HOME > SPIRALアーカイブ > 展覧会 > 「宇宙(そら)をあるく -IN THE SKY I AM WALKING-」

exhibition

サモン・タカハシ展

「宇宙(そら)をあるく -IN THE SKY I AM WALKING-」

期間:2013.06.25~30
会場:スパイラルガーデン

パリを拠点に世界各地で活動を行うアーティストのサモン・タカハシによる個展
「宇宙をあるく -IN THE SKY I AM WALKING-」をスパイラルガーデンにて開催しました。

サモン・タカハシは、高度にテクノロジーが発達した現代に
おいてもなお科学では説明しきれない事象、現代人だからこそ
抱える矛盾、空想世界に存在する極限的な美しさや可能性に
注目し、「アートにできることは何か」という問いに真摯に
向き合ってきました。

スパイラルでは、太陽系を想像させるミラーボールを用いた光の
作品、サウンドインスタレーション他の作品を展示しました。


◆開催概要◆
会期:2013年6月25日(火)〜6月30日(日)11:00〜20:00 入場無料
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
制作協力:アマナマナ
◆プロフィール◆
サモン・タカハシ
1970年生まれ。23歳までイギリスの演出家ピーター・ブルックのもとで、舞台美術や音楽制作などに携わる。その後コンテンポラリー界の鬼才、ファブリス・イベールと出会い、アシスタントとして、ヴェネチア・ビエンナーレをはじめ、数々の作品制作に携わる。1999年、ギャラリー360°で初個展を開催。フランス・パリを拠点に、国内外で多数の個展、グループ展を開催している。

<主な個展>
2010-2011  “Intersteller Statics”, MNAC(Bucarest / Romania)
2009     “Atmospheric Distortion”, Laxart(Los Angels / USA)
2009     “Suite N”, CNEAI(Chatou / France)
2006     “Etude auc allures”, Nuke Gallery (Paris / France)
1999     “#1”, gallery 360 °(Tokyo / Japan)

<主なグループ展>
2010    “Billboard Project”, Portugal Arte 10(Lisbon / Portugal)
2005    “Radio Days”, De Appel (Amsterdam / Nederland)
2002    “The Void”, Rice Gallery(Tokyo / Japan), CCA(Kita-kyusyu / Japan)
〈会場の様子〉