spiral online store staff blog

お買い物はこちらから

永く使えるシンプルな生活雑貨・インテリア・デザイン雑貨を提案する スパイラルオンラインストア

秋の気配を演出する草花のコサージュ

空気が固体として見えてきそうな蒸し暑さはどこかに、秋の澄んだ空気が少しずつ増えてきましたね。
スパイラルマーケット/オンラインストアでも秋冬らしい商品のお取扱いが増えてきました。

今回ご紹介するのは作家・村上伊万里さんの草花のコサージュ。
様々な季節の草花をモチーフに制作している村上さんの、秋冬の落ち着いた気配にふさわしいコサージュの新作入荷、再入荷です。
本物の草花と見まがうような、繊細な観察眼をもとに細部までこだわり抜かれたコサージュ。
並べてみるとまるで植物図鑑を眺めているような感覚になります。
「コサージュ」というとサテンやオーガンジーなど、光沢があり華やかな素材で作られ晴れ着につけるもの、というイメージですが、村上さんのコサージュは綿や麻素材を染め、ワイヤーに巻きつけるなどの加工を施し作ったもの。
「より普段着に合うように」との想いからこのような素材を使用しているようです。

「本物の草花が美しく可愛らしいから、それを超えることできないけれど」
と語る村上さんですが、植物への畏敬の念が繊細な手仕事やリアルな表情に溢れているのではないでしょうか。
コサージュに使用されている綿や麻素材のラフなシャツに着けて楽しむのがおすすめです。
胸元につけたり、小ぶりなものは襟に着けてみてもかわいいでしょう。

(左)コサージュ 「洋種山牛蒡(ようしゅやまごぼう)A」
(右)コサージュ 「蛇苺の実(へびいちごのみ)」
いくつかのコサージュを集めて一度につけると、植物図鑑の挿絵を身に着けるようなコケティッシュな装いに。
華やかな色の作品と、落ち着いた色味の葉物の作品を組み合わせると互いに引き立ちます。

(左側の画像)
(左)コサージュ 「蛇苺の実(へびいちごのみ)」
(中)コサージュ 「松ぼっくり」
(右)コサージュ 「銀杏の葉」

(右側の画像)
(左)コサージュ 「乙女椿(おとめつばき)」
(左)コサージュ 「樅(もみ)」
村上さんが作家活動をはじめる前後のお話、コサージュ制作を行ううえでの想いについて「クリエイターズファイル」にてご紹介しています。

≫村上伊万里 特集ページ

村上さんの作家として初めての個展は、2008年にスパイラルマーケット店内で開催された「spiral market selection vol.141」でした。 展示エリアの面積に対し、どのように小さなコサージュを展示するか考えた結果、「標本のように見せる」というアイデアに至り、現在の桐箱のパッケージができました。
さらには、村上さんは独立する前にひびのこづえ事務所で衣装制作アシスタントをされていたのですが、ひびのさんとの出会いも2005年に開催されたスパイラルでの展示(ひびのこづえ exhibition performance「・・/・・/・・ク(つづく)」)だそう。
一作家さんの活動にスパイラルがきっかけとなることが何度かあったというのは、とても嬉しいものです。

村上さんのコサージュはオンラインストアのみのお取扱いです。
ぜひその繊細で愛らしい世界を味わってみてください。

| カテゴリ 作家もの | 2017.09.08 13:59 |

profile

スパイラルのスタッフが、イベント情報やンラインストアのトピックスなどをリアルタイムでお知らせするブログです。

new entry

archives