HOME > イベントスケジュール > スペクトラムファイル 16 竹島 智子

exhibition

多様なゲストキュレーターが選ぶそれぞれの「スペクトラム」

スペクトラムファイル 16 竹島 智子

推薦者 松田朋春

期間:02.18〜03.02
会場:スパイラルエントランス

2015年に30周年を迎えたスパイラルは「スペクトラム」をコンセプトとし、次の時代にむけた活動に取り組んでいきます。「スペクトラム」とは、英語で“連続体” や“領域”、プリズムを介して生じる色彩の配列を意味します。今日の日本では、現代美術、音楽、ダンスなどの既存の表現の垣根を超え、国籍も世代も問わず、領域横断的に創作をする全く新しいクリエーターが多数認められています。こうした各所で発生するいまだ評価の定まらない取り組みを、そのあり様から「スペクトラム」と称して、ひとつのムーブメントとして紹介します。
いつの時代も、異彩を放つ才能の切磋琢磨の中から新たなクリエイティビティは産まれ、連綿と引き継がれていきます。いま、急激に活発化するクリエーターたちもまた、新時代を切り開いていく力になると信じ、彼らとともにスパイラルも新しい価値創造に取り組みます。それが不安な社会情勢に苛まれる私たちの暮らしに豊かさとまだ見ぬ美しさ、そしていつの日か平和をもたらすと信じています。
スパイラルが提唱する「スペクトラム」という考え方に賛同する多様なゲストキュレーターが推薦者となり、彼らが選ぶアーティストをスパイラルエントランスの特設展示スペースで紹介します。

Spiral, celebrating its 30th anniversary in 2015, will continue offering diverse series of cultural events under the theme of "Spectrum." The word “spectrum” itself has many contexts. beliefs, social, political, scientific or artistic. In a similar way, today in Japan many creative talents are emerging with vibrant interdisciplinary and crossover work that employ bold new kinds of methodologies. Their innovative work transcends the definitions of nationality or generation, and the pre-existing fields of artistic expression like contemporary visual art, music, and dance. We will showcase these diverse structures still in flux, grouping them together as a movement we call a “spectrum.”

Across history we can see that the next generation of art and design talent is born out of competition between the creators who demonstrate new and unusual flair. We believe that the seriously active artists and designers are the key pioneers who can develop culture and society for the future. Spiral works together with these artistic talents to present new forms of creativity. The values that emerge from these have the potential to deliver fresh expressions of beauty and even peace, enriching our lives in these uncertain times we live in today.

Based on this theme, Spiral is holding a series of small exhibitions called “Spectrum File” in its ground floor entrance area.
Spectrum File ー 16 竹島 智子 Satoko Takeshima

【推薦者の言葉】

竹島智子さんの作品に出会ったのは、所属するデザイン事務所luftでのことだ。
壁にいくつかの金具が取り付けてある。
「何?」「部品。」「何の?」「いや、ただの部品。」
確かに部品を美しいと感じることはある。それは、必要な機能を100%発揮するための、無駄なく頼もしい機能美だろう。だが、ここには機能がない。
デザインの素振りみたいなもの、とも聞いた。その言葉にいたく感激した。
実際、その言葉以上にこの作品に添えるべき言葉はないのだ。
そこで私は詩を一編、書くことにした。


ネオテニー
(詩:松田 朋春)

部分と全体
その
スペクトラム

全体のない
部分
は全体

声のない舌
目のない光
言葉のない意味

部分が
完成する
星のように

おとなのないこども
雑踏の時間が
素通りしていく
まちぼうけのこども
Neoteny
(Poet: Tomoharu Matsuda)

Part and whole
That
Spectrum

A part
with no whole
is the whole.

Voiceless tongue
Light with no eye
Wordless meaning

The part
Completes
Like a star

Children with no adults
Crowded time
Passes through
Children waiting in vain

My first encounter with the work of Satoko Takeshima was at Luft, the design studio to which she belongs. It was some metal fittings for a wall. “What is it?” “Parts.” “What kind?” “Just parts.” You can certainly sense the beauty in parts, and surely to bring out the necessary function to the max requires a thoroughly efficient, reliable functional aesthetic. But here there was no function. I heard it was like a kind of “practice swing” design, a phrase that greatly moved me. There is no need for any other words to describe this work, so I have written this poem.
______________________________________________________________________________________________________

【PARTS 】作品解説

これらのPARTSの発端は用途も機能もなく、
ただ惹かれる印象をハッキリ目の前において眺めてみる。
そういうトレーニングが始まりでした。
日々デザインの仕事をするなかでデザイナーの役割、存在意義デザイン自体の意味を問われる。
実用面において造形を意匠するという事がデザインの定義であれば、それらは誰かの用途の為にある。
用途には機能だけでなく魅力的な形、同じように魅力的な印象が要、不要に関わらず不可欠についてくる。

