spiral online store staff blog

お買い物はこちらから

永く使えるシンプルな生活雑貨・インテリア・デザイン雑貨を提案する スパイラルオンラインストア

春のひかり

先日都内ではまさかの春の雪が降りましたが、打って変わって温かな陽射しが降り注ぐ日が続き、満開の桜も太陽に向かって溢れんばかりに咲き誇っています。

春の訪れとともに、スパイラル1階のMINA-TOがこの度2周年を迎えることとなりました。
2周年を記念し「春のひかり」というテーマで作家さんをご紹介するほか、先日は歌人の野口あや子さんと共にワークショップを開催するなどの関連イベントが行われました。
関連展示は4月4日(水)までの開催となりますので、スパイラルにいらした際はぜひ足をお運びください。
詳しくはこちらのページをご覧ください。


寒さを抜けたあとの陽射しの眩しさ・暖かさは希望にあふれるものです。
また、それとともに草花の匂いがただよい、人間だけでなく様々ないのちがこの季節を待ちわびていたのだなと感じます。
今回のオンラインストアブログでは、春分を境に陽の出ている時間が日に日に長くなっていく時にこそ楽しみたい、作品自体の透かしの表情やそこから落ちる影、光の反射が魅力的なアイテムをご紹介します。


まずは最近スパイラルオンラインストアに初登場したvivo stained glass worksのステンドグラス作品。
≫vivo stained glass works/BIRD BLUEBIRD ブルーバード(4種)

「Bluebird」は青と白のマーブル模様のガラスと、波立つ水面のような透明のガラス、アクセントとなる赤いクチバシの組み合わせがさわやか。

「ステンドグラス本体よりも、そこに差し込む光。そして、その光がガラスを通して映し出す影が魅力」と語るデザイナー羽田桜さん。本体に使用されているさまざまなガラスの色や凹凸の表情ももちろん素敵ですが、季節ごとや飾る場所によってさまざまな影のかたちが見えるのがvivo stained glass works作品の醍醐味。
普段の生活に取り入れやすいようにとの作家の想いから、装飾等で目にするステンドグラスと比べ、よりナチュラルでスモーキーな色合い、ステンドグラスから影がどのように落ちるかを意識して、ひとつひとつ丁寧に作られています。
≫vivo stained glass works/LEAF リーフ ツルクサ(5種)

朗らかな曲線のかたちが個性的な「ツルクサ」。緑系のガラスでまとめられていますが、やはり色や凹凸はそれぞれ。個人的には今回ご紹介するvivo作品のなかでも、どのように色が落ちるか一番予測がつかず逆に楽しみでもあります。
≫vivo stained glass works/OBJECT 台座付きオブジェ(3種)

これまでにご紹介した2点は、できれば天井から吊り下げて飾っていただきたいのですが、そのような環境を作るのが難しいというかたにおすすめしたいのが台座付きオブジェ。
流木をカットした台座とガラスの組み合わせがこれまた個性的。台座を外して作品のみを壁に立てかけることもできます。
≫みずのみさ/はしおき(えんどう・ひょうたん)

「透ける、光を通す」というガラスの魅力を表現するみずのみさ。箸置きは現在「えんどう」と「ひょうたん」の2種類お取扱い中です。
手作りならではの個体差があるため、いくつか揃えるとそれぞれに愛着がわくでしょう。
食卓で静かに手元で光を透かし、みずみずしい季節感を感じさせてくれます。

みずのさんのユーモアと愛情あふれる素材へのまなざしがそのまま形になったようなアイテムは、他にもご用意しておりますのでぜひご覧ください。
≫みずのみさ作品一覧


透かしが魅力の2作家に対し、今度は光を受けて「放ってくれる」アイテム。
≫サンキャッチャー「バー・ドロップ(BA38)」

「サンキャッチャー」とは、部屋の窓際などにかけて太陽の光を当てることでプリズムのように分光させ、小さい虹色の光の模様をお部屋の中に作るためのインテリアアクセサリーで、「レインボーメーカー」とも呼ばれています。
太陽の光があたるとお部屋に虹と幸せを運んでくれると言われ、また風水では「気」を取り込み、浄化して良い「気」を生み出し、幸せと運気を上げるラッキーアイテムとも。

スワロフスキー社製の世界最高級のクリスタルガラスを使用し、美しくカットされたサンキャッチャーは自然光を受け、キラキラと虹色の光を放ってくれます。
テグス(約17cm)付きで飾り付けも簡単です。


光を受けて一層魅力が増すのはガラスだけではありません。
≫D-BROS/フラワーベース「Hope Forever Blossoming」(808F 2種)

一見すると何気ないビニールパックですが、水を入れると美しい花瓶に変身する人気のフラワーベース。
水を入れたときの光の屈折が美しく、割れることもないので安全で、折りたたむと場所をとらずに収納できます。
ちなみにおととしの話になりますが、D-BROSの商品デザインを手がけていた植原亮輔さん、渡邊良重さんのユニット「KIGI」の展示が静岡県三島市にある「クレマチスの丘」のヴァンジ彫刻庭園美術館で開催されていました。
ちょうど4月の終わりにあいにくの雨模様になってしまったのですが、春らしいやわらかな雨と美術館に差し込む光、そして「Hope Forever Blossoming」シリーズが並んだようすがとても美しく、こんな光の差し込み方も素敵だなぁと感動しました。鮮やかな色合いは雨の日にも静かに映えますね。

上記商品以外にもD-BROSのビニールのフラワーベースを多数ご用意しておりますのでお気に入りを組み合わせてみてください。
≫D-BROS「Hope Forever Blossoming」シリーズ一覧
≫100%/SAKURASAKU glass サクラサクグラス(タンブラー)紅白セット

最後にご紹介するのが、今の季節にぴったりな桜のグラスタンブラー。
外気とグラス内部の温度差で生じる結露の現象によって、桜の形になっている底面から卓上に「桜の花が咲く」という仕掛けがあります。淡くかすかなピンクの色が上品です。
グラスは江戸川伝統工芸士の認定を受ける職人による手作りで、サクラの複雑な形をガラスに反映させ、結露を美しく見せるために非常に高度な技術を用いています。また美しい桜色を出すために原料に特殊な素材を使っています。
木箱入りで結婚祝いや贈り物にも最適です。



きらきらとした街中の空気とともに、生活にも光を感じるアイテムを取り入れていただければと思います。
あっという間に3月も終わりを迎えようとしていますが、新生活に向けてまた毎日を愉しんでいただけるアイテムをスパイラルオンラインストアから引き続きお届けしてまいります。

| カテゴリ オンラインストアスタッフ | 2018.03.30 15:05 |

profile

スパイラルのスタッフが、イベント情報やンラインストアのトピックスなどをリアルタイムでお知らせするブログです。

new entry

archives