HOME > SPIRALアーカイブ > 展覧会 > NUMEN / FOR USE Exhibition 『TAPE TOKYO』

exhibition

NUMEN / FOR USE Exhibition 『TAPE TOKYO』

公開制作:11.18~11.24/作品展示:11.25~12.4
会場:スパイラルガーデン

                    English Information
スパイラルは、2013年11月18日〜12月4日まで、クロアチアとオーストリアを拠点に活動しているNUMEN / FOR USE [ヌーメン / フォー ユース]のアジア初個展を開催しました。
NUMEN / FOR USEは、インダストリアルデザイングループとして1998年に結成後、空間デザイン、舞台美術やインスタレーションまで、領域を超えた様々な分野で活躍するアーティスト集団です。中でも2004年以降、精力的に活動している舞台美術の分野においては、既成概念を打ち壊すようなセットデザインで世界的に高い評価を得、2011年には“舞台美術のオリンピック”とも呼ばれる国際舞台美術展「プラハ・カドリエンナーレ」で、最優秀ステージデザイン賞、最優秀シアター・テクノロジー賞を受賞しました。舞台美術に取り組む事で生み出されたいくつかの造形は、その枠を超え、アートインスタレーションとして昇華し、世界各地の美術館やギャラリーで展開されています。
本展『TAPE TOKYO』では、彼らの代表作であるビニールテープを幾重にも巻きつけて作られた巨大な
「TAPE INSTALLATION(テープインスタレーション)」をスパイラルのアトリウム展示しました。会期前半は、アーティストと日本での一般公募で集まった数名のアシスタントによって、日ごとに変化しながら創り上げられる作品の制作過程を一週間にわたり公開しました。作品完成後には、来場者はインスタレーションの内部にまで入ることができ、包み込まれるような感覚の中、作品を鑑賞する事ができます。

オープニングレセプションでは、完成したばかりの『TAPE TOKYO』を舞台に、世界で活躍するダンサー、安藤洋子、大植真太郎、柳本雅寛がダンスパフォーマンスを披露、会期中の11月26日には、NUMEN / FOR USEのスヴェン・ヨンケと建築家の谷尻誠のトークイベントを、11月29日には総勢13名のCo.山田うんが『TAPE TOKYO』と華麗に戯れるダンスパフォーマンスを開催しました。

来場者自身がそこで何かを感じ、その“場”や“状況”を皆で共有できるプログラムを開催しました。

■開催概要■
公開制作 2013年11月18日(月)-11月24日(日)
作品展示 2013年11月25日(月)-12月4日(水)
開場時間 11:00-20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 ACCESS MAP
東京メトロ表参道駅(B1・B3出口すぐ)
入場料:無料

主催:株式会社ワコールアートセンター
助成:EU・ジャパンフェスト日本委員会
特別協力:東京ドイツ文化センター
協力:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
資材協力:住友スリーエム株式会社
後援:駐日クロアチア共和国大使館
企画制作:スパイラル

■スマートフォンアプリ「SPIRAL AR」を通じて、展示作品「テープインスタレーション」の制作過程を公開!■
「SPIRAL AR」では、作品が巨大な蜘蛛の巣のようにスパイラルガーデンで徐々にでき上がっていく様子を、スマートフォンの画面を通じて経過を追ってみることができます。

詳しくはこちら▶▶▶【Making of "TAPE TOKYO" × Spiral AR】



■『TAPE TOKYO』■ 
■公開制作の様子■ 
撮影:加藤純平




■関連プログラム■ 


▶▶▶ダンスパフォーマンスプログラム 『TAPE+ DANCE』


「テープインスタレーション」制作時の‘テープを貼る動作’からインスピレーション受け、‘必然性から生まれる動きの美しさ’をベースに、テープを貼る音や呼吸の音等を取り入れた躍動感のあるパフォーマンスで、観客を魅了した。

photo:matron


カラフルな衣装を身にまとった総勢12名のダンサー達がアトリウムを縦横無尽に駆け巡る。ヲノサトルの音楽とともにCo.山田うんのキュートな世界観が溢れる、エネルギッシュなパフォーマンスとなった。



▶▶▶トークプログラム 


【トークプログラムの様子】11月26日(火)開催
出演:スヴェン・ヨンケ(NUMEN / FOR USE) 、 谷尻誠(SUPPOSE DESIGN OFFICE)
日本初上陸であるNUMEN / FOR USEの魅力をより深くご紹介するアーティストトークを開催しました。

















■プロフィール■
NUMEN / FOR USE [ヌーメン/フォーユース]  http://www.numen.eu/
クリストフ・カツラー、スヴェン・ヨンケ、ニコラ・ラデルコヴィッチによって1998年にインダストリアルデザイングループとして結成。舞台美術、インダストリアルデザイン、空間デザインやパブリックアート、インスタレーションまで領域を超えた様々な分野でオーストリア、クロアチアを拠点に活動する。
「FOR USE」は主に機能的な家具等のデザインをするときに使用し、その枠を超え、より自由なクリエイションを制作するときは”本質・実質”の意味を込め「NUMEN」として活動をしている。
【近年の主な受賞歴】     
2012
Red Dod Award (Germany)
2011
Prague Quadrennial Gold medal for the Best Scene Design (Czech Republic)
Prague Quadrennial Gold medal for Best Use of Theatre Technology(Czech Republic)
2010
DMY Award (Germany)
Red Dod Award (Germany)
2009
Wallpaper Award
【近年の主な展覧会】
2013
“Net Berlin”, Opernwerkstätten Berlin (Berlin/Germany)
2012
“Net Hasselt” / “Tape Hasselt”, House for contemporary Art Z33 (Hasselt/Belgium)
“Tuft Pula”,Sveta Srca (Pula/Croatia)
“MATERIALS”, Danish Design Center (Copenhagen/Denmark)
2011
“Brit Insurance Award”, London Design Museum (London/UK)
“What Machines Dream Of”, Ars Electronica (Linz/Austria)
“Tape Flolence”, Fondazione Palazzo Strozzi (Florence/Italy)
“Tape Moscow”, Lexus Art Festival (Moscow/Russia)
“Tape Melbourne”, Fred Square (Melbourne/Austraria)
2010
“Tape Frankfurt Schirn”, Schirn Kunsthalle Frankfurt (Frankfurt/Germany)
“Tape Belgrade”, Mikser Design Expo, (Belgrade/Republic of Seibia)