HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 08 スズキユウリ

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 08 スズキユウリ

推薦者 田中みゆき(日本科学未来館)

期間:07.23〜08.09
会場:スパイラルエントランス

2015年、スパイラルの活動は「スペクトラム」をコンセプトに、展覧会、サロン(トーク)など、様々なイベントを展開いたします。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。
いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。
スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。

Spiral is celebrating its 30th anniversary in 2015. To mark the milestone, over the year it will be hosting a series of exhibitions, salons and other events inspired by the theme of “spectrum.”
The word ‘Spectrum’ itself has many contexts; beliefs, social, political, scientific or artistic. In a similar way, today in Japan many creative talents are emerging with vibrant interdisciplinary and crossover work that employ bold new kinds of methodologies. Their innovative work transcends the definitions of nationality or generation, and the pre-existing fields of artistic expression like contemporary visual art, music, and dance. We will showcase these diverse structures still in flux, grouping them together as a movement we call a “spectrum.”
Across history we can see that the next generation of art and design talent is born out of competition between the creators who demonstrate new and unusual flair. We believe that the seriously active artists and designers are the key pioneers who can develop culture and society for the future. Spiral works together with these artistic talents to present new forms of creativity. The values that emerge from these have the potential to deliver fresh expressions of beauty and even peace, enriching our lives in these uncertain times we live in today.
Based on the above, Spiral will hold a series of small exhibitions called “Spectrum File” in its ground floor entrance area.




Spectrum File ー 08 スズキユウリ Yuri Suzuki
推薦者の言葉
ここ数年、障害者や障害にかかわる問題に焦点を当てた取り組みがアートの分野でも盛んになってきました。わたし自身もプロジェクトを進めるうえで感じるのは、「障害」とは本人が決めるものではなく、20世紀型の消費社会にとって不都合な人たちがそう呼ばれているのではないかということです。産業の仕組みそのものが多様性を持ち始めた現在、そういったマイノリティに目を向けることが、わたしたちの次の豊かさを考えるうえで実りあるものになるとわたしは考えます。また、障害は、「違い」を補うテクノロジーの可能性を考えるうえでも興味深い分野になりつつあります。従来の福祉の枠にとらわれず、そこに技術が親しみやすく介入することで、互いの違いを見つめ、多様なものの見方や価値観を軽々と受容させてしまう例は、今後ますます増えることでしょう。
スズキユウリの『Looks Like Music』は、白いミニカーが走りながら、従来の楽譜ではなく色や図形を読み取ることで音を奏でる作品です。元々は難読症の人のためにデザインされたものですが、そこにある音のビジュアライゼーションと音を生み出す新鮮な喜びは、障害の有無に関わらず、誰もが新しい気持ちで音と向き合える作品といえます。『TUBE MAP RADIO』は、普段は外装に隠れ、一般の消費者を理解から遠ざけている電子回路を露出させ、電気の流れをわかりやすく表しています。これもまた、精神的な障壁を取り除く軽やかな例と言えるでしょう。
Nominator Text
Over the past few years there have been many art initiatives focused on issues related to disability
and the disabled. Being “disabled” is not something that someone chooses; it is what people deemed
inconvenient to the twentieth-century model of consumer society are called. Today, as industrial
frameworks themselves have started to become more diverse, turning to look at these minorities
reaps meaningful rewards for considering how our society can become richer. Moreover, when we
consider the further possibilities for technology to cover these differences in ability, then it really
becomes a very interesting area indeed. Beyond our previous conventions of welfare, examples that,
through the easy intervention of technology, examine those differences and make us more readily
accept diverse perceptions and values will surely increase in the future.
Yuri Suzuki’s “Looks Like Music” features white toy cars that play sounds. They do this by traveling
over and reading colors and shapes, as opposed to regular musical notes. He originally designed it for
people with dyslexia, though its novel way of visualizing sound and the fresh joys of sound it presents
make it a lyrical example of how anyone, regardless of ability or disability, can experience new kinds
of feelings by interacting with sound.
<作品解説①> 『TUBE MAP RADIO』
TUBE MAP RADIOは、本来ラジオ内部にある電子回路基板があらわになった壁掛けラジオ。デザイナーのハリー・ベックがデザインしたロンドンの地下鉄マップ(London Tube Map)にインスパイアされて制作されました。「電気回路という複雑な構造を如何にグラフィカルにわかりやすく表現するか」という観点で、電気回路上に置かれたコンデンサなどの電子部品は、ロンドンの象徴的なランドマークを表し、配置によりラジオの機能と街の機能を関連させています。外観からは内部の複雑な仕組みが理解しづらい電気機器に対し、この作品は構成部品をTubeMap上にデザインすることで、電気の流れをグラフィカルに描写しました。E&Yより500台限定で発売された、地図と回路から生み出されたアートピースのようなラジオ。

