HOME > SPIRALアーカイブ > 展覧会 > NEW GREEN STORIES ―アートが紡ぐ、新たな公園の時間

exhibition

NEW GREEN STORIES ―アートが紡ぐ、新たな公園の時間

期間:スパイラルガーデン 09.19~09.23 / 井の頭恩賜公園 09.29~10.28
会場:スパイラルガーデン / 井の頭恩賜公園

この秋都内の6つの公演で開催された「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」に合わせて、シアタープロダクツ、鈴木康広など4組のアーティストが、誰にとっても身近な公共空間である公園の新たな可能性を探りました。
洋服のように着られるハンモックや、景色が一変するベンチ、切株に変身して隠れられるテントなど、大人もワクワクするような創造性豊かな遊具がスパイラルガーデンに登場しました。

作品は、スパイラルでの展示終了後、「第 29 回全国都市緑化フェア TOKYO」(2012 年 9 月 29 日~10 月 28 日)井の頭恩賜公園会場に展示。合わせてアーティストたちが新しい公園の「遊び方」を提案するワークショップも開催しました。

◆「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」内 展示概要◆
都内6箇所のメイン会場を中心に、2012年9月29日(土)~24年10月28日(日)までの30日間にわたり開催する花と緑の博覧会。スパイラルは、「New Green Stories ―アートが紡ぐ、新たな公園の時間」で発表した遊具を井の頭恩賜公園会場に展示するほか、五感を活用し、公園の魅力を再発見するワークショッププログラムを多数展開しました。

会期:2012年9月29日(土)~10月28日(日)
会場:井の頭恩賜公園会場 会場MAP 
主催:東京都、財団法人都市緑化機構
URL:http://greeneryfair-tokyo.jp/

◆主な展示作品◆
■GEN-KI SLIDE(佐藤好彦×株式会社コトブキ)
「元気」という文字の形をしたスライダー(すべりだい)。緑や子供の笑い声とともに言葉のもつチカラを公園にインストール。遊具で遊ぶ子供のエネルギーと文字が持つエネルギーでよりポジティブな公園を提案しました。

【佐藤好彦】
1968年埼玉県出身。1993年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。キリン・アート・アワード2002最優秀作品賞受賞。大量に生産される現代の製品に潜む機能や形態をリアルに増幅させた彫刻を制作。2005年第6回SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)準グランプリ受賞。

【株式会社コトブキ】
ストリートファニチャー、遊具、サインを中心とした、パブリックスペースのためのさまざまな製品を開発・製造。子どもから大人まで、人々がコミュニケーション豊かに交流する賑わいのある街づくりを目指し、創業90余年のノウハウと最新の技術による付加価値の高い製品づくりに取り組んでいる。
■公園のワルツ シアタープロダクツ×里山ハンモック
日本を代表するファッションデザイナーのシアタープロダクツが、洋服の形をしたハンモックを制作。男性用スーツと女性用ワンピースがペアとなって、井の頭公園に登場。ハンモックに乗ると、まるでワルツを踊るようにゆらゆらと揺れ、ゆったり寛ぐことができます。

【シアタープロダクツ】
「洋服があれば世界は劇場になる」をコンセプトに、デザイナー武内昭と中西妙佳、プロデューサー金森香が2001年に設立。舶来文化の混在した日本独特のエレガンスをコレクションで発表し続けている。09年に旗艦店を表参道エリアにオープンした。エンターテイニングなファッションショーも特徴で、ミュージシャンやパフォーマーとのコラボレーションも多い。

【里山ハンモック】
ハンモックの魅力を追求し、活動を多岐に渡り展開を進める。デザインやアートの分野での特殊加工した製作には職人としての腕に撚りをかける。ハンモックの心地よさだけでなく、長期的に耐えられる製品を目指し、国内加工糸を使用。体験しやすくなるハンモックの配置や設置にも携わっている。
■屋根のベンチ 鈴木康広×株式会社中村製作所
身近な景色の一部でありながら、日常の体験からかけ離れた場所でもある屋根。空を見上げるのにふさわしい角度の屋根に上がれば、頭上に広がる枝葉におのずと目が届きます。地上から少しだけ浮いた「屋根」が人々を異世界へといざなう、新感覚のベンチです。

【鈴木康広】
1979年生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。日常のふとした発見をモチーフに記憶を呼び起こし共感を生み出す作品を制作。国内外の展覧会をはじめ、パブリック・スペースでのコミッションワーク、大学などの
研究機関や企業とのコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。現在、東京大学先端科学技術研究センター特任助教。

【株式会社中村製作所】
1964年に初めてベンチの生産を手掛けて以来、およそ50年の間、多岐にわたる製品を公園・広場・スポーツ施設などのオープンスペースへ供給。持てる技術と感性を「総ての快適環境の創造に貢献する」~All Openspaceという社是の糧として、現在もオリジナル製品の開発を進めている。

【ワークショッププログラム】
■井上尚子
くんくんウォーク@井の頭恩賜公園
オリエンテーリング方式でボトルに採取した植物などを詰め、匂いをブレンド。採取した匂いは、素材のレシピとともに、匂いの違いを色やカタチ、素材のコラージュで紙に自由に表現し、それぞれの感じた匂いのイメージを伝えるツールを作りました。