仕事のなかでどの印象をどういう形に落とし込むか。
そういう技術が一番の役割でありバランスをとる拠り所となるのは目に見えない印象という軸を自身が明確に持てるかという事。
誰かの用途次第であろうが、時々どの印象を見ているかだけがあいまいになる事がある。
一番の役割をやりきれていない。それがあいまいだと他すべてのバランスがとれず、仕事というチームの一員になりえない。
あいまいなものをよく見るトレーニングが必要に思う。

The origin of these “parts” was an attempt to gaze at a purely fascinating impression clearly in front of us with no use or function. This training formed the start. Out of my daily design work the role and significance of the designer, as well as the meaning of design in general, is called into question. If we can define design as devising a form according to its application, then it is for the use of someone. But in usage, in the same way as form can be attractive and not only functional, an appealing impression is indispensable regardless of necessity. But in the same way as usage has not only function but also attractive form, an appealing impression is indispensable regardless of its necessity.

In my work, what kind of impression shall I put into what form? That technology is the number one role. At the cornerstone of balance is clearly possessing the axis of invisible impressions. It surely depends on who is using it, but sometimes just the question of what impression we are looking at can become ambiguous. The number one role is too much to bear. Unless we balance these ambiguous things with the rest, then we cannot become part of the team that is working. I think training is needed to look properly at the ambiguous.
______________________________________________________________________________________________________
【アーティスト Artist】

竹島智子
1966年広島県生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒。
12年間にわたる(株)IDÉEでのデザイナーとしての勤務を経て、
2001年にフリーランスのデザイナーとして独立。
竹島智子、真喜志奈美の共同事務所として2005年にLuft設立。
2012年に桶田千夏子入所。
それぞれの活動をする場所としてLuftは存在している。

Satoko Takeshima
Born in Hiroshima Prefecture in 1966, Satoko Takeshima graduated from Musashino Art University's Department of Industrial, Interior and Craft Design. After 12 years as a designer at IDÉE, she became an independent designer in 2001. She established Luft in 2005 as a joint studio with Nami Makishi. In 2012, they were joined by Chikako Okeda. Luft exists as a space for the three to do their respective work.
【推薦者 Nominator】

松田 朋春 (まつだ ともはる)
アートプロデュースを通じて、まちづくりや観光プロモーション、商品開発、広告企画などに携わる。「道後オンセナート2014」プロデュース他。著書「ワークショップ-偶然をデザインする技術」(共著・宣伝会議)「わたしの犬退治」(新風舎)他。典型プロジェクト代表。oblaat(オブラート)世話人。グッドアイデア株式会社代表。グッドデザイン賞審査委員。「TOKYO ART FLOW」アートプロデューサー

Tomoharu Matsuda (Chief Planner, Spiral/Wacoal Art Center)
Tomoharu Matsuda works as an art producer involved with regional development, tourism, product development, and advertising. In 2014, he produced Dōgo Onsenart in Ehime Prefecture. His writings include “Techniques in Designing Workshop Chance” and “Exterminating My Dog.” He is the head of tenkei project and a manager for the design label oblaat, as well as President of Good Idea Inc., and a Jury member for the Good Design Awards. TOKYO ART FLOW art producer.
■ Spectrum File Archives

Spectrum File ー 01 北上伸江/Nobue KITAGAMI
推薦者:金澤韻(インディペンデント・キュレーター)

Spectrum File ー 02 東京大学山中研究室/Yamanaka Laboratory, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
推薦者:松田 朋春(スパイラル チーフプランナー)

Spectrum File ー 03 中山晴奈/Haruna Nakayama
推薦者:ネダ・ショーン&クリストフ・ショーン(schön und söhne 共同経営者)

Spectrum File ー 04 荒牧 悠/Haruka Aramaki
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 05 林 響太郎/Kyotaro Hayashi
推薦者 杵村史朗 (Artistic Director)

Spectrum File ー 06 植野康幸/Yasuyuki Ueno
推薦者 栗栖良依 (スローレーベル ディレクター)

Spectrum File ー 07 Aki Inomata
推薦者 サンソン・シルヴァン(アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任)

Spectrum File ー 08 スズキユウリ/Yuri Suzuki
推薦者 田中みゆき(日本科学未来館)

Spectrum File ー 09 髙田安規子・政子/Akiko & Masako Takada
推薦者 難波祐子(キュレーター)

Spectrum File ー 10 ジャズ・キットソン/Juz Kitson
推薦者 キャサリン・フニョー & ダニエール・ロブソン (ArtsPeople 共同運営者)

Spectrum File ー 11 SLOW MOVEMENT
推薦者 吉本光宏(ニッセイ基礎研究所 研究理事)

Spectrum File ー 12 西尾美也/Yoshinari Nishio
推薦者 臼井ちか(有限会社チカソシキ代表取締役)

Spectrum File ー 13 MY NEW LIFE
推薦者 エヴァ・ミクラス・高嶺(チェコセンター東京代表)

Spectrum File ー 14 藤井 健司
推薦者 細川麻沙美

Spectrum File ー 15 森永泰弘
推薦者 吉野 律 (アジアン・カルチュラル・カウンシル (ACC) 日本オフィス ディレクター)