『19市町の花通り制作記録 山口をひらく』出版記念アーティスト・トーク

トークゲスト:三角みづ紀(詩人) 在本彌生(写真家) 石塚元太良(写真家)
2019.1.15

2018年12月発売の『19市町の花通り制作記録 山口をひらく』の出版を記念したアーティストトークイベント。

明治維新から150年を記念して山口県山口市で開催された、第35回全国都市緑化やまぐちフェア「山口ゆめ花博」。会場のメインプロジェクトとなった「19市町の花通り」は、華道家・假屋崎省吾、詩人・三角みづ紀、写真家・在本彌生と石塚元太良によって、いけばな・詩・写真とそれぞれのアプローチで山口県の19の市と町を表現しました。

山口のすべての土地を巡り、2年間にわたるアーティストたちの制作記録を綴った『山口をひらく』とともに、三角氏、在本氏、石塚氏の3名を招き作品制作をめぐるトークを行います。

同会場で行ったもう一つのプロジェクト〈ナイトプログラム/KIRARARING〉についてもご紹介します。

■ 開催概要

『19市町の花通り制作記録 山口をひらく』出版記念アーティスト・トーク

日時:2019年1月15日(火)  18:30-20:30(開場18:00)
会場:スパイラルルーム(スパイラル 9F) 東京都港区南青山5-6-23

参加費:500円|事前申込制|定員20名

お問い合せ先:プロジェクト担当 程塚 03-3498-1171

主催:株式会社ワコールアートセンター

企画:スパイラル

 

 
■ 申込み方法〈メール申込〉
 

件名に「山口をひらく 申込希望」と明記の上、本文にご参加者氏名、職業、連絡先を記したものを下記のアドレスまでお送りください。同伴者の参加も希望の方は同伴者氏名を追記ください。

event@spiral.co.jp

※追って、受付完了のメールをご返信させていただきます。
※受信拒否設定をされている場合は、@spiral.co.jpのドメインを受信許可にしてください。
※万が一お申し込みいただいてから、3営業日内に返信がない場合は、大変お手数おかけしますが、お電話(担当:程塚 03-3498-1171)にてお問い合わせください。
※お申し込みをキャンセルされる場合は事前にご連絡をお願いいたします。
※いただいた個人情報は、本イベントのご連絡以外には利用いたしません。

■ 書籍ご購入について

 

当日はイベント会場にて書籍をお買い求めいただけます。

事前購入ご希望やイベントにお越しいただけない方もamazonにてご購入できます。amazon.co.jp

 

■ プロフィール
三角みづ紀(みすみみづき)
詩人。1981年鹿児島生まれ。大学在学中に第42回現代詩手帖賞、第10回中原中也賞を受賞。第2詩集にて南日本文学賞と歴程新鋭賞を受賞。執筆の他、朗読活動も精力的に行い、自身のユニットのCDを2枚発表しスロベニア国際詩祭やリトアニア国際詩祭に招聘される。第5詩集『隣人のいない部屋』にて第22回萩原朔太郎賞を最年少受賞。
在本彌生(ありもとやよい)
東京生まれ。外資系航空会社で14年間乗務した後、2006年5月フォトグ ラファーとして独立。日本、世界の人々の生活、文化の中の美をテーマに取材、撮影している。近著に写真集「わたしの獣たち」(青幻舎)、「熊を彫る人」(小学館)がある。
http://www.yayoiarimoto.jp
石塚元太良(いしづかげんたろう)
写真家 。大型フィルムカメラを用いながら、ドキュメンタリーとアートを横断するように時事的なテーマに対して独自のイメージを提起している。2014年、東川写真新人作家賞受賞。主な著作に『PIPELINE ALASKA/ ICELAND』(講談社)『アラスカへ行きたい』(新潮社)などがある。また 2019年春、ドイツの Steidl 社より新作 写真集『Gold Rush Alaska』出版予定。

RELATED TOPICS

東京都港区南青山5-6-23 MAP
東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」B1/B3出口
SPIRAL ONLINE STORE