HOME > イベントスケジュール > 神楽岡久美『光を摘む』

exhibition

SICF16 グランプリアーティスト展

神楽岡久美『光を摘む』

期間:2015 年 10 月 2 日(金)~10 月 8 日(木)
会場:ショウケース(スパイラル 1F)

光を摘む

光は万物に反射し、私たちの瞳をうつ。 それは目に見えない速さで、鮮明な視界を広げている。 「反射する光の粒を瞬時に摘み、それを束にし、確かな情報として記憶にとどめている。」 としたとき、視力という身体能力は、システマチックでスピーディーだが、 私は自分の意思で光を摘み、束ねてみたいと思った。 そこにどんな世界を見ることができるだろう。
神楽岡久美
今年 5 月に開催した「SICF16」(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)に於いて参加100組のクリエーターの中からグランプリに選ばれた神楽岡久美による個展 『光を摘む』を開催します。

神楽岡久美によるシリーズ作品『光を摘む』は、小さな鏡による光の粒の集合体に、鑑賞者が点描画のよ うに映し出され、見る者と作品が呼応する様がとても印象的な作品です。作品自体が「アートを生み出す 装置になる」という視点や、「光を捉える」という明快なコンセプトと、コンセプトに対する緻密な裏付け の提示が評価され、「SICF16」でグランプリを受賞しました。本作は、アナログな手法で、まるでデジタ ル化されたかのような自分の姿と対峙する視覚体験を通じ、我々に新たな視点を与え、未知の世界へいざ ないます。 今回の個展では、『光を摘む』のシリーズを引き継ぎ、作品規模を拡大させ、周囲の環境を取り込みながら よりダイナミックに、空間インスタレーションを展開します。
■開催概要■
会期:2015年10月2日(金)~8日(木)11:00~20:00 入場無料
会場:ショウケース (スパイラル1F)
〒107-0062 東京都港区南青山 5-6-23
お問い合わせ:03-3498-1171(スパイラル代表)
主催:株式会社ワコールアートセンター      
企画制作:スパイラル
■作家プロフィール■
神楽岡 久美(かぐらおか・くみ)

【略歴】
2012   武蔵野美術大学大学院造形研究科デザイン専攻空間演出デザインコース 修了
2012-14 玩具企画デザイン会社にて商品企画、開発、デザイン、展示空間ディレクターを務める。

【主な受賞歴】
2008「装苑」第83回装苑賞 入選
2012 武蔵野美術大学大学院 修了制作優秀賞 受賞
2015 SICF16 グランプリ 受賞

【主な活動】
2007「”r u shinbi ?!”」グループ展 (アートギャラリー&ショップ キアン/東京)
2009 津村耕佑氏キュレーション「DREAM CONSCIOUS かたちになりかけた夢」(YUKA CONTEMPORARY/東京)
2010 六本木アートナイト「津村耕佑による星空傘」にて「星雲の傘」制作 作品提供
2010 WINTER MARKET TOKYO CET AREA COLLECTION -HOME PARTY- 作品提供
2010 グループ作品展示(十和田現代美術館/青森)
2011「sakiori-bu 企画 裂織ワークショップ」企画(十和田現代美術館/青森)
2015 SICF16 出展(スパイラルホール/東京)
■SICFについて■
SICF (スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル) は、スパイラルが企画運営する公募展形式のアートフェスティバルです。
さまざまなジャンルのクリエーター100組を選出し、毎年ゴールデンウィーク期間中、スパイラルホールを舞台に、次代を担う新しい才能を紹介しています。来場者の投票によって決まるオーディエンス賞をはじめ、各審査員賞、準グランプリ、グランプリが選ばれ、これまで数多くのクリエーターが活動の舞台を広げて活躍しています。
公式ホームページ