HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 13 MY NEW LIFE

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 13 MY NEW LIFE

推薦者 エヴァ・ミクラス・高嶺(チェコセンター東京代表)

期間:11.14〜11.30 ※会期延長
会場:スパイラルエントランス

2015年、スパイラルの活動は「スペクトラム」をコンセプトに、展覧会、サロン(トーク)など、様々なイベントを展開いたします。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。
いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。
スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。

Spiral is celebrating its 30th anniversary in 2015. To mark the milestone, over the year it will be hosting a series of exhibitions, salons and other events inspired by the theme of “spectrum.” The word “spectrum” itself has many contexts. beliefs, social, political, scientific or artistic. In a similar way, today in Japan many creative talents are emerging with vibrant interdisciplinary and crossover work that employ bold new kinds of methodologies. Their innovative work transcends the definitions of nationality or generation, and the pre-existing fields of artistic expression like contemporary visual art, music, and dance. We will showcase these diverse structures still in flux, grouping them together as a movement we call a “spectrum.”

Across history we can see that the next generation of art and design talent is born out of competition between the creators who demonstrate new and unusual flair. We believe that the seriously active artists and designers are the key pioneers who can develop culture and society for the future. Spiral works together with these artistic talents to present new forms of creativity. The values that emerge from these have the potential to deliver fresh expressions of beauty and even peace, enriching our lives in these uncertain times we live in today.

Based on this theme, Spiral is holding a series of small exhibitions called “Spectrum File” in its ground floor entrance area.
Spectrum File ー 13 MY NEW LIFE

【推薦者の言葉】
子どもの病死の原因の一位 ― それは小児がん。日本では毎年約2500人、世界では約25万人以上の子どもが新たにがんと診断されている。医学の進歩によって、治療後の5年生存率は今や世界平均で70%を超えると言われるが、低所得国では10%程度、高所得国では90%程度と大陸間や国家間で著しい隔たりがあり、たとえ国境が接している国であっても治癒率に大きな差があるのが現状である。

小児がんという病気にもっと関心をもってもらいたい、誤解のないように患者の様子を伝えたい ― そんな思いから中欧ヨーロッパに位置する国、チェコでこの企画は誕生した。チェコはヨーロッパの中でも小児がんの治癒率が低いとされる中欧にありながら、80%~85%の治癒率を誇っている。

写真展および一連の活動が「MY NEW LIFE」と題されたのには、「がんと診断されることは終わりではなく、新しい生き方への第一歩である」というメッセージが込められている。チェコは日本から遠く離れた国ではあるが、がんと闘う子供たちの姿から伝わるメッセージは国境を越えた普遍的なものである。


Nominator Text

The most frequent children’s death caused by disease is a tumor. About 2.500 children in Japan, more than 2,5 million children in the whole world are newly diagnosed of an oncological disease each year. Although, it is said that nowadays more than 70% of the patients, in world average can be successfully cured, there is a big gap between countries; only about 10% in countries with low income and about 90% in countries with high income.It is the fact that there is a big difference even in countries bordered on.

This “MY NEW LIFE” project was born in the Czech Republic with the desire to make public more interested in children’s oncological disease and to let them know what happens in the hospital without any misunderstanding. The Czech Republic is successful with the high cure rate, 80-85%, though it is located in central Europe, where the cure rate is generally low.

The motto, “Diagnosis of an oncological disease is not an end – it is the beginning of a new life,” gave rise to the title of the photographic exhibition and the entire campaign, and at the same time, promotes the most encouraging message around the world to all children fighting against the malignant tumors.
【推薦プロジェクト Project】
MY NEW LIFE (公式サイトhttp://www.projektmujnovyzivot.cz/:チェコ語)

●ルツィエ・ツィングロショヴァー MUDr. Lucie Cingrošová
企画発案者、腫瘍学博士、 プラハ カレル大学第二医学部および医学部附属モトル小児血液・がんセンター / Author of the concept, the secondary physician at the Department of Paediatric Haematology and Oncology of the Motol University Hospital in Prague.

