HOME > イベントスケジュール > 花いけバトル「王者決定戦シリーズ2014」第三戦

live

花いけバトル「王者決定戦シリーズ2014」第三戦

日程: 2014.08.18
会場:CAY

観客の眼前で複数のバトラーが花をいける。
同じ制限時間、同じ器、同じ花。 条件は各回異なるものの基本のルールはとってもシンプル。
観客を魅了させたバトラーの勝ち。
果てることのない情熱のぶつかり合い「花いけバトル」。 戦うことに意味があるのか?時間制限が何を生むのか?
いけばな界、また各界からの非難、罵倒を浴びつつも、これを受け止め、争うことによって自らを高め、更なる美しさを求める事、「花いけ」の素晴らしさを広める事を目指し、常に進化を続けて参りました。

この度のバトラーは
「絆と情熱のボタニズム」、ブルームウィンクル代表 中三川聖次。
「命を吹き込む魔法の手」、いけばな作家 伊藤庭花。
そして、「脳内図面の花建築家」unite Designer 野崎晶弘。

その物自体が美しい花に、新たな見解、美しさを与える匠の技の連続演舞。この日この瞬間しか体験できない、希少かつ豊満なお花見を。
是非華やいでお出かけ下さい。
◆イベント概要◆
日程:8月18日(月)
時間:OPEN 17:30/ START 19:30
料金:予約 4,000円 当日 4,500円
席種:着席または立見
※当日、整理券を15:30から、会場入り口にて配布致します。17:30から整理番号入場、以降は先着順のご入場となります。規定枚数内(100名様)でご予約頂いたお客様のお席は確保致しておりますので、ご来場可能な時間にお出かけ下さい。
※お席確保の規定枚数内(100名様)に達しましたのでメール予約を終了致しました。当日券のご案内時間は17:30改め、19:15に変更します。立ち見のみになります。


会場:CAY(スパイラルB1F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 ACCESS MAP

出演 :中三川聖次(ブルームウィンクル 代表)
    伊藤庭花(いけばな作家 小原流研究院元講師)
    野崎晶弘(unte主宰 designer)

審査員:塚越応駿(いけばな松風副家元 2013年花いけバトル王者)
    宍戸純(株式会社大田花き 営業本部 販売チームリーダー)他

司会進行:日向雄一郎(花美術家 / 草月流)

コメンテーター:川崎景介(花文化研究者 / マミフラワーデザインスクール校長)
        松田隆作(いけばな作家)
        瀬沼健太郎(ガラス工芸家)

協力:うつわ謙心 SYUNKA

※当日はご飲食もできますので、是非ご利用下さい。


主催:花いけバトル実行委員会
企画:制作/花いけバトル実行委員会
共催:CAY

ご予約のお問い合わせ先:CAY 03-3498-7840(平日12:00〜20:00) cayyoyaku@spiral.co.jp

スパイラルは、2014年8月11日(月)〜15日(金)まで施設点検のため全館休館いたします。
上記期間中は電話は不通になりますので、ご了承ください。メールにていただきましたお問い合わせに関しましては、16日(土)以降、順次お返事をさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

中三川聖次「絆と情熱のボタニズム」
ブルームウィンクル代表

園芸専門学校で基礎を学び、様々な花屋で修業。1999年独立。
花時間、フローリスト等に作品を掲載。
渋谷西武百貨店や、玉川髙島屋、福岡でもデモンストレーション等もおこなう。現在 玉川髙島屋 コミュニティクラブたまがわ内にて「季節と色彩の花講座」講師をつとめる。2005年12月TV番組『たけしの誰でもピカソ』に出演。
2012年 玉川髙島屋 百花祭 本館シャネル口 フラワーディスプレイ を3週間担当。新しい提案と業界への貢献をフラワーデザインという中に凝縮しながら、花の世界を自分の作品を通して、様々な方に感じてもらえるように幅広く活躍中。
伊藤庭花「いのち吹き込む魔法の手」
いけばな作家 小原流研究院元講師

1996年から15年間、「Ⅰ空間」と題して植物によるインスタレーション作品を発表し続ける。その間、ロンドン、ニューヨーク、越後妻有アートトリエンナーレ等においても植物インスタレーション作品を制作する。
現在、いけばなの教授活動をしながら、花を生ける人生を歩む。
野崎晶弘「脳内図面の花建築家」
unte主宰 desiner  

建築職人から26歳で花の世界に飛び込む 以降20年間 主に冠婚葬祭の現場で学ぶ。そのほかステージを変え競技会等毎年出展。
作品製作に関しては建築デザインから学んだ線の細い強固な構造とメカニックをそのまま見せ、花とのバランスをとってスケールの大きな作品を作るのが得意。
また花の作品にはあまり見られない構造のビス1本まできれいに見せるスケルトン的な技法を模索中。
フラワーアートアワード 2010年 2011年 2014年 最優秀賞
など数多くの大会で受賞している。
器作家紹介:川辺雅規

1971 栃木県生まれ
1997~2007 金津創作の森ガラス工房 Ezra Glass Studio
2007~2009 Edols Elliott (オーストラリア)
2010~2013 富山ガラス造形研究所
2013~   富山ガラス工房

主な受賞歴
2008 第3回ガラス大賞展・富山2008 奨励賞
2009 第4回現代ガラス展in山陽小野田 大賞
   Ranamok Glass Prize, Finalist (Australia)
2010 越中アートフェスタ2010 優秀賞/北日本新聞社賞
2012 第5回現代ガラス展in山陽小野田 土屋審査員賞
   第8回富山市美術展2012 大賞