HOME > SPIRALアーカイブ > レクチャー&ワークショップ > 【第5回】生きる知恵を学ぼう!女性のためのリベラルアーツ講座 後期

lecture & workshop

〈CAREER&SKILL UP〉

【第5回】生きる知恵を学ぼう!女性のためのリベラルアーツ講座 後期

日時:3月5日 13:30-15:30
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)

女性達は、人生イベントとして結婚、出産、子育てなど、様々なライフステージを迎えます。自分らしさを大切にしながら、いかに日々の環境変化の荒波を乗り越えるのか?その知恵をゲストにお迎えする先輩ママ達から学び、参加者全員で共有していく講座です。

秋から始まった後期では、「ママの笑顔」を増やすために欠かすことのできない、女性たち自分自身の内面や行動変革の知恵とロールモデルをご紹介。ゲストの方々から、個別具体的なお話と参加者が「人生を拓く」参考になる掘り下げたお話を伺っていきます。

自分にフィットする“生きる知恵”をゲストのお話から見つけ出していく、絶好の機会。是非お気軽にご参加ください!

※本講座は、日本財団が推進する≪ママプロ=ママの笑顔を増やすプロジェクト≫とスパイラルとの共同開催です。このシリーズは先輩ママであり、日本人の知恵にも詳しい西田陽光氏に企画兼コーディネーターをお願いしております。ゲストの体験談から未来へとつながる知見を探っていきます。
後期 第5回 3月5日(土)“こころ×からだ×やりたいこと” ※終了しました。

自分は社会のために何ができるのか?
今回は、子育てをしながら自らの経験をもとに社会起業家としても活躍するお二人のゲストをお迎えしました。

NPO法人マドレボニータ代表の吉岡さんは、ご自身の心身ともに辛い産後の経験から、産前・産後に特化したヘルスケアプログラムを開発。研究、実践を重ね、「美しい母がふえれば、世界はもっとよくなる」をキャッチフレーズに、「子育ての導入期」という最も不安定な時期にある女性の心と身体の健康をサポート。その活動が評価され、2015年にはGoogleインパクトチャレンジのWomenWill賞を受賞されました。
門田さんは、学生時代に訪れたアフリカでのボランティア活動を通じてエイズや貧困の問題、医療や教育が行き届かない世界の現状に直面し、帰国後エイズ孤児支援NGO・PLASを設立。ケニアとウガンダでエイズ孤児の教育支援、エイズの啓蒙活動や母子感染予防事業などを行っています。
また、NGOでの働き方を試行錯誤しながら改革。深夜残業や休日出勤が当たり前だった働き方から、残業ゼロでも成果をあげる。そのようなライフステージに合わせた多様な働き方にシフトする取り組みはNGO組織強化大賞の働き方改善部門賞にも選ばれました。

こころとからだの問題は身近な問題であり、また社会の問題でもあります。
社会課題解決とやりたいことをやることの両方の視点を持つゲストにその知見を伺っていきました。
〈ゲストプロフィール〉
吉岡マコ(NPO法人マドレボニータ代表)

1996年東京大学文学部卒業後、同大学院で運動生理学を学ぶ。1998年自らの出産を機に、産前・産後に特化したヘルスケアプログラムを開発。以来、研究・実践を重ねる。2008年NPO法人マドレボニータを設立。指導者の養成・認定制度を整備し、現在20人のインストラクターが全国約50か所で教室を展開。現場をもつNPOとして『産後白書』の出版など調査・研究にも尽力。2011年マドレ基金をたちあげ、ひとり親、多胎児の母、障害児の母など、社会的に孤立しがちな母親たちへの支援に着手。著書『みんなに必要な 新しい仕事』(小学館)ほか多数。
門田瑠衣子(エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事)

1981年熊本県生まれ。2006年、明治学院大学大学院国際学修士課程修了。2005年、在学中にケニア共和国でのボランティア活動に参加。それをきっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、現在代表理事を務める。海外事業及び国内のキャンペーン事業、ファンドレイジングなどを中心に活躍中。2013年に長男を、2015年9月に二男を出産し、2児の母でもある。
<総合コーディネーター プロフィール>
西田陽光(一般社団法人次世代社会研究機構代表理事)

1997年、非営利の政策シンクタンク「構想日本」の立ち上げメンバー(運営委員)パブリシティ担当ディレクターとして毎月JIフォーラムを17年間企画運営する。2013年6月末退社。2003年(社)日本家庭生活研究協会の常務理事として「男性のワークライフバランス」事業責任者として「お父さんの十カ条」冊子作成、「ワークショップ用プログラム」の開発や男性の家庭参画推進の数々の啓蒙推進企画を実施。2013年一般社団法人次世代社会研究機構代表理事に就任。2014年「特別養子縁組推進キャンペーン」を日本財団と行う。「子育て知事同盟」応援企画を長野県と企画。子育てパパママ支援企画・女性支援企画を数々開催。
■開催概要■
開講日:3月5日(土) 13:30-15:30(13:00開場)※終了しました。
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
受講料:1,500円(税込)
※お子様同席での参加も可能です。

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
主催:日本財団ママプロ
共催:株式会社ワコールアートセンター、株式会社ワコール
企画協力:一般社団法人次世代社会研究機構、スパイラル
▶Spiral Scholeの詳細はこちらをご覧下さい。