HOME > SPIRALアーカイブ > パフォーミング・アーツ

spiral archive

パフォーミング・アーツ

2014
Dance New Air - ダンスの明日
新たなダンス・フェスティバルがスタート! 「Dance New Air - ダンスの明日」
2014
fabien prioville dance company
time for us
ファビアン・プリオヴィル 瀬山亜津咲 初めてのデュオ作品
2014
Co.山田うん
「春の祭典」「結婚」
振付・演出:山田うん 音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
ストラヴィンスキー「春の祭典」「結婚」を新振付で上演!
2013
スパイラル芸能の宴2013
『花 方』 〜第一章 「星逢いの宴」
伝承芸能各界の次代を担う見目麗しい継承者「花方」たちが「青山亭」を舞台に華やかな共演を繰り広げます。
2013
POWER OF ART DANCE SERIES VOL.2 上村なおか 森下真樹
駈ける女
かけるおんな
いよいよ今週末開催! 吹抜けの開放的な空間で女性ダンサーを紹介するダンスシリーズ2弾!!
2013
スパイラル芸能の宴2013
『花 方』 〜序章「花の宴」
日本の伝承芸能の次世代を担う見目麗しい若手継承者たちを、作家・岩下尚史がご紹介するシリーズ企画。
2012
DANCE TRIENNALE TOKYO 2012
世界の振付家・ダンサーが3年に一度、東京・青山を中心に一堂に集う日本最大規模のダンスの祭典【ダンストリエンナーレトーキョー2012】
2012
POWER OF ART DANCE SERIES VOL.1 黒田育世
「うみの音が見える日」
うみのこえがみえるひ
槇文彦によるモダニズム建築を代表するスパイラル。吹抜けの開放的な空間で女性ダンサーを紹介するダンスシリーズが誕生。
2012
POWER OF ART DANCE SERIES VOL.1 黒田育世
うみの音が見える日
うみのこえがみえるひ
槇建築の特徴でもある広々とした空間「アトリウム」で行うダンスシリーズ「POWER OF ART DANCE SERIES」。本シリーズの VOL.1 でご紹介するのは、国内外のフェスティバルで活躍する黒田育世。
2009
DANCE TRIENNALE TOKYO 2009
―限りなき瞬間― infinite moments
2002年にビエンナーレとしてスタートしたこのフェスティバルは、世界の振付家・ダンサーが3年に一度、東京・青山を中心に一堂に集う国内最大のダンスの祭典です。
2009
スティーヴ・パクストン+リサ・ネルソン ダンス プロジェクト
「Night Stand(ナイト スタンド)」
60年代アメリカのポスト・モダンダンスの中心人物であり、コンタクト・インプロヴィゼーションの創始者であるスティーヴ・パクストンによる34年ぶりの来日公演。
2009
スパイラル聲明コンサートシリーズvol.17 「千年の聲」
「咒立北斗法」
星曼荼羅 古代の星占い
スパイラル聲明コンサートシリーズ「千年の聲」第17弾となる今回は、北斗七星への法要をテーマにお贈りいたしました。
2008
Spiral Performing Arts Series vol.3
デュルシネア・ラングフェルダー & Co.「 デュルシネアの嘆き」
過去2回、代表作「ヴィクトリア」の公演で日本を沸かせたデュルシネア・ラングフェルダー。待望の最新作は「ドン・キホーテ」に登場する架空の女性、デュルシネア姫をテーマにしたもの。
2008
Spiral Performing Arts Series vol.2
ジル・ジョバン 「Text to Speech」
1997 年以降、ヨーロッパや南米を中心に、これまで11作品のダンス公演を発表してきた、スイスを拠点とするコンテンポラリー・ダンスカンパニー「ジル・ジョバン」の日本初公演を行いました。
2008
スパイラル聲明コンサートシリーズvol.16 「千年の聲」
「夜の歌-龍安寺」
砂のマンダラ-
第16回目となる今回は、『砂のマンダラ』と題し、ジョン・ケージ作曲による「龍安寺」と藤枝守作曲による「夜の歌」の2作品を、古典の聲明曲を交えた「四箇法用」の形式に折込み上演。
2007
スパイラル聲明コンサートシリーズvol.15 「千年の聲」
「布橋灌頂会」
浄土への架け橋
江戸時代に越中国立山山麓で盛んに行われていた山岳信仰儀式「布橋灌頂会」を、スパイラルガーデンに再現しました。
2006
DANCE TRIENNALE TOKYO 2006
社会におけるダンスの認知度向上を図るとともに、広くダンスの魅力を紹介することを目指し、スタートした本プロジェクト。
2006
Spiral Performing Arts Series vol.1
Yoko Ando Project Feel & Connect 「moiré」
新しい芸術文化の発信とコンテンポラリーダンスの訴求を目指す、Spiral Performing Arts Seriesの第一弾として行われた、Yoko Ando Project Feel & Connect 「moiré」。
2006
スパイラル聲明コンサートシリーズvol.14 「千年の聲」
「沈黙の鳥-The Silent Birds」
14回目を迎える今回は、パーカッショニスト高田みどり作曲の、声明とパーカッションによる『沈黙の鳥-The Silent Bards-』をお贈りします。
2005
スパイラル聲明コンサートシリーズvol.13 「千年の聲」
「論義ビヂテリアン大祭」
宮澤賢治の童話「ビヂテリアン大祭」の世界を聲明と狂言そして現代音楽のドッキングにより舞台化した画期的な試みです。1997年以来、6年ぶりに待望の再演!