spiral online store staff blog

お買い物はこちらから

永く使えるシンプルな生活雑貨・インテリア・デザイン雑貨を提案する スパイラルオンラインストア

「季色 TOKIIRO×木村香菜子」コラボレーション

「生きる、生かす、育てる」をコンセプトに、多肉植物で移ろう季(とき)を感じられるアレンジを空間に表現するユニット「季色 ときいろ」。
これまでもさまざまな作家の器を使用しタブロー(壁掛けの板絵または作品)を制作してきた彼らですが、今回スパイラルオンラインストアのオリジナル企画により、当ストアでもおなじみの陶芸作家・木村香菜子さんとのコラボレーションが実現。特別な限定タブローができました。

木村香菜子さんの陶器は釉薬のニュアンスと淡い色遣いが美しく、そこに日々変化していくみずみずしい多肉植物が組み合わさったことで、普段食卓に並ぶイメージの木村さんの作品にとっても新境地が開けたのではと思っています。
今回は限定タブローはもちろん、両者の他の作品もあわせてご紹介します。
≫季色 TOKIIRO×木村香菜子/限定タブロー オーバル

オーバル型のタブローは、丸みのあるフチ飾りが寄せ植えされた植物を優しく囲むようなデザイン。
木村香菜子さんの定番「フチ飾り」シリーズから今回のタブロー用に2色選んでいます。
≫木村香菜子 きむらかなこ/フチ飾り楕円皿 S(3色)

現在オンラインストアでお取扱い中の「フチ飾り」シリーズは手のひらサイズの小さな楕円皿。
和洋のお菓子を品よく載せて召し上がっていただいても、小物入れにしても中身が引き立つようなデザインです。タブロー同じく、特に「グリーン」の色ムラのニュアンスが美しくおすすめ。
≫季色 TOKIIRO×木村香菜子/限定タブロー スクエア

スクエア型のタブローは、陶器のフチに錆釉を施したイエローとライラックの2色、明るい色合いながら甘くなりすぎないテイストに植物が映えるデザイン。
こちらも木村香菜子さんのパステルカラーシリーズをベースに、今回のコラボレーション用に厚みのあるタブローを特別制作いただいたものです。
≫木村香菜子 きむらかなこ/フリーカップ(3色)

タブローの「ライラック」にも色が近い「イエロー」があります。いずれも内外のフチに広がる釉薬がポイント、スタッキングできるのもうれしいアイテムです。
このほかにも、ピンク、イエロー、ホワイトの3色展開のプレートやカップをオンラインストアでお取扱い中です。残りわずかのお色もありますので(2017年10月20日現在)購入を検討される方はお早めに!

≫木村香菜子 商品一覧


さて、コラボレーションタブローに話は戻りますが
陶器からいきなりにょきっと生えてる多肉植物、どのように生えているか一見不思議な作品となっています。
上の写真のように、多肉を根元からカットし根元を乾燥させたのち、陶器の土台に穴を開け、多肉の茎を挿し入れ、その回りに水苔を詰め込んでいます。この作業を繰り返していき、土台に隙間なく多肉を詰め込んでいくようです。
普段鉢植えなどから生えているのを見かけるのがほとんどなので、このようにしても多肉植物が生きることができるのが意外でした。
上の写真はTOKIIROさんがリースを制作している時の様子です。
「秋冬に多肉植物のリース」と聞くと不思議ですが、最初は緑だけだったリースが、次第に紅葉したものと緑のままの多肉植物がまざりあい円を描いた光景は寒い季節に美しい存在感を放ち、まさに時間の流れを体現したアートといえます。
S、M、Lの3サイズご用意しておりますので、みなさんの暮らしにあわせてお選びください。
(左から)リース裏面、紅葉途中の多肉植物

≫季色 TOKIIRO/Wreath 多肉植物のリース S
≫季色 TOKIIRO/Wreath 多肉植物のリース M
≫季色 TOKIIRO/Wreath 多肉植物のリース L


TOKIIROさんの作品はいずれも千葉のアトリエで一点一点丁寧に仕上げた後、直送にてお届けいたします。
詳細は各商品ページからお読みください。

| カテゴリ 作家もの | 2017.10.20 16:55 |

profile

スパイラルのスタッフが、イベント情報やンラインストアのトピックスなどをリアルタイムでお知らせするブログです。

new entry

archives