HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 07 Aki Inomata

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 07 Aki Inomata

推薦者 サンソン・シルヴァン

期間:6.29 〜 7.22
会場:スパイラルエントランス

2015年、スパイラルの活動は「スペクトラム」をコンセプトに、展覧会、サロン(トーク)など、様々なイベントを展開いたします。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。

いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。

スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。

Spiral is celebrating its 30th anniversary in 2015. To mark the milestone, over the year it will be hosting a series of exhibitions, salons and other events inspired by the theme of “spectrum.”

The word ‘Spectrum’ itself has many contexts; beliefs, social, political, scientific or artistic. In a similar way, today in Japan many creative talents are emerging with vibrant interdisciplinary and crossover work that employ bold new kinds of methodologies. Their innovative work transcends the definitions of nationality or generation, and the pre-existing fields of artistic expression like contemporary visual art, music, and dance. We will showcase these diverse structures still in flux, grouping them together as a movement we call a “spectrum.”

Across history we can see that the next generation of art and design talent is born out of competition between the creators who demonstrate new and unusual flair. We believe that the seriously active artists and
designers are the key pioneers who can develop culture and society for the future. Spiral works together with these artistic talents to present new forms of creativity. The values that emerge from these have the
potential to deliver fresh expressions of beauty and even peace, enriching our lives in these uncertain times we live in today.

Based on the above, Spiral will hold a series of small exhibitions called “Spectrum File” in its ground floor entrance area.



Spectrum File ー 07 Aki Inomata
推薦者の言葉
AKI INOMATAは、可視と不可視、容器と内容物、生命体と人工物など、多様な「境界」に関連した作品を制作し、このシリーズは、様々な文化における「境界」も、インスピレーションの源となっています。彼女の作品は、制作時に使用したテクノロジーの複雑性を忘れさせてしまうほど繊細で、そして、素材と構造を慎重に行き来し、領域を超えた新たな世界を切り開く力を持っているかのようです。

Nominator Text
The artwork of Aki Inomata deals with borders, the ones between different cultures, of course, just like the inspiration for this series, but mainly the border between visible and invisible, between container and content, between living forms and artificial ones, with a remarkable delicacy that makes you eventually forget the extreme complexity of the technologies used. In this sense, she creates work that transcends, in a very sensitive manner, the categories presiding over the construction as much as the medium, and thus opens the way to a new reality.


© 2015 AKI INOMATA.
<作品解説>
在日仏大使館での展覧会「No Man's Land」への出展を期に、制作をスタートしたシリーズである。在日仏大使館の建物は2009年に解体され、隣接する土地に新しい大使館が建てられた。旧大使館の土地は、2009年10月までフランスだったが、以後50年間日本になり、その後またフランスになるという。この話に衝撃を受け、ヤドカリがやどを引っ越しする習性へとイメージが飛躍した。   
ある土地の国名が平和に変わっている事実と、自分の身体ではない借り物のやどにより見た目をガラリと変化させるヤドカリ。世界各地の都市を模したやどをヤドカリに渡して引っ越しさせることで、国境について問いたい。

This series started with my contribution to “No Man’s Land,” the exhibition held at the former French Embassy. The building was demolished in 2009, with a new embassy facility constructed on a neighboring site. The former embassy’s land was “France” until October 2009, when it was restored to Japan for the next 50 years, after which it will once again become French. This story deeply affected me and evoked the image of the habitually moving hermit crab.

The country name of a piece of land changing peacefully; a hermit crab completely changing its appearance with a borrowed shelter that is not its own body: I want to question national borders by creating shelters in the form of cities around the world that move around on the back of a hermit crab.
■関連イベント■
AKI INOMATA 滞在制作 'Hamburger Illustrated Encyclopedia'
会場:スパイラルエントランス
日時:6月29日(月)11:00-15:00
スペクトラムファイルvol.7 出展アーティストのAKI INOMATAがスパイラル1Fにおいて滞在制作を実施。
AKI INOMATA プロフィール
1983年東京生まれ、2008年東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。生き物との恊働作業によって作品制作をおこなう。主な作品に、3Dプリンタを用いて都市をかたどったヤドカリの殻をつくり実際に引っ越しをさせる「やどかりに『やど』をわたしてみる」など。人間以外の生き物のふるまいに人間の世界を重ね合わせることで、私たち自身の姿を再発見しようとしている。
主な個展に、「エマージェンシーズ!025 AKI INOMATA/Inter-Nature Communication」 (ICC、東京、2015)、「犬の毛を私がまとい、私の髪を犬がまとう」(HAGISO、東京、2014)など。近年参加した主なグループ展に「3331 Art Fair 2015 -Various Collectorsʼ Prizes-」(3331 Arts Chiyoda、東京、2015)、「第4回 デジタル・ショック -リアルのファクトリ-」(アンスティチュ・フランセ東京、2015) など。
http://www.aki-inomata.com/

AKI INOMATA Profile
Aki Inomata was born in 1983 in Tokyo. She completed graduate studies in intermedia art at Tokyo University of the Arts. Her art is created collaboratively with living creatures. Her major series “Why Not Hand Over a ‘Shelter’ to Hermit Crabs?” see miniature cities made by 3D printer transformed into the shell of a hermit crab. Her work attempts to rediscover humanity by superimposing a human world over the behavior of (non-human) living creatures. Major solo shows have been held at ICC in 2015 and Hagiso in 2014. Recent group exhibitions include “3331 Art Fair 2015 Various Collectors’ Prizes” at 3331 Arts Chiyoda and “4th Digital Shock: Real Factory” at Institut français du Japon – Tokyo.

サンソン・シルヴァン (アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任) プロフィール
2010年末よりアンスティチュ・フランセ東京の文化プログラム主任を務め、ビジュアルアートを中心に、数々のイベントや討論会等を企画する。2012年より毎年2月に開催しているフェスティバル「デジタル・ショック」は、フランスのデジタル・カルチャーを紹介しながら、日本とフランスの芸術交流のプラットフォームとなることを目指している。

Samson Sylvain Profile
Samson Sylvain has been in charge of the cultural program at Institut français du Japon – Tokyo since 2010, in particular for visual arts and special events. He has also served as program director for Digital Choc, a French-Japanese media arts festival held annually in February since 2012.
■Spectrum File Archives■
Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)

Spectrum File ー 04 荒牧 悠/Haruka Aramaki
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 05 林 響太郎/Kyotaro Hayashi
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 06 植野康幸/Yasuyuki Ueno
推薦者 栗栖良依 (スローレーベル ディレクター)