日時:10月8日(月・祝)10:00~16:00
開催時間:1)自由オリエンテーリング型:10:00-16:00
2)ツアー型:10:30-12:00 / 13:30-15:00

【井上尚子】
1974年生まれ。1999年女子美術大学院美術研究科版画専攻修了。2005年文化庁芸術家在外研修員として1年間NY滞在。五感を刺激する空間作品を制作し、主に香りの効用から来場者の記憶回想を促す心地よい空間を提供している。また環境、文化、歴史を匂いから楽しむワークショップを教育機関、美術館、企業などで開催している。
■oblaat
ことばの森で
詩を本の外に解放する、同人組織oblaatの行うワークショップ。詩人・谷川俊太郎と覚和歌子が詩を朗読。そこに来場者も加わって、朗読の輪が広がります。読まれた詩は、公園内に空間インスタレーションとして浮かび上がりました。

日時:10月1日(月)18:30~20:00
【oblaat】
2010年発足。メディア自体を詩的な操作対象にしたデザインレーベル。本の世界に閉じ込められていた詩の仕事を、プロダクト、空間、情報技術の場で展開している。単純に、詩を本以外の場所で鑑賞させることを指向するのではなく、言葉を用いて(あるいは用いないで)物質や空間を詩的な存在に書き換えていくようなデザインを指向している。
■川内倫子×鈴木康広
光と影のワークショップ「井の頭公園の中の地球」
写真家の川内倫子氏とアーティストの鈴木康広氏がコラボレーション。光、水、生き物など「井の頭公園の中の『地球』を感じられるもの」をテーマに参加者が自由に撮影。撮影された画像は、鈴木氏の代表作であるミニ・グローブジャングルをスクリーンにしてプロジェクターで投影。球体に映し出された「地球」を皆で鑑賞し、追体験していただきました。

日時:10月20日(土)15:00~19:00

【川内倫子】
1972年滋賀県生まれ。2002年、写真集『うたたね』『花火』で第27回木村伊兵衛写真賞を受賞。2009年にICP主催の第25回インフィニティ賞芸術部門受賞。個展は「照度 あめつち 影を見る」(2012年、東京都写真美術館)ほか国内外で多数。 最新刊に『照度 あめつち 影を見る』(青幻舎)、『光と影』(私家版)など。
■月岡彩
月岡流・忍者学校「指令:忍者になって井の頭恩賜公園を探検せよ」
見習い忍者になって、公園内の植物や昆虫など、自然環境の豊かさについて、楽しく感じながら学ぶワークショップ。7つの忍術を使いこなし、公園の秘密を解き明かします。参加者には「月岡流忍者」の称号を授与。忍術7つ道具のみの貸し出しも行ないました。
(制作協力:株式会社 JET CHOP)

日時:10月14日(日)10:00~11:30 / 12:30~14:00 / 15:00~16:30の3回

【月岡彩】
武蔵野美術大学空間演出デザイン学科ファッションデザインコース卒業。2001年「新カクレンボ大作戦」で第2回SICFグランプリ受賞。街に身を隠す「瞬間自動販売機スカート」が評価され、国内外の展覧会やプロジェクトに参加。2007年ニューヨークタイムズの一面を飾る。2009年にはNewsweekにて「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。
http://www.tucky7.com
■中山晴奈
世界にひとつだけのピクニックシートをつくろう

船やお城、宇宙船・・・。みんなの憧れの場所を巨大なシートに描いて、切って、オリジナルのレジャーシートを作りました。完成したレジャーシートに乗って持参してきたお弁当を食べれば、そこは公園内に登場したあなただけのとっておきの場所。公園ならではの「見立て」の楽しみを提案しました。

日時:10月6日(土)10:00~14:00

【中山晴奈】
食を使ったコミュニケーションデザインや出張料理、ワークショップを国内外問わず行う。としまアートステーションZにて食のアーティストとして区民参加型の取り組みを行う。ひののんフィクション2012参加アーティスト。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)として、地域と食のプロジェクトにも参加。

写真:「ひののんフィクション2012」
◆スパイラルでの展示概要◆
会期:2012年9月19日(水)-9月23日(日)11:00-20:00入場無料
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
出展作家:佐藤好彦、シアタープロダクツ、鈴木康広、月岡彩

主催:株式会社ワコールアートセンター
共催:第29回全国都市緑化フェアTOKYO実行委員会
協力:株式会社コトブキ、株式会社中村製作所
制作協力:株式会社 JET CHOP
企画制作:スパイラル

◆関連イベント◆
トークセッション「公園の未来を語る」
地域および地域コミュニティの共有財産としての公園を、より楽しく、豊かに活用していくための方策、課題などについて、行政、設計者、管理運営者など、それぞれの立場からの意見を交換し、「公園の使いこなし」に対してアートができることについて考えました。
日時:9月19日(水)19:00-20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
登壇者:加藤修(株式会社ヘッズ、全国都市緑化フェアTOKYO井の頭公園会場設計担当)
下村 一(こどもの城 事業推進部)
町田誠(東京都建設局公園緑地部長)、宮奈由貴子(NPO法人 NPO birth)
司会:守屋慎一郎(スパイラル/株式会社ワコールアートセンター プランナー)