HOME > イベントスケジュール > SICF17受賞者展

exhibition

SICF17受賞者展

期間:2017.05.02-07
会場:スパイラルガーデン

SICF18開催期間に合わせて、前年の受賞者が作品発表を行なう「SICF17受賞者展」を開催します。
江頭誠 (SICF17グランプリ)
「Rose Blanket Collectionʼ17 ~空間に咲く花~」
戦後日本に普及したロココ調のデザインが施されている毛布。
その毛布を用いた花柄満開の樹が出現する。
我々は自分の目で目の前のものを見る。見えているものが全てではない。
時に客観視し、見えないものを想像していかなければならない。

5月2日(火)13:00ー17:00に、江頭誠によるSICFワークショップを開催!詳細はこちら

後藤映則(SICF17準グランンプリ)
「toki- CROSSING #02_NAKANO」
交差点の信号が青に変わる。人々が歩き出す。
子連れの親子、急ぎ足のサラリーマン、制服姿の学生、スーツケースを持った外国人...。
一見みんなバラバラだ。でも、ひとつの時間軸に繋ぐことで共通点が見えてくる。
高木あすか(SICF17準グランンプリ)
「存在感」
編んだ糸を漆で固める作品を作っていることから、
糸の原料の綿花を自分で手間と時間をかけて育てることによって自分の時間が詰まっていると考えた。
それを漆で包むことによってその時間をとどめ、保存する。

5月4日(木・祝)14:00ー、15:00ーに、高木あすかによるSICFワークショップを開催!詳細はこちら
FUKUPOLY(岡本美津子賞)
「破」
「石」を仮想空間で無重力状態に置き、3Dプリントで立体化した「自動生成彫刻」。
「石」は過去の足跡をのこしつつ、そこから発生した流体物に絡め取られていく。
形状によって生じる様相に、不安定な神秘性を見出す。
江藤友理子(金森香賞)
「つぶのふく」
『小豆3粒包めるほどの布は、捨ててはいけない』
どんなに小さな布でも、大事に取っておけばいつか役立つときがくるという教えを聞いたことがある。
時代の移り変わりや流行に流されず、ふと生まれるもの。
繕う、継ぐ、接ぐ、粒の服。
橋本美和子(木村絵理子賞)
「Nighty Night」
インターネットを通じて、初めて出会う人々の寝室に出向きました。
それぞれの人から聞き取った、夢や生活についてのインタビューと共に寝床のポートレートを展示します。
MIWAKAKUTA(栗栖良依賞) 
「gapping」
先のことを予測や準備できる便利な毎日だからこそ、目の前にある物と実際の物との間に「ズレ」がもう少し存在したら。予測と異なる返答は時に答えとなり、聴いた事のない風の流れを生み、空気に溶けていく。

5月5日(金・祝)16:30ーに、MIWAKAKUTAによるSICFパフォーマンスを開催!詳細はこちら
植松京子(張熹賞)
「花嫁になりたい深海魚」
花嫁になりたい。運命の人を探すべく
強い眼で先を照らし、深海を泳ぎ続ける彼女は、
将来の旦那様と指輪で結ばれる。
ウエディングドレスと共に白く染まる深海魚。
女性ホルモンも胸から溢れる。
結婚願望を持つ現代の全ての方に観てほしい。

5月6日(土)13:00ー19:00に、植松京子によるSICFパフォーマンスを開催!詳細はこちら
山内沙也果(スパイラル奨励賞)
「move instinctively」
本能的に、直感的にみせる行動や表情に人間的な魅力を感じる。
体験者の作品に対する反応はリアルなもので面白く滑稽だ。
そんな姿を楽しみたいし楽しんでもらいたい。




開催概要
会期 : 2017年5月2日(火)ー7日(日)11:00-20:00 入場無料
会場 : スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   東京都港区南青山5-6-23 TEL.03-3498-1171 ACCESS MAP


About SICF
SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)は東京・青山にある複合文化施設、スパイラルが若手作家の発掘・育成・支援を目的として2000年から開催している公募展形式のアートフェスティバルです。スパイラルホールを舞台に、毎年ゴールデンウィーク期間中、次代を担う新しい才能を紹介しています。来場者の投票によって決まるオーディエンス賞をはじめ、各審査員賞、準グランプリ、グランプリを授与しています。

▶▶▶SICF18 開催概要はこちら