HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 09 髙田安規子・政子

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 09 髙田安規子・政子

推薦者 難波祐子(キュレーター)

期間:08.15〜30
会場:スパイラルエントランス

2015年、スパイラルの活動は「スペクトラム」をコンセプトに、展覧会、サロン(トーク)など、様々なイベントを展開いたします。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。
いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。
スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。

Spiral is celebrating its 30th anniversary in 2015. To mark the milestone, over the year it will be hosting a series of exhibitions, salons and other events inspired by the theme of “spectrum.”
The word ‘Spectrum’ itself has many contexts; beliefs, social, political, scientific or artistic. In a similar way, today in Japan many creative talents are emerging with vibrant interdisciplinary and crossover work that employ bold new kinds of methodologies. Their innovative work transcends the definitions of nationality or generation, and the pre-existing fields of artistic expression like contemporary visual art, music, and dance. We will showcase these diverse structures still in flux, grouping them together as a movement we call a “spectrum.”
Across history we can see that the next generation of art and design talent is born out of competition between the creators who demonstrate new and unusual flair. We believe that the seriously active artists and designers are the key pioneers who can develop culture and society for the future. Spiral works together with these artistic talents to present new forms of creativity. The values that emerge from these have the potential to deliver fresh expressions of beauty and even peace, enriching our lives in these uncertain times we live in today.
Based on the above, Spiral will hold a series of small exhibitions called “Spectrum File” in its ground floor entrance area.


Spectrum File ー 09 髙田安規子・政子 Akiko & Masako Takada
【推薦者の言葉】

色とりどりの切子の器、小人のために設えたような小さな白いマグカップ、ミニチュアのジグソーパズル・・・。
髙田安規子・政子の生み出す作品は、その細やかな手仕事の技で私たちを魅了し、驚かせる。だが、それぞれの素材や技法に着目しながら彼女たちの作品に近づいてよく見ると、私たちは再び裏切りにも似た驚きを覚える。切子はガラスではなく、塩化ビニールの吸盤を丁寧に細工したものであり、マグカップは、陶器ではなく錠剤を加工したものであり、ジグソーパズルは、一枚の絵画に見立てた切手を精緻に切り出して作られている。

生活とアートの融合を目指してきたスパイラルのエントランスは、これまで多様な提案と情報発信を行う入口として数え切れない人々を迎えてきた。その30年にわたる活動そのものが新たな価値創造を切り拓いていくスペクトラムとして機能してきた。この象徴的なエントランスで、髙田安規子・政子の作品もまた、私たちが当たり前と思っているさまざまな価値観を軽やかに覆し、異世界への入口へと誘ってくれるだろう。


Nominator Text

From a colorfully faceted vessel to a tiny white cup seemingly designed for dwarves or a miniature jigsaw puzzle, Akiko & Masako Takada’s work beguiles and astonishes with its deft handiwork. But examine their work closer, look at the various materials and techniques, and there comes a second astonishment, one close to betrayal. The facets are not glass, but carefully crafted PVC suction cups. The cup is not ceramic, but a processed tablet. The jigsaw is not a puzzle, but a postage stamp resembling a picture, intricately cut out.

Countless numbers of people have passed through the entrance foyer of Spiral, a venue dedicated to fusing lifestyle and art. The entrance is a gateway presenting a range of suggestions and information. Its activities over the past 30 years have functioned as a spectrum pioneering new cultural values. At this symbolic entrance, Akiko & Masako Takada’s artworks delicately overturn the diverse values we had until now considered normal, inviting us to enter an alien world.

【アーティスト Artist】

髙田 安規子・政子
一卵性双生児のユニットで制作活動している。身近なものに手を加えることで、モノの大きさの尺度、時間感覚などの認識に問いを投げかける作品を発表している。ロンドン大学スレード校美術学部修士課程修了後、2010年「クリテリオム 78」水戸芸術館現代美術ギャラリー、「BigMinis」ボルドー現代美術館、2013年「セカイがハンテンし、テイク」川崎市市民ミュージアム、2014年「MOTアニュアル2014 フラグメント—未完のはじまり」東京都現代美術館、2015年「燕子花と紅白梅 光琳アート 光琳と現代美術」MOA美術館、「春をまちながら」十和田市現代美術館、「線を聴く」銀座エルメスフォーラム、に参加。

Akiko & Masako Takada
These identical twins work as an artist unit, creating work that poses questions about time and scale through
the changes they make to everyday objects. After completing postgraduate studies at the Slade School of
Fine Art in London, they have exhibited widely in Japan, including “Criterium 78” (2010, Art Tower Mito),
“BigMinis” (2010, CAPC musée d’art contemporain de Bordeaux), “Being-in-the-Wired-World”
(2013, Kawasaki City Museum), “MOT Annual 2014: Fragments, Incomplete Beginnings”
(2014, Museum of Contemporary Art Tokyo), “Irises & Red and White Plum Blossoms –
Korin’s Art / Korin & Japanese Modern Art” (2015, MOA Museum of Art), “Waiting for spring – Towards a
landscape changing color" (2015, Towada Art Center), and “Listening to the Lines”
(2015, Maison Hermès, Le Forum).
【推薦者 Nominator】

難波祐子(なんば・さちこ)
キュレーター。東京都現代美術館学芸員を経て、展覧会やワークショップの企画運営をおこなう株式会社 I plus N を設立。著書に『現代美術キュレーターという仕事』(青弓社)など。企画した主な展覧会に「こどものにわ」(東京都現代美術館、2010年)、「呼吸する環礁―モルディブ−日本現代美術展」(モルディブ国立美術館、マレ、2012年)など。札幌国際芸術祭2014プロジェクト・マネージャー(学芸担当)、ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014キュレーター。

Sachiko Namba
curator. After working at the Museum of Contemporary Art Tokyo, she established I plus N to organize exhibitions and workshops. She is the author of the book “Curating Contemporary Art in Japan: 1950s to the Present.”
Her major exhibitions include “Garden for Children” (2010, Museum of Contemporary Art Tokyo) and “Breathing Atolls: Japan-Maldives Contemporary Art Exhibition in Japan” (2012, National Art Gallery, Maldives). She also served as project manager for the Sapporo International Art Festival 2014 and a curator at Yokohama Paratriennale 2014.

Photo: Kenichi Aikawa


■Spectrum File Archives■
Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)

Spectrum File ー 04 荒牧 悠/Haruka Aramaki
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 05 林 響太郎/Kyotaro Hayashi
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 06 植野康幸/Yasuyuki Ueno
推薦者 栗栖良依 (スローレーベル ディレクター)

Spectrum File ー 07 Aki Inomata
推薦者 サンソン・シルヴァン(アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任)

Spectrum File ー 08 スズキユウリ/Yuri Suzuki
推薦者 田中みゆき(日本科学未来館)