HOME > イベントスケジュール > 自分だけの本の表紙をつくるワークショップ

lecture & workshop

Spiral Schole for Kids

自分だけの本の表紙をつくるワークショップ

講師:大塚いちお(イラストレーター・アートディレクター)

日時:2018年8月23日 13:30-15:30
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)

昨年、夏休みに開催し、大好評だったワークショップを今年も開催!
イラストレーター・アートディレクターとして活躍される大塚いちおさんを先生にお迎えし、オリジナルの本の表紙をつくります。

大塚さんは本や広告、音楽関係のイラストレーションを手掛ける一方で、子ども向けのワークショップや展覧会などの活動も積極的にされています。NHK Eテレ「みいつけた!」では、キャラクターやセットなどのアートディレクションを企画段階からご担当。大人も子どもも惹きつける魅力的な作品を多く発表されています。

ワークショップでは、物語の一節から想像力をふくらませて、子どもたちのオリジナルの本の表紙を制作。今回は宮沢賢治の『注文の多い料理店』をテーマにして、イラストレーターのお仕事と同じように、原画として描いた絵を表紙にレイアウトし、完成させます。

同じ物語でもそれぞれの子どもたちから出てくる表現は無限大。大塚さんのヒントを元に子どもたちが生み出す、誰も知らない新しい本は、この夏、思い出の一冊となりそうです。
〈講師 プロフィール〉
大塚いちお(イラストレーター・アートディレクター)

1968年新潟県生まれ。 イラストレーターとして、広告やパッケージ、出版などで数多くの仕事をこなし、 アートディレクターとしては、広告のディレクションや、 テレビ番組のキャラクターデザイン・セット・衣装・タイトルロゴ制作など 番組全体のアートディレクションまでおこなっている。 担当番組のNHK Eテレ「みいつけた!」は、 2011年教育コンテンツ国際コンクール「日本賞」幼児部門最優秀賞を受賞。2014年よりJリーグ川崎フロンターレのファミリーアートディレクターに就任。 グッズやイベント関係のデザインを担当し、2015年シーズンユニフォームデザイン、 2016年クラブキャッチフレーズのロゴデザインも担当。 そのジャンルを越えた創作活動は、子供から大人まで幅広い層に支持されており、 イラストからデザイン、空間、キャラクターや衣装、ユニフォームまでこなす 多種多様なクリエーションは業界内でも唯一無二の存在である。
■開催概要■
開講日:2018年8月23日(木)13:30-15:30(13:00開場)※終了しました。
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
   東京都港区南青山5-6-23
受講料:2,500円(1名様につき/税込/材料費込み) 
定員:20名
対象:5歳以上 向け
持ち物:使いなれたハサミ、お気に入りの画材(色鉛筆、クレヨン、ペンなど)、スティックのり
※絵の具については会場の設備上使用が難しいため、ご遠慮ください。

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル

※未就学児のお子様のご参加の場合は、保護者の方がご同伴をお願いいたします。
※ご兄弟など乳幼児のご同席についてはお申込みの際にご相談ください。
※講座開催にあたり、怪我や事故、誤飲などには十分注意しておりますが、万が一の怪我、事故などはスパイラルでは責任を負いかねますので、ご了承の上ご参加くださいますようお願いいたします。
▶「Spiral Schole」について
スパイラルと運営母体のワコールが共同で推進するエデュケーションプログラム。開館30周年を記念し、2015年4月にスタートしました。本プログラムでは、スパイラルとワコールがこれまでに培ったノウハウとネットワークから選び抜いた、経験豊かなプロフェッショナルを講師として迎え、様々なニーズに合わせた講座を実施しています。
http://www.spiralschole.com