HOME > SPIRALアーカイブ > FAIR > 《crystal cage》叢書刊行記念フェア

fair

SPIRAL RECORDS

《crystal cage》叢書刊行記念フェア

日時:11.16〜
会場:SPIRAL RECORDS

この秋〈TPH〉より創刊される叢書《crystal cage》を軸に、同書の造本プロデュースを手掛けた詩人・造本家である平出隆氏をプレゼンターに、さまざまな領域にわたる芸術を考察するトークシリーズ、「SPIRAL RECORDS presents《crystal cage》トークセッション」。

vol. 1 は、第1回配本の写真/散文集『バスク七色』の著者である写真家・多摩美術大学教授の港千尋氏と、同じく第1回配本、バーネット・ニューマン著 『崇高はいま』の編集と翻訳をつとめた明治大学兼任講師・三松幸雄氏をゲストに迎えます。

講演:
平出隆(詩人/造本家/多摩美術大学教授)
港千尋(写真家/多摩美術大学教授)
三松幸雄(哲学/現代芸術/明治大学兼任講師)

[プログラム]
1. 三松幸雄 小講演
『光・瞬間・場所 ̶ バーネット・ニューマンと河野道代』

2. 港千尋×平出隆
『《crystal cage》と書物のこれから』


会場:SPIRAL RECORDS
港区南青山 5-6-23(スパイラル2F)
電話:03-3498-1224

料金:¥1,500(要予約/先着50名)
主催:株式会社ワコールアートセンター 
企画制作:SPIRAL RECORDS
協力:TPH, via wwalnuts, 多摩美術大学 芸術人類学研究所

本イベントは終了致しました。
《crystal cage》叢書刊行記念フェア

平出隆造本プロデュースによる、話題の叢書《crystal cage》の刊行を記念したフェアを開催中。
第1回配本である3冊とともに、河野道代詩集『花・蒸気・隔たり』、
〈via wwalnuts〉刊行の平出隆『言語としての河原温』などもあわせて販売中です。


叢書 《crystal cage》 創刊

TPH (Tokyo Publishing House)による造本革命のNEXT、《crystal cage 叢書》とは──
郵便物でもある書籍《via wwalnuts 叢書》につづいて、新しい読者をめざめへ誘う

[2012年11月16日発売]

バーネット・ニューマン
『崇高はいま』 三松幸雄 編訳 定価3100円(税込)

20世紀アメリカを代表する抽象画家による、
新旧の芸術をめぐっての
いまなお刺激あふれる思索的テクスト集。


河野道代
『時の光』 定価2700円(税込)

窓辺からひろがるささやかな情景に見出される、
永遠をはらんだ事物の輝き。
危機の感覚に磨かれた詩人による珠玉の散文小品集。


港千尋
『バスク七色』 定価3500円(税込)

多様なヨーロッパのなかでも、
独立した歴史文化に恵まれた土地を案内して、
爽やかに顫動することばと空気。


《crystal cage叢書》によって起された4つの静かな奇蹟
1) 一般の出版社ではもはや不可能な企画・編集・造本。
2) 高精細印刷の99%は版元サイドで行なわれる。
3) 書物を愛する学生による「造本有理」の支援。
4) 意識の高い販売店と連携した書籍流通の刷新。


○造本仕様:四六判変形/角背上製/布クロス装/箔押し各冊3種/糸縢り綴じ/総ページ数112/
セロファンカバー/4色オフセット印刷透明ケース/本文サイズ120mm×188mm/本文インクジェット
顔料インク8色刷り ○造本:平出隆 ○図像:Joseph Cornell《 Panorama 》 ○刊行:TPH(Tokyo
Publishing House) ○印刷:TPH + PrintRooms + 多摩美術大学芸術学科「書物設計」ゼミナール
○製本:博勝堂 

SPIRAL RECORDSほかにて販売

続刊:酒井忠康 『積丹半島記』
平出隆  『葉書でドナルド・エヴァンズに』 絵葉書版(分冊)


お問い合わせ : TPH(Tokyo Publishing House)
メール : info@artbook-tph.com
電話 : 03-5472-0370