spiral online store staff blog

お買い物はこちらから

永く使えるシンプルな生活雑貨・インテリア・デザイン雑貨を提案する スパイラルオンラインストア

ガラスの季節

オンラインストアでは本日よりガラス作家・八木麻子さんのプレートを販売しております。

八木麻子 特集ページ

ふだんはイヤリングやピアス、ヘアゴムなどをお取り扱いしていますが、八木さんのキルンワークによるガラスの豊かな表情がテーブルウェアとなることで、また違った表情が見えることでしょう。
毎年夏になるとスパイラルオンラインストア・スパイラルマーケット店頭でもガラス作品のお取扱いが増えます。今年は「paysage」と題してガラス作家さんと一緒にスパイラルマーケットオリジナルジュエリーを販売したり、店頭でも何名かのガラス作家さんに展示販売していただくなど、スタッフとしても目にする機会が多いと感じています。やはり涼を感じる素材だからでしょうか。

そこで今回は、異なるガラスの表情をテーマにガラスを中心に制作している作家さんの作品をご紹介したいと思います。


ガラス越しの世界


「ガラス」と聞いてまず思い浮かべるのは「透明なもの」という方は多いと思います。
スパイラルオンラインストアでお取扱いしている作家さんのガラス表現は非常に多様です。
ひとえに「透ける」といってもこんなに表情があるのかと感心する作品をご紹介します。
みずのみさ/モザイク花器

「透ける、光を通す」というガラスの魅力を作者のフィルターを通して表現しているみずのみささんの作品。代名詞でもあるモザイクシリーズはガラス棒制作から始まり非常に手のかかった一点ものです。
細かな線状の模様や、溶け合うように隣り合った異なる色のガラスは光にあたるとテーブルなどに美しい影を残します。
※オンラインストアでの在庫がわずかとなっております。ご購入はお早めに
八木麻子/「mozaic」スクエアS

本日より販売している八木麻子さんのプレート。
さまざまな色のモザイク柄の合間から透ける部分、さらにふちどりのコーティングから透ける表情。下に敷くテーブルクロスなどになじみつつ、絶妙な透け感をお楽しみいただくことができます。上品な和菓子などを召し上がっていただくときにおすすめです。


手作りのゆらぎ


スパイラルオンラインストアでは一点ものを多くお取扱いしています。
ものによって気泡の出方が違ったり、ちょっとした個体差がある作品は、手作りの温かみを感じて楽しみたいという方におすすめです。
河上智美/パイナップルグラス

「普段使いのガラス」をテーマに吹きガラスという手法で制作する河上智美のガラス作品。
おおらかに波打つような造形がパイナップルのようなのでこのような名前がついています。個体差はありますが、お客様ひとりひとりにとっての唯一無二のガラスとして重宝いただけるでしょう。
女性の手でもすっぽり囲めるほどよいサイズ感です。
sorte glass jewelry ソルテグラスジュエリー/SGJ-011SQ ガラス フープピアス(スクエア)
sorte glass jewelry ソルテグラスジュエリー/SGJ-011SQ ガラス フープピアス(サークル)

手作業で割られたガラスに金彩が施された「sorte glass jewelry」のアクセサリー。
方法だけ聞くと驚きますが、一点ずつ表情が異なりながら、金彩との組み合わせも相まって上品に耳元でゆらめきます。
sorte glass jewelryデザイナーの関野さんにお話をお伺いした特集ページでは、その制作過程を取材しています。



2つの質感


最後に、ひとつの作品でガラスの質感を2倍楽しめる作品のご紹介です。
paysage ペイサージュ/sorte glass jewelry+S アシンメトリーピアス


「sorte glass jewelry」とスパイラルマーケットとのコラボレーションジュエリー「paysage +S」の商品。
金彩の先から氷のようなフロスト加工のガラスが伸びた縦長のピアスと、「そこから金彩だけ抜け落ちたら」というアイデアで作られた小粒のキューブ型ピアス。
存在感の強い縦長ピアス、一瞬キラッと光る控えめなキューブ型ピアスの対比が面白い作品です。
片耳に2つつけたり、フロスト加工のピアスだけアクセントとしてつけるなど、さまざまな愉しみ方ができます。
paysage ペイサージュ/asako yagi+S ヘアアクセサリー(髪留め)

最後に、こちらも同じく八木麻子さんとスパイラルマーケットとのコラボレーションジュエリー「paysage +S」の商品です。
ふだんはやわらかな丸みのある表情の作品が多い八木さんですが、こちらの商品では「直線的でシャープな女性をイメージしながら」制作されたそう。
通常八木さんの作品は裏面に白い板ガラスを合わせて色を際立たせていますが、今回は透明なガラス板を重ねることにより、マットな面、キラッと反射する透明な面のコントラストを垣間見ることができます。八木さんにとっても、ちょっとした新境地となる制作だったのではないでしょうか。
こちらは全て一点もののアソートで残りわずかとなっております。ご購入はお早めに。


いかがだったでしょうか。
同じ素材でも、さまざまな手法や出来上がった時の表情がみられます。特に一点ものの作品は、届くたびにスパイラルオンラインストア/マーケットのスタッフ同士でも「今回はこんなふうに仕上がったのか」と毎度感動して話題になります。
作品に隠された作り手の想いやてまひま、様々な手法や表情に挑戦する姿勢を想像しながら選ぶと、また違った見え方ができそうです。

| カテゴリ 作家もの | 2017.08.18 19:20 |

profile

スパイラルのスタッフが、イベント情報やンラインストアのトピックスなどをリアルタイムでお知らせするブログです。

new entry

archives