HOME > イベントスケジュール > スクリーンに映画がかかるまで~つくる・かう・ひろめる仕事について学ぶ~

lecture & workshop

スクリーンに映画がかかるまで~つくる・かう・ひろめる仕事について学ぶ~

日時:2017年11月26日13:00−15:00
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)

映画がスクリーンに上映されるまで、どれくらいの人が関わるのでしょうか?

本講座では、映画が上映されるまでのプロセスに関わっているゲストの方々から、それぞれの仕事内容についてお話を伺っていきます。

これまでの講座では、映画監督や元配給会社買付担当、宣伝会社代表の方々から、様々な映画のスクリーンに映らないエピソード、仕事の流れ、大事にしていることなどについて学んできました。

映画を通じて人生が豊かになるように、
映画人によるお話をどうぞお楽しみください!
第10回 2017年11月26日(日)/ゲスト:とちぎあきら
フィルム・アーカイブの仕事 ~フィルム・アーキビスト的映画の向き合い方~

自分が生まれていない時代の文化や情景を古い映画で知り、時には共感することができる。これは、映画の持つ大きなの魅力の一つです。
一方でフィルムという有限的な物質に焼き付けられた作品を長く観つづけるためには、保存や復元が必須となります。
今回は東京国立近代美術館フィルムセンター主幹のとちぎあきらさんをお迎えし、お話を伺います。
フィルム・アーカイブは作品の保存、復元だけでなく、それを広く公開していくこともミッションとしています。
専門的な知識と技術を持ったフィルム・アーキビストとして映画との向き合い方や、
日本と海外での現状など、実際の映像も交えながら最前線の取組みについてお聞きします。
小津安二郎監督の戦前作品はその半分近く、溝口健二監督の作品は8割が失われているという統計があります。
どうにか戦火をくぐり抜け残った作品や海外へ散逸しているものを「途方に暮れつつ、集めつづける」仕事によって、日本映画が文化としてきちんと継承されていく。
まだまだ一般的に知られていないフィルム・アーカイブについて深く知る貴重な機会。是非ご参加ください。

とちぎあきらさんよりメッセージをいただいています↓
「あらゆる映画・映像に固有の価値を認め、その価値をできる限り長い間損失させないよう、保存・復元に心がけ、それを鑑賞する人たちが、いつの時代にあってもそこにかけがえのない価値を見いだせるよう、公開に努めることが、フィルム・アーカイブのミッションであるとすれば、その仕事の従事するフィルム・アーキビストは、どのように映画と向き合っていけばいいのか。
フィルム・アーカイブの世界は、未だにごくごく小さな世界で、アーキビストが典拠とするような教科書もなく、
共有されたスタンダードに基づく資格もありません。そのため、ごく少数の者たちが、山のような日々の課題を前に、自問自答を繰り返しながら、遅々とした歩みを進めているのが、私たちの世界の現実です。
一人でも多くの人が、フィルム・アーキビストを職業とし、保存と公開をより太い車軸で結ばれた両輪として動かしていけるような状況を作ることが、私自身の願いであり、自分自身の話をすることで、聴講していただく方々に、少しでもその意義が伝われば、本当に嬉しく思っています。」
〈講師 プロフィール〉
とちぎあきら(東京国立近代美術館フィルムセンター主幹)

ニューヨーク大学大学院映画研究科修士課程を卒業後「月刊イメージフォーラム 編集長を経て、フリーで映画に関する翻訳や執筆、映画祭の作品選定などに関わる。2003 年より、フィルムセンターにて、映画フィルムの収集・保存・復元および貸与などのアクセス対応に従事、黒澤明『羅生門』、小津安二郎カラー作品、松本俊夫『銀輪』などのデジタル復元に携わる。本年より現職。
■開催概要■
開講日:2017年11月26日(日) 13:00-15:00(12:30開場)
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
   東京都港区南青山5-6-23
受講料:3,000円(飲み物代込/税込)
定員:40名

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
コーディネーター:平山 玲

■講座お申込み方法 <メール申込>
件名にご希望の講座名を明記の上、本文にご希望参加日、氏名、年齢、職業、連絡先を記したものを下記のアドレスまでお送りください。
school@spiral.co.jp

※追って、受付完了のメールをご返信させていただきます。
※受信拒否設定をされている場合は、@spiral.co.jpのドメインを受信許可にして下さい。
※万が一お申し込みいただいてから、3営業日内に返信がない場合は、大変お手数おかけしますが、お電話(スパイラルスコレー担当03-3498-1171)にてお問い合わせ下さい。
※お申し込みをキャンセルされる場合は事前にご連絡をお願い致します。
ご連絡なくキャンセルされた場合、次回以降のお申し込みをお断りする場合があります。
※いただいた個人情報は、スパイラルスコレーが関連するイベントのご連絡や情報配信以外には利用いたしません。
【これまでの講座】
第1回 5月9日(土) ゲスト:土肥悦子 〜ユーロスペース時代の作品買付・宣伝の仕事〜 ※終了しました。
第2回 7月4日(土) ゲスト:諏訪敦彦 〜映画監督 諏訪敦彦さんによる映画をつくる仕事〜 ※終了しました。
第3回 9月5日(土)/ゲスト:野下はるみ 〜映画宣伝プロデューサー野下はるみさんによる映画をひろめる仕事〜 ※終了しました。
第4回 11月14日(土)/ゲスト:上田謙太郎 〜映画作りを体験するワークショップ『シネロール』〜 ※終了しました。
第5回 2016年1月23日/ゲスト:矢田部吉彦 〜東京国際映画祭 作品選定ディレクター 矢田部吉彦さんによる映画祭についてのお話〜 ※終了しました。
第6回 2016年6月12日/ゲスト:スージュン ~インディペンデント(独立系)映画会社の製作・配給・買い付けについて~ ※終了しました。
第7回 2016年9月25日/ゲスト:土肥悦子、工藤雅子 ~こどもが映画と出会うときをとびきり素敵なものにするために~ ※終了しました。
第8回 2016年11月20日/ゲスト:杉野希妃 ~女優、監督、プロデューサー、様々な視点から関わった映画について~ ※終了しました。
第9回 2017年2月27日/ゲスト:矢田部吉彦 ~東京国際映画祭作品選定ディレクターによる映画祭についてのお話 2017~ ※終了しました。
▶「Spiral Schole」について
スパイラルと運営母体のワコールが共同で推進するエデュケーションプログラム。開館30周年を記念し、2015年4月にスタートしました。本プログラムでは、スパイラルとワコールがこれまでに培ったノウハウとネットワークから選び抜いた、経験豊かなプロフェッショナルを講師として迎え、様々なニーズに合わせた講座を実施しています。
http://www.spiralschole.com