spiral online store staff blog

お買い物はこちらから

永く使えるシンプルな生活雑貨・インテリア・デザイン雑貨を提案する スパイラルオンラインストア

春のペールトーン 後編

一瞬春のぽかぽかした空気が出てきたと思ったら、夜は相変わらず0度近い気温だったり、先日首都圏では朝からみぞれが降ったり。まだまだ季節の端境期ですが、いつのまにか日が出ている時間が長くなっていますね。

オンラインストアでも春らしい商品の準備が着々と進んでいます。目にする色合いや描かれたものを見て、ふと「花鳥風月」という言葉を思い出しました。
字面がなんとなく春らしいことから頭をよぎったのですが、ちゃんと調べてみると
「自然の美しい景色。また、自然の風物を題材とした詩歌や絵画などをたしなむ風流にもいう。」
という、季節を問わずに使える四字熟語だそう。
新しい生命が芽吹く季節だからか、女性的で自然や動植物へのあたたかな眼差しを感じる作品に無意識にアンテナが向かう気分。前回のブログ記事「春のペールトーン 前編」では色彩にフォーカスしましたが、今回はさらにモチーフとなっているものにも目を向けてご紹介したいと思います。
≫KOTONOWA コトノワ/風呂敷 Heini Riitahuhta 50×50(3種)

気持ちを、伝統を、言葉を「結ぶ、守る、伝える」をテーマに風呂敷文化を現代の生活に取り入れることを提案する「コトノワ風呂敷/KOTONOWA」とフィンランド人デザイナーHeini Riitahuhta(ヘイニ・リータフフタ)のデザインが融合した風呂敷。
「北欧の感性は日本人のそれに通じるものがある」とはよく言われることですが、ドットやラインによって表現された花の絵柄は新しいようで日本の風呂敷になじむテクスチャーがあります。木綿100%のやさしい手触りにもぴったり。
細かなドットを丁寧に描くHeiniのことを想像すると、自然に対する眼差しの深さに感情移入できそうです。
≫BIRDS’WORDS/「BIRDS&FLOWERS」シルクスクリーン ポスター 20×20(3色・額なし)
≫専用額縁

BIRDS' WORDSの花と鳥のドローイングポスター。
オンラインストアでも人気の陶器のブローチ、「bird tile」と「flower pin」のスケッチを集めたように朗らかな印象。ゆるやかなテンポで時が流れるリラックスした空間づくりを手伝ってくれます。
陶器の食器やアクセサリー、ドローイングとオンラインストアの中でも特に作品のかたちの幅が広い作家さんです。ブランド名のとおり、やはりメインのモチーフとなるのは鳥。
≫BIRDS’WORDS/ピンブローチ「birds of hope」L(5色)
≫Mサイズ(5色)
≫Sサイズ(5色)

3サイズ×5色、色によって陶器の肌質が違うので、ぴったりな1つを見つけてみてください。
このピンブローチは震災の復興支援のために作られました。「小さな鳥たちですが、集まれば大きな群れをなし希望の力になると信じています」という想いが込められています。売上の一部が被災地の復興活動に寄付されます。
≫BIRDS’WORDS/「PATTERNED CUP」(citron green/ecru/shell pink)

磁器の産地、長崎県・波佐見で生まれたしっかりとしたカップには作家自身が製作したハンコで全体に模様がつけられています。釉薬のしっとりした風合いに隙間なく埋められた模様の凹凸が手触りを良くし、手に馴染むサイズはずっと持っていたくなる心地良さです。
≫MUSTAKIVI/カップ「SEIJI(青磁)」(3サイズ)
≫MUSTAKIVI ムスタキビ/プレート 角 SEIJI CHIRASHI(青磁ちらし)

同じく陶器制作で人気のテキスタイルデザイナー・陶芸家の石本藤雄氏が主宰するギャラリー兼茶房「MUSTAKIVI」の食器シリーズ。白磁と青磁の2色が美しい「SEIJI」のそば猪口のような高台のないデザインは、湯飲みや抹茶碗といった用途の他に、小鉢等としても幅広くご使用頂けます。正方形プレートとセットでのご使用がおすすめです。

石本氏の作品のベースになっているのは、幼少の頃を過ごした愛媛県砥部町の原風景と、20代から現在までを過ごす北欧フィンランドの豊かな自然。春のやわらかな光に包まれた空、もしくは海を彷彿とさせる色は、新しい季節の期待感を上品に演出します。
≫有川京子の葉の器

スパイラルマーケット店頭で定番のシリーズが先日オンラインストアでもお取扱い開始となりました。
群馬県の赤城山のふもとの自然に囲まれた工房にて「たたら作り(粘土を薄く板状にし加工する方法)」という手法で作陶している有川さん。葉がそのまま器になったかのような表情豊かで愛らしい作品です。
透き通っていきそうなやわらかい緑色は、きっと新緑のころに有川さんが庭で見た景色からインスピレーションを受けているのかもしれません。

「庭」のつながりで紹介するのがこちらの商品。
≫ひびのこづえ/ハンカチ「庭」(2種)

コスチュームアーティストとして、どこかコケティッシュな魅力ある作品を紡ぎ出すひびのこづえさんのハンカチ。可愛らしいのにとても大きなエネルギーが今にもハンカチからとびだしてきそうです。描かれたイラストとタイトルの組み合わせも毎度楽しみになります。
(左)≫mapoesie+S constance マポエジーズ コンスタンス/フラワーベース M(2色)
(右)≫mapoesie+S constance マポエジーズ コンスタンス/フラワーベース S(2色)

最後にご紹介するのはスパイラルオリジナル商品。普段はテキスタイルブランドとしてそのグラフィカルで華やかな世界を展開するフランスの「マポエジー」とセラミック・ジャパンのタッグにより、日本のものづくりの魅力にこれまでとは異なる視点から光を当て、新たなMade in Japanを提案しています。
グラフィカルなラインは草花の自然な曲線と見事に調和、釉薬の仕上がりもハーフマット・ツヤ・結晶とさまざま。花を活けていないときでも、フラワーベース自体がひとつのアートピースのような存在感で空間を彩ります。

| カテゴリ オンラインストアスタッフ | 2018.02.28 14:28 |

profile

スパイラルのスタッフが、イベント情報やンラインストアのトピックスなどをリアルタイムでお知らせするブログです。

new entry

archives