HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 15 森永泰弘

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 15 森永泰弘

推薦者 吉野 律 [アジアン・カルチュラル・カウンシル (ACC) 日本オフィス ディレクター]

期間:02.03〜02.17
会場:スパイラルエントランス

2015年に30周年を迎えたスパイラルは「スペクトラム」をコンセプトとし、次の時代にむけた活動に取り組んでいきます。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。
いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。
スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。

Spiral, celebrating its 30th anniversary in 2015, will continue offering diverse series of cultural events under the theme of "Spectrum." The word “spectrum” itself has many contexts. beliefs, social, political, scientific or artistic. In a similar way, today in Japan many creative talents are emerging with vibrant interdisciplinary and crossover work that employ bold new kinds of methodologies. Their innovative work transcends the definitions of nationality or generation, and the pre-existing fields of artistic expression like contemporary visual art, music, and dance. We will showcase these diverse structures still in flux, grouping them together as a movement we call a “spectrum.”

Across history we can see that the next generation of art and design talent is born out of competition between the creators who demonstrate new and unusual flair. We believe that the seriously active artists and designers are the key pioneers who can develop culture and society for the future. Spiral works together with these artistic talents to present new forms of creativity. The values that emerge from these have the potential to deliver fresh expressions of beauty and even peace, enriching our lives in these uncertain times we live in today.

Based on this theme, Spiral is holding a series of small exhibitions called “Spectrum File” in its ground floor entrance area.
Spectrum File ー 15 森永 泰弘 Yasuhiro Morinaga

【推薦者の言葉】
アーティストはいつの時代も自由に様々な領域を横断し、私たちに新鮮な驚きや喜びを与えてくれます。
森永泰弘は録音(レコーディング)をよりどころとして、デザインとアート、視覚体験と聴覚体験、民俗・人類学な現地調査と先端テクノロジーといったいくつもの領域を自由に横断しながら活動しているアーティストです。
自身の作品はもちろんのこと、振付家や美術家とのコラボレーションや国内外の映画作品におけるサウンドデザイン、そしてアジア各国における伝承音楽や儀礼のフィールド・ワークなど、その活動は縦横無尽です。
今回展示されている中国雲南での調査を経て制作された映像作品「Forgotten Kingdom – Dongba Shaman in Lijing」は、森永が現地に約5ヶ月間滞在し、地元の方々の信頼を得てはじめて撮影し得た貴重な映像です。
お互いの文化を尊重し、芸術や文化におけるつながりを育むことは、グローバルに生きる私たちにとって、大変重要なことです。「スペクトラム」という言葉も、領域間の静的な境界を示すだけでなく、個人と個人、国と地域、様々な個別の領域の間をつないでいく活動と読み取ることで、そこに潜む多くの可能性が見えてくるかもしれません。

Artists have always cut freely across different areas and disciplines to give us fresh surprises and joy.
Yasuhiro Morinaga is an artist working freely across several different fields—design and art, visual experiences and auditory experiences, ethnology and anthropology, field surveys and cutting-edge technology—with recording as his linchpin.
His work roams far and wide as a matter of course, from collaborations with choreographers and visual artists to sound design for international films and field world on folk music and rites around Asia.
His exhibit is “Forgotten Kingdom – Dongba Shaman in Lijing,” a video work created after fieldwork in the Yunnan province of China. Morinaga spent around five months in the region, gaining the trust of the locals to film this precious footage for the first time.
Respecting each other’s culture and fostering connections in culture and the arts is extremely important as we continue to live in this global age. By interpreting the word “spectrum” not only as something that shows static boundaries between domains but also as activity that connects individuals, countries and regions, and various separate territories, we can perhaps see its numerous latent possibilities.



