HOME > SPIRALアーカイブ > 展覧会 > ジ・アートフェアズ:+プリュス-ウルトラ 2013

exhibition

ジ・アートフェアズ:+プリュス-ウルトラ 2013

期間:10.26〜29/10.31〜11.04/11.01〜04
会場:スパイラルガーデン



スパイラルでは、統合型アートフェア「ジ・アートフェアズ:+プリュス-ウルトラ」を開催しました。

会場では、40 歳以下の若手ディレクター個人を出展単位とするエマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ」(以下ウルトラ)と、現代美術に限らず、ジャンルの垣根を超えて日本発の優れたアートを幅広く提供することを目指す「+プリュス:ジ・アートフェア」(以下+プリュス)、2つのアートフェアをスパイラルで同時期に展開しました。


■■アートの「いま」に触れ、アートをもっと身近にする統合型アートフェア■■

「ウルトラ」は、ギャラリーで実際に作家や作品を選ぶディレクター個人を出展単位としたユニークなアートフェアです。2008年のスタート以来、高い話題性と多くの動員で秋の恒例イベントとして定着し、今回で6回目を迎えます。その特徴は、若手のディレクターが、ギャラリーの一員としてではなく、自分の名前で本当に紹介したいアート作品を出品することです。2013 年は2会期にわけて52名のディレクターが出展。展示作品からはアート界の「いま」と「これから」を担うディレクターの新鮮な感性を体感し、多くの原石を見出すことができるでしょう。


「+プリュス」は、昨年「ウルトラ」と統合する形で再スタートしたアートフェアで、高い実績と信頼を誇る7つのギャラリーが厳選した作品群が揃います。日本のアートシーンを牽引するアーティストたちによる質の高い作品を、コレクターはもちろん、より多くの方に身近にご覧いただけるよう今年から会場をスパイラルガーデンへと移して開催します。 また、会期中は、オープニング・パーティ、そしてベストセールス/ベストウォールの各顕彰を発表するクロージングパーティなどの多彩なイベントで、来場者とアートをつなぐ多角的な接点を創出し、日本の美術マーケット再活性化の一翼を担うべく、更なる進歩を図ります。


※「プリュス・ウルトラ」とは

「プリュス・ウルトラ(plus ultra)」は、ラテン語で「もっと前へ」という意味をもちます。これは、本アートフェアの基本的なスタンスを示すと同時に、戦いを嫌い、協同することを旨として数百年にわたり神聖ローマ帝国を治めたハプスブルグ家の信念でもありました。出展者がただ商売にしのぎを削るのではなく、美術の世界全体の繁栄を願うという思いをそこに込めています。
■+プリュス:ジ・アートフェア 004
会期:2013年11月1日(金)~11月4日(月・祝)11:00~20:00

■エマージング・ディレクターズ・アートフェアウルトラ 006
会期:オクトーバー・サイド2013年10月26日(土)~10月29日(火)11:00~20:00
   ノヴェンバー・サイド2013年11月1日(金)~11月4日(月・祝)11:00~20:00

会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
入場料:無料
主催・企画制作:システム:ウルトラ(スパイラル/株式会社ワコールアートセンター、株式会社レントゲンヴェルケ)
お問い合わせ先:info@systemultra.com
URL: http://systemultra.com