●カミラ・ベルンドルフォヴァー Kamila Berndorffová
写真家、共同主催者 / photographer, co-author of the project

小児がんにもっと関心をもってもらいたい、誤解のないように患者の様子を伝えたい――そんな思いから中欧のチェコで「MY NEW LIFE」は誕生した。この作品では小児患者の姿を生きる意欲をもったごく普通の子どもとして表現しており、失望や絶望ばかりを描くありふれた表現を覆している。題名には「がんと診断されることは終わりではなく、新しい生き方への第一歩である」という意味が込められている。

This “MY NEW LIFE” project was born in the Czech Republic with the desire to make public more interested in children’s oncological disease and to let them know what happens in the hospital without any misunderstanding.
This campaign presents the patients as regular kids with a passion for life, and thusdisproves common conceptions of their despair and hopelessness.
The motto, “Diagnosis of an oncological disease is not an end – it is the beginning of a new life,” gave rise to the title of the photographic exhibition and the entire campaign, and at the same time, promotes the most encouraging message around the world to all children fighting against the malignant tumors.
【推薦者 Nominator】
エヴァ・ミクラス・高嶺 (チェコセンター東京代表)

北ボヘミアに生まれる。チェコフィルハーモニー少年少女合唱団のメンバーとしてヨーロッパ、日本などでコンサートツアーに参加。1980年来日。その後フランスでの留学の後再来日し、通訳・翻訳などを経て、「ヨーガン
レール」の広報担当。勤務の傍ら、音楽活動を再開。定期的にライブ活動を行うほか、横浜総合国際競技場「キリンカップ」にてチェコ国歌を2度斉唱する(1998/2011年)。2013年3月、チェコセンター東京代表となり、以降、音楽活動を含むチェコ文化の普及に務める。

Eva Miklas-Takamine

Eva Miklas-Takamine was born in Northern Bohemia. As a child, was a member of theCzech.Philharmonic Children’s Choir, performing in concerts in the former Czechoslovakia as well as Europe and Japan.Arrived in Japan in 1980. Later, studied French literature at L’université –Paris Sorbonne.
On return to Japan, worked as a freelance interpreter and teacher.Had a long career as head of Public Relations at Jurgen Lehl, a Tokyo based fashion design brand. During this time, continued to pursue musical interests, began composing and also held live concerts in various venues in Tokyo.
Sang the Czech Republic national anthem at the Kirin Cup Tournament (an annual international association football tournament hosted by Japan) at Nissan Stadium in Yokohama in 1998 and in 2011.Since 2013 works as Head of Czech centre Tokyo, organization promoting Czech culture to public by various events.
CZECH CENTRE TOKYO
チェコセンター東京

TEL : 03-3400-8129
E-mail : cctokyo@czech.cz
https://www.facebook.com/czechcentretokyo

チェコセンター東京はチェコ外務省の外郭団体として、さまざまなイベントを通してチェコ文化の普及につとめています。
CZECH CENTRE TOKYO is a contributory organizationof the Ministry of Foreign Affairs of the Czech Republic,promoting Czech culture to public by various events.
■Spectrum File Archives■
Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)

Spectrum File ー 04 荒牧 悠/Haruka Aramaki
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 05 林 響太郎/Kyotaro Hayashi
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 06 植野康幸/Yasuyuki Ueno
推薦者 栗栖良依 (スローレーベル ディレクター)

Spectrum File ー 07 Aki Inomata
推薦者 サンソン・シルヴァン(アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任)

Spectrum File ー 08 スズキユウリ/Yuri Suzuki
推薦者 田中みゆき(日本科学未来館)

Spectrum File ー 09 髙田安規子・政子/Akiko & Masako Takada
推薦者 難波祐子(キュレーター)

Spectrum File ー 10 ジャズ・キットソン/Juz Kitson
推薦者 キャサリン・フニョー & ダニエール・ロブソン (ArtsPeople 共同運営者)

Spectrum File ー 11 SLOW MOVEMENT
推薦者 吉本光宏(ニッセイ基礎研究所 研究理事)

Spectrum File ー 12 西尾美也/Yoshinari Nishio
推薦者 臼井ちか(有限会社チカソシキ代表取締役)