HOME > イベントスケジュール > Think of Fashion 049 ミリタリーファッションと軍服 #1 19世紀フランス軍の華麗な軍服

lecture & workshop

Spiral Schole協力イベント

Think of Fashion 049 ミリタリーファッションと軍服 #1 19世紀フランス軍の華麗な軍服

日時:2018年2月24日 14:00-16:00
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)

私たちは日常的に「ミリタリーファッション」や「ミリタリールック」と呼ばれるアイテムを着用しています。例えば、流行したMA-1と呼ばれるジャケット、安定した人気をもつトレンチコートなどがその代表例でしょう。また、迷彩柄と呼ばれる戦場でのカモフラージュを目的とする色柄も様々なアイテムに応用されています。これらはもともと軍服として使用されてきたものが、その環境を離れて男女を問わず普通に着られるファッションアイテムに変化したものです。それらはシーズンのトレンドとしても度々登場するなど、軍服としての由来をもちながらも、リアルクローズとして親しみのある存在と言えるでしょう。

いわゆる制服・ユニフォームの中でも、軍服は本来最も厳しい制約条件のもとに、目的や用途に応じて機能性にも充分配慮がされ、多様な種別が見られます。それらの中でMA-1やトレンチコートなどは汎用的に着られるアイテムとしてアレンジされ、日常着に採り入れられたものです。一方で、よりこだわりをもって実際の軍隊から払い下げられた古着としての軍服を好むマニアックな人々や、サバイバルゲームなどで本格的な装備や軍服を楽しんでいるプレイヤーも存在し、そうしたファンのための市場も着実に存在します。さらには歴史的な軍服を再現・復元したものをコスプレアイテムとして楽しんでいるファンも一定数は存在するのではないでしょうか。

今回の「ミリタリーファッションと軍服」シリーズ(3回の連続講座)では、このようなミリタリーファッション、ミリタリールックの現状、特徴や魅力について、改めてその原型である軍服の歴史も振り返りながら、それらとの対比の中で再考してみることを目的としています。

シリーズ第1回は、「19世紀フランス軍の華麗な軍服」と題し、講師に神戸松蔭女子学院大学教授 中村茂氏を迎えました。

MA-1やトレンチコートなど、現在、定番化したアイテムとは対照的に、ステージコスチュームなどに見られる軍服でも旧式のタイプのものがあります。代表的な形は「肋骨服」などと呼ばれるもので、M・ジャクソンの例は見覚えがある人も多いでしょう。これらはリアルクローズとして着用する人はまず見られませんが、軍服風のアレンジとして現代でもマーチングバンドのユニフォームなどに使用されている例はあります。

こうしたレトロな軍服のルーツを、19世紀フランスのナポレオン時代の軍服にさかのぼって、現代からみれば過剰な程の装飾的かつ芸術的な意匠を見てみましょう。

〈第1回 登壇者プロフィール〉
中村 茂
神戸松蔭女子学院大学教授。芸術学修士。東海大学、神戸芸術工科大学、筑波大学を経て2007年から現職。現在は幕末維新期の洋装化最初期におけるフランスからの男子服意匠の導入の歴史について調査(科研費海外学術調査)している。
【今後の開催予定】
第2回
2018年4月1日(日)
Think of Fashion 050 ミリタリーファッションと軍服 #2
「ポピュラーミュージックにおけるミリタリーファッション」
講師:菊田琢也氏(文化学園大学ほか非常勤講師)

第3回
2018年4月21日(土)
Think of Fashion 051 ミリタリーファッションと軍服 #3
「ミリタリーアイテムの誕生。そしてファッションへの引用」
講師:朝日真氏(文化服装学院専任教授)
■開催概要■
開講日:第1回 2018年2月24日(土)14:00-16:00(13:30開場)
    第2回 2018年4月1日 (日)14:00-16:00(13:30開場)
    第3回 2018年4月21日(土)14:00-16:00(13:30開場)
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
   東京都港区南青山5-6-23
受講料:【各回】
    一般 前売3,000円(Peatixにて/税込) 当日3,500円(税込)
    学生 前売1,500円(Peatixにて/税込) 当日2,000円(税込)
    【3回通し券】
    一般7,500円 学生3,000円(Peatixにて)

主催:Fashion Studies
協力:スパイラルスコレー
企画:篠崎友亮(Fashion Studies)
Think of Fashionは人々の装いについての文化や社会現象を学ぶ会です。
▶ファッションを体系的に学ぶ場
Fashion Studies
http://fashionstudies.org/top/

▶「Spiral Schole」について
スパイラルと運営母体のワコールが共同で推進するエデュケーションプログラム。開館30周年を記念し、2015年4月にスタートしました。本プログラムでは、スパイラルとワコールがこれまでに培ったノウハウとネットワークから選び抜いた、経験豊かなプロフェッショナルを講師として迎え、様々なニーズに合わせた講座を実施しています。
http://www.spiralschole.com