HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 14 藤井健司

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 14 藤井健司

推薦者 細川麻沙美

展示期間:01.22-02.01(滞在制作:01.19-01.21)
会場:スパイラルエントランス

2015年に30周年を迎えたスパイラルは「スペクトラム」をコンセプトとし、次の時代にむけた活動に取り組んでいきます。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。
いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。
スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。

Spiral, celebrating its 30th anniversary in 2015, will continue offering diverse series of cultural events under the theme of "Spectrum." The word “spectrum” itself has many contexts. beliefs, social, political, scientific or artistic. In a similar way, today in Japan many creative talents are emerging with vibrant interdisciplinary and crossover work that employ bold new kinds of methodologies. Their innovative work transcends the definitions of nationality or generation, and the pre-existing fields of artistic expression like contemporary visual art, music, and dance. We will showcase these diverse structures still in flux, grouping them together as a movement we call a “spectrum.”

Across history we can see that the next generation of art and design talent is born out of competition between the creators who demonstrate new and unusual flair. We believe that the seriously active artists and designers are the key pioneers who can develop culture and society for the future. Spiral works together with these artistic talents to present new forms of creativity. The values that emerge from these have the potential to deliver fresh expressions of beauty and even peace, enriching our lives in these uncertain times we live in today.

Based on this theme, Spiral is holding a series of small exhibitions called “Spectrum File” in its ground floor entrance area.
Spectrum File ー 14 藤井健司 Kenji Fujii

【推薦者の言葉】
今回、この場所で作品を展開するにあたり、藤井は、生年以外の情報は出さないと決めている。絶えず沢山のオーディエンスが行き交うスパイラルのエントランスには作品のみを展示し、作品に加え、自身の情報は出さないというのだ。困惑はするものの、藤井を推薦した理由は揺るがない。それは、スパイラル30周年における「スペクトラム」に明快に繫がっている。変化する色彩や領域というこの言葉の意味から派生して、現代における創造的な活動の可能性をアーティストという存在に見いだそうとする際、多岐に渡る領域や情報や事象を独自の観点と独特な方法で引き合わせ表出を試みている藤井が相応しいように感じられたからだ。だが時に、その表現は個々が想定しうる既存の認識や感覚をはるか超え、孤高になる。そして、まるで共有されることを拒否するような姿勢にみえることもあるのかもしれない。今回の態度もそのようでありながら、この場には本人が登場し、新作が公開制作される。一人のアーティストが積み上げる壮大な歴史観がこの作品の背景にはある。歴史家でもなく、冒険家でもなく、アーティスト独自の観点とその試みは果たしてそれがどんなものなのか。ここでの痕跡が、これからの新しいスペクトラムに繫がるに違いない。


Nominator Text

For this exhibition of his work, Kenji Fujii decided not to present any advance information other than his year of birth. He would simply exhibit his art in the always-bustling entrance hall at Spiral and supplement it with no information about himself. While this did puzzle me, my reason for nominating Fujii did not waver. This connects clearly with the theme of Spiral’s 30th anniversary, “Spectrum.” Derived from the word that means a band or zone of changing color, when I set out to discover the possibilities for creativity today in an artist I could sense that Fujii was an appropriate choice, due to his attempts to collate and express a wide range of areas, information and phenomena through unique techniques and from an original perspective. And yet, at times that expression far transcends the existing awareness and feelings that individuals can presume, becoming something aloof. There is perhaps something about his work that almost seems to reject being shared. His attitude toward this exhibition was also somewhat like that, though nonetheless the artist will come to the space and create his new work in public from 19 to 21 January. Lingering in the background of this work is a grandiose view of history accumulated by the single artist. What kind of work will result from this endeavor and the unique perspective not of a historian or an adventurer, but of an artist? The traces left behind will undoubtedly connect to a whole new spectrum in the future.
【アーティスト Artist】
藤井 健司
1981年生まれ

Kenji Fujii
Born in 1981
【推薦者 Nominator】
細川麻沙美 (コーディネーター)
1977年東京生まれ。家の前にオープンした東京都現代美術館がきっかけで、現代美術に興味を持ち、芸術学と美術教育を学ぶ。卒業後、様々な展覧会・芸術祭に関わり、2013年に独立。昨年の「スペクトラム―いまを見つめ未来を探す」展では、コミュニケーションディレクターを務めた。

Asami Hosokawa (coordinator)
Born in 1977 in Tokyo. Developing an interest in contemporary art when the Museum of Contemporary Art, Tokyo opened near her home, she went on to study art and art education. After graduating, she was involved with numerous exhibitions and art festivals before turning freelance in 2013. She was the communications director for last year’s “Spectrum: Examining Today, Searching for the Future” exhibition at Spiral.
■Spectrum File Archives■
Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)

Spectrum File ー 04 荒牧 悠/Haruka Aramaki
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 05 林 響太郎/Kyotaro Hayashi
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 06 植野康幸/Yasuyuki Ueno
推薦者 栗栖良依 (スローレーベル ディレクター)

Spectrum File ー 07 Aki Inomata
推薦者 サンソン・シルヴァン(アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任)

Spectrum File ー 08 スズキユウリ/Yuri Suzuki
推薦者 田中みゆき(日本科学未来館)

Spectrum File ー 09 髙田安規子・政子/Akiko & Masako Takada
推薦者 難波祐子(キュレーター)

Spectrum File ー 10 ジャズ・キットソン/Juz Kitson
推薦者 キャサリン・フニョー & ダニエール・ロブソン (ArtsPeople 共同運営者)

Spectrum File ー 11 SLOW MOVEMENT
推薦者 吉本光宏(ニッセイ基礎研究所 研究理事)

Spectrum File ー 12 西尾美也/Yoshinari Nishio
推薦者 臼井ちか(有限会社チカソシキ代表取締役)

Spectrum File ー 13 MY NEW LIFE
推薦者 エヴァ・ミクラス・高嶺(チェコセンター東京代表)