spiral online store staff blog

お買い物はこちらから

永く使えるシンプルな生活雑貨・インテリア・デザイン雑貨を提案する スパイラルオンラインストア

秋の夜長に、コーヒーを

現在スパイラルオンラインストアでは「コーヒーアイテム」を特集してお届けしています。
私自身、お恥ずかしながらコーヒーを淹れるという習慣が全くなく、いつもカフェで頼むかコンビニのコーヒー缶で済ませてしまうので、自らドリップさせたり、強いては使う豆の種類や挽き方からこだわるということがとても新鮮なことに感じています。
そこで今回はコーヒー初心者から上級者まで、レベル別に生活に取り入れられそうなアイテムを順にご紹介していきます。

KINTO キント―/POUR OVER KETTLE プアオーバーケトル マット 900ml
ドリッパ―へお湯を注ぐ際は、お湯をかける場所をうまくコントロールするのがコツ。
900mlもの容量を持つにも関わらず長時間使用しても疲れにくいハンドルは、指にフィットするやさしい設計。傾けても落ちないフラップ式の蓋、湯の落ちる位置や量をコントロールしやすい注ぎ口など、すべてのディテールが「注ぐ」動作と一体となった自然で安定感のある使い心地です。
コーヒーに留まらず他のお飲み物でも使えるので、初心者の方にはおすすめです。


(左)TORCH トーチ/コーヒーサーバー「Pichii ピッチー」
(右)TORCH トーチ/グラスマグ「Pichii ピッチー」
カフェを経営していた中林孝之さんが作り上げた、コーヒーマニアのための理想のアイテムを取り揃える「TORCH」のアイテム。いずれも小鳥のように愛らしいフォルムが特徴ですが、ただ可愛いだけではなく、口径が狭まっていることで、コーヒーの香りが集まり、一杯のコーヒーをより深く大切に味わうことができるという理由があります。
メモリはありませんが、形状の突端部分を全体の三分の一として目安的に分量を計ることができます。ホット・アイスの両方使える耐熱ガラス製というのも嬉しいポイント。鳥のイラストが描かれたボックスもいちおしです。


(左)TORCH トーチ/コーヒードリッパー「Mountain COFFEE DRIPPER マウンテンコーヒードリッパー」
(右)TORCH トーチ/コーヒードリッパー「DONUT COFFEE DRIPPER ドーナツコーヒードリッパー」
同じく「TORCH」から形の異なるドリッパ―。
いずれも底の穴を開放することで抽出スピードが自然な状態になっており、内側壁面に段々を作ることで下へ落ちてしまうお湯を防いでいます。
背が低いほうの「マウンテンコーヒードリッパー」は1~2人用、背が高いほうの「ドーナツコーヒードリッパ―」は1~3人用。容量に対してドリッパ―の角度が違うことで、コーヒーの層を厚くし、お湯が出口に到達するまでに接するコーヒー粒の個数が最適になるように設計されています。


セラミック ステンレスコーヒーミル
ドリッパ―に仕込む豆をいかに挽くかも重要です。
「セラミック ステンレスコーヒーミル」は職人が丹念に磨き上げた、しっとりとした艶やかな美しさが光ります。
金属臭が無くコーヒー豆本来の風味を損なわないセラミック製。使いやすいグリップと、ドリップ方式に合わせた粗さを選べる粗さ(粒度)調節ネジも備わり機能性も抜かりない逸品です。


開化堂 かいかどう/コーヒー缶100g スプーン付き(銅・ブリキ)
コーヒー豆には消臭効果があるといわれていますが、それだけ豆が周囲の空気の影響を受けやすいということでしょう。保管する際に湿気や他の匂いから守り、本来の豊かな香りを守る必要があります。
京都の老舗茶筒メーカー「開化堂」のコーヒー缶は二重構造による高い気密性でこれを実現します。コーヒー豆以外にも茶葉やスパイス、パスタ、穀物など幅広いものにご利用いただけます。
上品な色合いと絹のような滑らかな手触り、まろやかな光沢は使うたびに手のひらで撫でることで素材特有の色の経年変化が生まれ、まろやかな光沢が深まっていきます。毎日大事に撫でていくだけの余裕が必要、という意味でも上級者向けアイテムかも?心のゆとりを持てているかの指標にもなりそうです。
詳しくは「開化堂」特集ページでぜひご覧ください。老舗の品を感じるパッケージもおすすめです。


他にもいくつか商品をご紹介しておりますので、この機会にぜひチェックしてみてください。
特集「コーヒーアイテム」

| カテゴリ キッチン・フード | 2017.10.06 13:32 |

profile

スパイラルのスタッフが、イベント情報やンラインストアのトピックスなどをリアルタイムでお知らせするブログです。

new entry

archives