JA EN

「令和三年 御飾り展 土の記憶」

2021.11.29-12.26

山本万菜のつくる御飾りは、その年に起きた事象や世の中に気持ちを汲み取り、植物を手にしてからひとつひとつ造形やその意味合いを導いていきます。

その為、毎年同じお飾りではありませんが、意味合いやかたちがその瞬間にすとんと胸に落ちたものを、みなさまに迎えていただきたいと思っています。姿をすこし想像するだけで、御飾りの見え方が変わってくるかもしれません。

通常しめ縄飾りなどのお飾りは、お正月を過ぎたら御焚き上げされていますが、みなさまの気持ちに寄り添うものとしてずっとお飾りいただけるようなデザインを心がけて制作しています。
お家で過ごす時間が増えた昨今、よりその存在がお守りのようにみなさまの暮らしとともに在れたら幸いです。

■ 開催概要

「令和三年 御飾り展 土の記憶」


会期:2021.11.29(mon) -12.26(sun) 
会場:Spiral Marekt(Spiral 2F)
営業時間:11:00-19:00(-11.30)11:00-20:00(12.1-)
お問い合わせ:03-3498-5792

期間中、同売り場にてリトアニアでつくられるハーブティーMy cup teaのPOP UPを開催いたします。

*開催にあたり、スパイラルではお客様およびスタッフの安全と健康に配慮した感染拡大予防対策をとっております。
*開催時の状況により、一部内容を変更する可能性があります。
*営業状況など 詳細はスパイラルウェブをご確認ください。

■ 作家あいさつ

 植物は土に根を張って生きる。御飾りに使われる素材も、かつては根を張っていた。  

その姿をすこし想像するだけで、御飾りの見え方が変わってくるかもしれません。 そして私たち自身にも匂い立つような土の記憶があるのを思い起こしてほしい。  

令和三年 御飾り展のテーマ「土の記憶」は、目に見えないものへの想像をかたちで表現しました。 目に見えないものへの恐れはもう越えて、想像の向こう側を眩しく感じていただければと思います。

山本万菜/Mana Yamamoto
アーティスト、フローリスト。
絵画や陶芸の創作活動をする傍ら花屋に4年間従事。2013年よりフラワーブランド「Brose&Butter.」を主宰。
絵を描く色彩や造形の感覚を活かし、空間装花や植物のスタイリングを行う。
「自然や文化を暮らしと繋ぐ植物の表現」として、2017年より御飾りの展示会を開催。
干支をモチーフにしたしめ縄飾り「干支の御飾り」は、本年で7年目となるブランドの定番のコレクション。
伝統的な素材や意味合いを踏襲しつつ、現代の暮らしに寄り添うミニマルかつプリミティブな御飾りを提案する。
Instagram(Brose&Butter.)

RELATED TOPICS

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 MAP
03-3498-1171
SPIRAL ONLINE STORE
SICFspiral scholeFooterBanners--sal.png
 
象の鼻テラスSLOW LABEL  spinner_logo_footer.png