HOME > イベントスケジュール > 第13回 スクリーンに映画がかかるまで~つくる・かう・ひろめる仕事について学ぶ~

lecture & workshop

第13回 スクリーンに映画がかかるまで~つくる・かう・ひろめる仕事について学ぶ~

ゲスト:池ノ辺直子(映像ディレクター)

日時:2018年7月29日13:00−15:00
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)

映画がスクリーンに上映されるまで、どれくらいの人が関わるのでしょうか?

本講座では、映画が上映されるまでのプロセスに関わっているゲストの方々から、それぞれの仕事内容についてお話を伺っていきます。

これまでの講座では、映画監督や元配給会社買付担当、宣伝会社代表の方々から、様々な映画のスクリーンに映らないエピソード、仕事の流れ、大事にしていることなどについて学んできました。

映画を通じて人生が豊かになるように、
映画人によるお話をどうぞお楽しみください!
第13回 2018年7月29日(日)/ゲスト:池ノ辺 直子
~映画予告篇制作の第一人者・池ノ辺直子さんによる予告篇のすべて~

映画館で本編前に流されるさまざまな映画の予告篇。
数十秒という短い間にいかに映画の魅力を伝え、観客を増やすか。時にはそれ自体が作品のように人々の興味を惹きつけます。今回は予告篇の制作に30年以上携わる映像ディレクターの池ノ辺直子さんをゲストにお迎えします。

池ノ辺さんは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズをはじめ『トップガン』『ボディーガード』『羊たちの沈黙』『フォレスト・ガンプ/一期一会』など多くの名作の予告篇を手掛けてきました。「映画が大好きなバカばっかりの職人」が集まった映像制作会社バカ・ザ・バッカの代表取締役として、現在も数々の話題作を制作。最近では『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』『ボンジュール・アン』『スリー・ビルボード』『シェイプ・オブ・ウォーター』などなど、映画好きであれば誰もが一度は池ノ辺さんの作品と出会っているかもしれません。

本講座では、映画との出会い、予告篇に込める思い、印象に残っている予告篇など、さまざまなエピソードを伺います。映画業界において長いキャリアを持つ池ノ辺さんから学ぶことはたくさんありそうです。

映画ファンはもちろん、映像制作に興味のある方には必聴の講座です。是非ご参加ください。
〈講師 プロフィール〉
池ノ辺 直子(映像ディレクター)

フリー活動後、「池ノ辺事務所」を設立。10周年を記念して、バカばっかりの職人集団の意味で株式会社バカ・ザ・バッカに社名変更し、代表取締役社長に。今年で創立31周年を迎える。
これまでに手がけた予告篇は、『ボディーガード』『フォレスト・ガンプ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ』『マディソン郡の橋』『トップガン』『羊たちの沈黙』『めぐりあう時間たち』『博士と彼女のセオリー』『ドリーム』『僕のワンダフル・ライフ』『シェイプ・オブ・ウォーター』『スリー・ビルボード』ほか1100本以上。 最新作は『マンマ・ミーア!ヒア・ウィ・ゴー』。著書に「映画は予告篇が面白い」(光文社刊)がある。WOWOWプラス審議委員。予告篇上映カフェ「 Café WASUGAZEN」の運営もしている。
宣伝プロデューサーとの対談「新・映画は愛よ!!」も好評中!
http://otocoto.jp/column/columnist/ikenobe/
■開催概要■
開講日:2018年7月29日(日) 13:00-15:00(12:30開場) ※終了しました。
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
   東京都港区南青山5-6-23
受講料:3,000円(飲み物代込/税込)
定員:40名

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
コーディネーター:平山 玲
【これまでの講座】
第1回 5月9日(土) ゲスト:土肥悦子 〜ユーロスペース時代の作品買付・宣伝の仕事〜 ※終了しました。
第2回 7月4日(土) ゲスト:諏訪敦彦 〜映画監督 諏訪敦彦さんによる映画をつくる仕事〜 ※終了しました。
第3回 9月5日(土)/ゲスト:野下はるみ 〜映画宣伝プロデューサー野下はるみさんによる映画をひろめる仕事〜 ※終了しました。
第4回 11月14日(土)/ゲスト:上田謙太郎 〜映画作りを体験するワークショップ『シネロール』〜 ※終了しました。
第5回 2016年1月23日/ゲスト:矢田部吉彦 〜東京国際映画祭 作品選定ディレクター 矢田部吉彦さんによる映画祭についてのお話〜 ※終了しました。
第6回 2016年6月12日/ゲスト:スージュン ~インディペンデント(独立系)映画会社の製作・配給・買い付けについて~ ※終了しました。
第7回 2016年9月25日/ゲスト:土肥悦子、工藤雅子 ~こどもが映画と出会うときをとびきり素敵なものにするために~ ※終了しました。
第8回 2016年11月20日/ゲスト:杉野希妃 ~女優、監督、プロデューサー、様々な視点から関わった映画について~ ※終了しました。
第9回 2017年2月27日/ゲスト:矢田部吉彦 ~東京国際映画祭作品選定ディレクターによる映画祭についてのお話 2017~ ※終了しました。
第10回 2017年11月26日/ゲスト:とちぎあきら フィルム・アーカイブの仕事 ~フィルム・アーキビスト的映画の向き合い方~ ※終了しました。
第11回 2018年2月25日/ゲスト:諏訪敦彦 諏訪敦彦監督最新作『ライオンは今夜死ぬ』を中心に子どもたちと映画つくることについて ※終了しました。
第12回 2018年3月4日/ゲスト:矢田部吉彦 東京国際映画祭作品選定ディレクターによる映画祭についてのお話 2018 ※終了しました。
▶「Spiral Schole」について
スパイラルと運営母体のワコールが共同で推進するエデュケーションプログラム。開館30周年を記念し、2015年4月にスタートしました。本プログラムでは、スパイラルとワコールがこれまでに培ったノウハウとネットワークから選び抜いた、経験豊かなプロフェッショナルを講師として迎え、様々なニーズに合わせた講座を実施しています。
http://www.spiralschole.com