The map is inspired by a spoof diagram created by the original designer of the London Tube map, Harry Beck, which shows the lines and stations as an annotated electrical circuit. Iconic landmarks on this map are represented by components relating to their functions, including a speaker where Speaker’s Corner sits and a battery representing Battersea Power Station. Suzuki wanted to make the components visible because “it is difficult for consumers to understand the complexity of the workings behind the exterior” of today’s electronic devices. By creating a “narrative to explain how electronics work,” Suzuki hopes users will be encouraged to fix their own broken devices.

Commissioned by Design Museum London
PCB cad by Masahiko Shindo (Shindo Denki Sekkei)

E&Y Co.,Ltd.
東京都目黒区駒場1-32-17 UNS Bldg
Tel: 03-3481-5518
<作品解説②> 『Looks Like Music』
Looks Like Musicは、スズキユウリの音楽作品Colour Chaserを用いたインスタレーションです。Colour Chaserはミニチュアの電車が黒線を検出しながら進み、色の線を通過するとデータに変換され音を奏でます。来場者が自由に絵を描くと同時に作曲し、最終的に巨大な絵画作品と音楽作品を生み出します。

“Looks Like Music” is an installation by Yuri Suzuki centered around his sound piece “Colour Chaser,” a miniature robot that detects and follows a black line while reading crossing colored lines and translating this data into sound. Visitors are free to draw on paper and simultaneously compose music, thus creating a large-scale picture and sound piece at the same time.

Sound installation commissioned by Mudam Luxembourg
アーティスト Artist
スズキユウリ Yuri Suzuki http://yurisuzuki.com/
1980年東京生まれ。1999年~2005年、アートユニット明和電機に携わり「音楽とテクノロジー」に関心を持ち、2005年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)へ入学。音楽と音がどのように思考に影響を与えるのか、音と人の関係性について提議した作品を制作し、そのサウンドアート作品とインスタレーションは、世界中の展示会に展示されている。2013年より、RCAのデザインプロダクツ科にて教鞭を執り、ニューレディオフォニック・ワークショップのメンバーとしても指名されている。2014年には、DIY楽器OTOTOがMoMAのパーマネントコレクションに選定された。

Yuri Suzuki was born in Tokyo in 1980. Between 1999 and 2005, he worked for Japanese art unit Maywa Denki, where he developed a strong interest in music and technology. In 2005, he moved to London to study at the Royal College of Art. Suzuki’s work raises questions about the relation between sound and people, and how music and sound affect people’s minds. Suzuki’s sound art pieces and installations have been shown in exhibitions all around the world. In 2013, Suzuki was appointed as platform tutor at the Design Products department, Royal College of Art, and was a member of New Radiophonic Workshop. In 2014, the Museum of Modern Art New York acquired his works “OTOTO,” a DIY musical instrument comprising a built-in a synthesizer and sampler, and “Colour Chasers” to their permanent.
推薦者 Nominator
田中みゆき (日本科学未来館)Miyuki Tanaka
デザインをバックグラウンドとし、展覧会の企画や書籍、印刷物の編集などに携わる。日常の中から生まれる表現に興味を持っている。21_21 DESIGN SIGHT、山口情報芸術センター[YCAM]を経て、現在は日本科学未来館に勤務。昨年より障害にかかわるプロジェクトを立ち上げ、鹿児島の知的障害者支援施設しょうぶ学園のライブパフォーマンスや義足のアスリートたちによる「義足のファッションショー」を担当。

With a background in design, Miyuki Tanaka works in exhibition planning, editing and publishing. Her interests lie in modes of expression created out of everyday life. After stints at 21_21 DESIGN SIGHT and Yamaguchi Center for Arts and Media (YCAM), she currently works for the National Museum of Emerging Science and Innovation (Miraikan). Last year, she started a new project themed around disability, and was in charge of a music performance at a Kagoshima facility for the intellectually disabled as well as a fashion show for models with prosthetic limbs.
■Spectrum File Archives■
Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)

Spectrum File ー 04 荒牧 悠/Haruka Aramaki
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 05 林 響太郎/Kyotaro Hayashi
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 06 植野康幸/Yasuyuki Ueno
推薦者 栗栖良依 (スローレーベル ディレクター)

Spectrum File ー 07 Aki Inomata
推薦者 サンソン・シルヴァン(アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任)