HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 10 Juz Kitson

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 10 Juz Kitson

推薦者 Kathryn Hunyor & Danielle Robson

期間:08.31〜09.23
会場:スパイラルエントランス

2015年、スパイラルの活動は「スペクトラム」をコンセプトに、展覧会、サロン(トーク)など、様々なイベントを展開いたします。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。
いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。
スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。

Spiral is celebrating its 30th anniversary in 2015. To mark the milestone, over the year it will be hosting a series of exhibitions, salons and other events inspired by the theme of “spectrum.”
The word ‘Spectrum’ itself has many contexts; beliefs, social, political, scientific or artistic. In a similar way, today in Japan many creative talents are emerging with vibrant interdisciplinary and crossover work that employ bold new kinds of methodologies. Their innovative work transcends the definitions of nationality or generation, and the pre-existing fields of artistic expression like contemporary visual art, music, and dance. We will showcase these diverse structures still in flux, grouping them together as a movement we call a “spectrum.”
Across history we can see that the next generation of art and design talent is born out of competition between the creators who demonstrate new and unusual flair. We believe that the seriously active artists and designers are the key pioneers who can develop culture and society for the future. Spiral works together with these artistic talents to present new forms of creativity. The values that emerge from these have the potential to deliver fresh expressions of beauty and even peace, enriching our lives in these uncertain times we live in today.
Based on the above, Spiral will hold a series of small exhibitions called “Spectrum File” in its ground floor entrance area.

Photo: "Something Sacred" (2013)

Spectrum File ー 10 Juz Kitson ジャズ・キットソン

【推薦者の言葉】
ジャズ・キットソンの作品は、真逆に思われがちな価値であふれている。美と恐怖。激しい欲求と嫌悪。生と死。人の経験知をバラバラにし、相対する要素を縫合しなおすかのように。
陶芸家として訓練を行った後、彼女は制作を通じて、新しい手法と技術を融合させ、オーストラリアの現代美術界に新星のごとく現れた。
キットソンは、自身の作品を陶芸における錬金術だと述べ、物質に命を吹き込む。磁器に石膏、ゴム、馬の毛、骨、毛糸、ロープなどを組み合わせて別の世界を内包させる。美しく、グロテスクでありながら、魅力的だ。
アート、クラフトやデザインなど、オーストラリアのクリエイティブ業界においてはいまだこれらの定義は強固であり、レッテルとして根強く残っている。しかし一方、彼女は新世代のクリエイターのひとりとして、大胆さと高い技術をもって境界があいまいな世界観を映しだすのだ。


Nominator Text

Juz Kitson’s work is a hotbed of contrasts. Beauty and horror. Desire and disgust. Life and death. She dissects the spectrum of human experience.
Technically trained as a ceramicist, her work boldly incorporates new methodologies and techniques, an approach that has seen Kitson burst onto the Australian contemporary art scene with gusto.
Kitson describes her process as a kind of ceramic alchemy, giving inanimate material a spark of life. She combines fine porcelain with plaster, latex, horsehair, bone, wool, and rope to create sculptures that embody an other-worldliness. They are beautiful, grotesque, and fascinating.
Kitson’s work transcends definitions of ‘art’, ‘craft’ or ‘design’ – labels that still hold strong as ways to group, understand and prioritise creative work in Australia. She is part of a new generation of creative talent in Australia, a generation that is confident, highly skilled, and embracing of a world that blurs boundaries.

【アーティスト Artist】

ジャズ・キットソン
1987年シドニー生まれ、現在はシドニー郊外、ニューサウスウェールズ州の中央海岸沿いに拠点を移し、中国・景徳鎮と行ったり来たりしている。2009年ナショナルアートスクールを卒業、2005年よりオーストラリア、シンガポール、ロンドン、北京、ドバイなど各地で展示に参加してきた。タスマニアのミュージアム・オブ・オールド・アンド・ニューアート(MONA)ほか、豪国内、中国、ヨーロッパなど各地のコレクションに収められている。

Juz Kitson
She was born in Sydney in 1987 and currently lives and practises just outside Sydney on the central coast of NSW, and Jingdezhen, China. She graduated from the National Art School, Sydney in 2009 and has exhibited regularly since 2005 in solo and group exhibitions in Australia, Singapore, London, Beijing, and Dubai. Her work is held in the permanent collection of the Museum of Old and New Art (MONA), Tasmania and numerous private collections in Australia, China, France, Germany and the United Kingdom.
【推薦者 Nominator】

キャサリン・フニョー & ダニエール・ロブソン
アートとまちの人々をつなぐ活動を推進する団体「ArtsPeople」の共同運営者。シドニーのデザインセンターであるObjectにて出会い、オーストラリアのデザインを紹介する展覧会を多数制作した。主なものに、CUSP: Designing into the Next Decade and Hyperclay: Contemporary Ceramicsがある。キャサリンは日本語の堪能なキュレーターとして、日本とオーストラリアの共同開催プログラム、多世代にわたる参加型プログラムなどを企画する。ダニエールはキュレーター、ライターとして現代美術、工芸、デザインに通じ、新しい視座やビジョンを繰り広げる。

Kathryn Hunyor & Danielle Robson
They are the Co-Founders of ArtsPeople, a curatorial consultancy bringing the arts and people together. They met at Object: Australian Design Centre where they worked together on several major exhibitions of Australian design, including CUSP: Designing into the Next Decade and Hyperclay: Contemporary Ceramics. Kathryn is a Japanese-speaking curator specialising in Japanese-Australian collaborations, and participatory programs for all ages. Danielle is a curator and writer who specialises in contemporary art, craft and design, and always brings a fresh perspective and ambitious vision to her work.

www.artspeople.com.au

Photo left: Kathryn Hunyor
Photo right: Danielle Robson


■Spectrum File Archives■
Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)

Spectrum File ー 04 荒牧 悠/Haruka Aramaki
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 05 林 響太郎/Kyotaro Hayashi
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 06 植野康幸/Yasuyuki Ueno
推薦者 栗栖良依 (スローレーベル ディレクター)

Spectrum File ー 07 Aki Inomata
推薦者 サンソン・シルヴァン(アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任)

Spectrum File ー 08 スズキユウリ/Yuri Suzuki
推薦者 田中みゆき(日本科学未来館)

Spectrum File ー 09 髙田安規子・政子/Akiko & Masako Takada
推薦者 難波祐子(キュレーター)