■関連イベント
森永泰弘×吉野律トークイベント
推薦者の吉野律氏とアーティストの森永泰弘氏によるトークイベントを開催します。
出品作やこれまでのインドネシア ジャワ島や中国 雲南省での活動などについて映像を交えてご紹介します。

日時:2016年2月13日(土)16:00〜17:30
会場:スパイラルエントランス
登壇:森永 泰弘、吉野 律、大田佳栄
参加費:無料
【アーティスト Artist】
森永泰弘 Yasuhiro Morinaga
サウンドデザイナー

東京芸術大学院博士後期課程単位取得満期退学後、渡仏し映画理論家・作曲家のミシェル・シオンに師事。帰国後、アジアの音楽文化を中心にフィールド・レコーディングを行いながらジャンル横断的な作品創作を展開している。
参加したプロジェクトは、カンヌ国際映画祭・ヴェネチアビエンナーレ・ミラノサローネ国際家具見本市等の国際フェスティバルや展覧会、映画祭で発表されている。自身がディレクションを務めるALCAHEST Peforming Artsを結成し日本と東南アジアのアーティスト達と協働して舞台作品「MARGINAL GONGS」を今秋に発表予定。
http://www.the-concrete.org

Yasuhiro Morinaga
He completed a doctoral program at Tokyo University of the Arts without taking a degree. He then moved to France, where he studied under the film theorist and composer Michel Chion. After returning to Japan, he started developing interdisciplinary art while conducting field recordings with a focus on music culture in Asia. As a sound designer, he has participated in projects presented at such international festivals as the Cannes Film Festival, Venice Biennale, and Milan’s Salone del Mobile. In 2016, he formed ALCAHEST Performing Arts and this November will direct Marginal Gongs, a stage performance created in partnership with Japanese and Southeast Asian artists.
http://www.the-concrete.org


【推薦者 Nominator】
吉野 律
アジアン・カルチュラル・カウンシル (ACC) 日本オフィス ディレクター
Director, Japan, Asian Cultural Council

1999年 - 2005年 金沢21世紀美術館に学芸アシスタントとして勤務。展覧会開催におけるアドミニストレーション業務を通じ、社会貢献としての文化活動、および作家活動支援の重要性を認識。2005年 - 2009年 公益財団法人三宅一生デザイン文化財団にて「21_21 DESIGN SIGHT」展覧会コーディネーター。2009年9月よりアジアン・カルチュラル・カウンシル (ACC)に勤務。現在、日本オフィスディレクター。

at the studio of Ushio and Noriko Shinohara family
photo by Taiyo Kimura
篠原家アトリエにて
撮影:木村太陽


Ritsu Yoshino
Director, Asian Cultural Council Japan
From 1999 to 2005, she was a curatorial assistant at the 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa, where through working in exhibition administration she became aware of the importance of cultural activities as a social contribution and the need to support artists. From 2005 to 2009, she was an exhibition coordinator at 21_21 DESIGN SIGHT for the Miyake Issey Foundation. From September 2009, she started working at the Asian Cultural Council, where she is currently director of the Japan office.
■Spectrum File Archives■
Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)

Spectrum File ー 04 荒牧 悠/Haruka Aramaki
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 05 林 響太郎/Kyotaro Hayashi
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 06 植野康幸/Yasuyuki Ueno
推薦者 栗栖良依 (スローレーベル ディレクター)

Spectrum File ー 07 Aki Inomata
推薦者 サンソン・シルヴァン(アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任)

Spectrum File ー 08 スズキユウリ/Yuri Suzuki
推薦者 田中みゆき(日本科学未来館)

Spectrum File ー 09 髙田安規子・政子/Akiko & Masako Takada
推薦者 難波祐子(キュレーター)

Spectrum File ー 10 ジャズ・キットソン/Juz Kitson
推薦者 キャサリン・フニョー & ダニエール・ロブソン (ArtsPeople 共同運営者)

Spectrum File ー 11 SLOW MOVEMENT
推薦者 吉本光宏(ニッセイ基礎研究所 研究理事)

Spectrum File ー 12 西尾美也/Yoshinari Nishio
推薦者 臼井ちか(有限会社チカソシキ代表取締役)

Spectrum File ー 13 MY NEW LIFE
推薦者 エヴァ・ミクラス・高嶺(チェコセンター東京代表)

Spectrum File ー 14 藤井 健司
推薦者 細川麻沙美