HOME > イベントスケジュール > 駄菓子を「デザイン」してみよう!~「食」を考え、カタチにするワークショップ

lecture & workshop

Spiral Schole for Kids

駄菓子を「デザイン」してみよう!~「食」を考え、カタチにするワークショップ

講師:中山晴奈(フードデザイナー)

日時:2018年10月28日 10:00-13:00
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)

【本講座は受付終了とさせていただきました。】

駄菓子がないと生きていけない?!
駄菓子はなくてもいいけど、あった方が絶対楽しいのは何でだろう?

生きていく上で欠かすことのできない食べもの。食を考える上で重要なのは、栄養やバランスだけではありません。本ワークショップでは、講師にフードデザイナーの中山晴奈さんをお迎えし、子どもたちが駄菓子を通して食べることの豊かさ、楽しさを考え、学びます。

たくさんの駄菓子を実際に見て、食べてみたら、今度は自分の考える駄菓子をデザインし、実際に製作!
お菓子作りはすでにある駄菓子を切ったり、貼ったり、削ったり。子どもたちがそれぞれのリデザインに挑戦します。

学校やおうちではなかなかできないフードデザインの体験をしてみませんか。

※加工して完成したお菓子は食べることはできません。
〈講師 プロフィール〉
中山晴奈

1980年生まれ。東京藝術大学大学院先端芸術表現修了。フードデザイナー。行政や生産現場と連携して食をコミュニケーションツールにしたデザインを行う。nitaki(山形市)のディレクションや子どもの教育コンテンツ(ココイク/伊勢丹新宿店)の監修、東北食べる通信(花巻市)の連載など。NPO法人フードデザイナーズネットワーク理事。慶應義塾大学SFC研究所上席研究員。

フードスケープ展(アーツ前橋、2016年)参加、みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ(山形市、2016年)招聘アーティスト。ポート・ジャーニー・プロジェクトにおいて、バーゼル(スイス)と横浜(象の鼻テラス、横浜)の交換アーティストとしてレジデンス滞在と個展(2014〜2015年)を開催。
■開催概要■
開講日:2018年10月28日(日)10:00-13:00(9:45開場)※受付終了しました。
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
   東京都港区南青山5-6-23
受講料:2,000円(1名様につき/税込/材料費込み) 
定員:16名
対象:5歳以上
持ち物:飲み物、使い慣れたハサミ、エプロン、100円分のお菓子
※買ったお菓子の情報がわかるようレシートやメモをご用意ください。
(お菓子の値段、買った場所、誰と買いにいったかなど)

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル

※食物アレルギーなどがある場合は、お申込みの際に事前にご相談ください。
※ワークショップ中は基本的にお子様のみのご参加となります。
※講座開催にあたり、怪我や事故、誤飲などには十分注意しておりますが、万が一の怪我、事故などはスパイラルでは責任を負いかねますので、ご了承の上ご参加くださいますようお願いいたします。
▶「Spiral Schole」について
スパイラルと運営母体のワコールが共同で推進するエデュケーションプログラム。開館30周年を記念し、2015年4月にスタートしました。本プログラムでは、スパイラルとワコールがこれまでに培ったノウハウとネットワークから選び抜いた、経験豊かなプロフェッショナルを講師として迎え、様々なニーズに合わせた講座を実施しています。
http://www.spiralschole.com