを美学とする日本が、世界に示せる美しきスペクトラムが、きっとある。

Nominator Text
People are a spectrum, both inside and out. But today’s busy people tend to categorize others straightaway by affiliation. How old are you? Are you male or female? Where do you work? What is your job? As these questions continue, any encounter with someone slightly different leads to wondering if they have a “disability.” In 2014, the song “Let It Go” was a big hit. Earlier this year, Shibuya ward became the first government body in Japan to offer certificates of same-sex marriage. Are these signs of change in the Japanese, who get peace of mind from sympathizing with those around them and are skilled at reading between the lines? The Yin and Yang of the natural order are not black and white; opposing elements are gently balanced and form an index for finding the most amenable color. This color is not about “good” or “bad”: the correct answer lies in mutually recognizing what is comfortable for each individual. I want society to be a place where we can be grateful for the richness of diversity. Japan’s turns ambiguity into aesthetics and surely it has a beautiful spectrum to show the world.


■関連イベント■
OPEN LAB 植野 康幸 
会場:スパイラルエントランス
日時:6月16日(火)14:00-16:00
スペクトラムファイルvol.6 出展アーティストの植野康幸がスパイラル1Fにおいて滞在制作を実施。


植野康幸 プロフィール
1973年生まれ。大阪府・アトリエコーナス所属。05年より制作を始め、09年より「ビッグ・アイアートプロジェクト」、「ポコラート」他、公募展での入選 ・ 受賞多数。12年、abcd(仏)に作品9点がコレクション入り。主な展覧会に「千代田芸術祭3331 アンデパンダン」(アーツ千代田 3331, 2010)「アートピクニック」(芦屋市立美術博物館, 2011)、「第19回LALE 国際芸術祭」(アメリカ・ロサンゼルス, 2011)「ピンクルージュの軌跡(個展)」(ギャラリーあしたの箱, 2012)、「Paris-Osaka Sensibilite’Instinctive 展」(フランス・パリ, 2014)、「アール・ブリュット★アー ト★日本2」展(ボーダレス・アートミュージアムNO-MA, 2015)、abce collection「アール・ブリュット展」(フランス・パリ, 2014、チェコ・プラハ, 2015)など。

Yasuyuki Ueno Profile
Yasuyuki Ueno was born in 1973 and is attached to Atelier Corners in Osaka Prefecture. He started making art in 2005. Since 2009, his work has been selected for numerous public entry exhibitions and awarded many prizes. Nine examples of his work were added to the collection of abcd, an art brut institution in France, in 2012. He has exhibited at Arts Chiyoda 3331, Ashiya City Museum of Art and History, and Borderless Art Museum NO-MA, as well as venues in Paris, Los Angeles, and Prague.



栗栖良依(スローレーベル ディレクター) プロフィール
「日常における非日常」をテーマに、アートやデザインの領域に収まらない自由な発想で、異分 野・異文化の人や地域を繋げ、新しい価値を創造するプロジェクトを多方面で展開。2008年より、過疎化の進む地域で住民参加型パフォーマンス作品を制作。10年、骨肉腫を患ったことが きっかけで、右下肢機能全廃。障害福祉の世界と出会う。11年より、スローレーベル ディレクター。ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014 総合ディレクター。

Yoshie Kris Profile
Yoshie Kris is a producer working across a wide range of fields in art and design, engaged in uncovering the extraordinary in the ordinary. Since 2008, she has produced performances involving the local residents of depopulated regions. In 2010, she was diagnosed with osteosarcoma and lost the lower part of her right leg. This led her to encounter welfare services for the disabled. She has been the director of the brand SLOW LABEL since 2011 and also served as General Director of Yokohama Paratriennale 2014.

■Spectrum File Archives■
Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)

Spectrum File ー 04 荒牧 悠/Haruka Aramaki
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 05 林 響太郎/Kyotaro Hayashi
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)