JA EN

Satoko Sai+Tomoko Kurahara×Spiral Market

2019.10.28~順次発売

この冬Spiral Marketでは、陶芸作家ユニット〈Satoko Sai + Tomoko Kurahara〉とコラボレーションしたオリジナルアイテムを発表します。

交差する色、時間、風景、感情―――。銘々ががさまざまな思いを持って過ごすあたたかな冬をイメージし制作されたタイル。それをもとに出来上がった3つの限定アイテムをご紹介します。

[city tile calendar ¥2,000+tax]Satoko Sai + Tomoko Kuraharaが旅をして出合った6つの街の風景。そこからイメージした「街の色」を釉薬で表現した陶器のタイルで構成したカレンダーです。タイルの色味から、季節や街の雰囲気を感じられます。シンプルでコンパクトなデザインは、壁やデスクに貼ったりと場所を選ばずお使いいただけます。
[city tile cards ¥1,600+tax]Satoko Sai + Tomoko Kuraharaがこれまでに撮影した6都市の風景写真を、タイルに焼き付けカードに仕上げました。半分に折るとちょうどギフトに添えるのにぴったりのミニサイズに。ひらくと都市のパノラマを感じることができます。差し上げる方のイメージやギフトの中身と組み合わせを考えるのも楽しいカードセットです。
[tile quilt handkerchief ¥2,200+tax]SpiralMarket今冬のビジュアルテーマ“crossing”をイメージし、Satoko Sai + Tomoko Kuraharaが制作した陶器のタイルをハンカチに仕立てました。陶器ならではの色やテクスチャーを組み合わせた、キルトのようにあたたかみのあるデザイン。艶のある素材と小さめのサイズが上品なハンカチです。

■発売日

Spiral Market :10/28(mon)~

「+S」Spiral Market 各店:11/1(fri)~

Spiral Online Store:11/8(fri)~

■ プロフィール

Satoko Sai + Tomoko Kurahara
(サトコサイ・プラス・トモコクラハラ)

崔聡子と蔵原智子による陶芸作家ユニット。
共に多摩美術大学工芸学科にて陶を専攻し、 2002年卒業と同時に共同制作を開始しました。その後2005年に崔は韓国へ留学、 2002年から2005年に蔵原はフィンランドへ留学。 距離を隔てた活動期間を経て、2006年滋賀県信楽陶芸の森アーティスト・イン・レジデンスプログラム参加。同年より東京のアトリエに拠点をおいています。

Satoko Sai + Tomoko Kuraharaの作品には、カップやミニプレートなどの「デイリーライン」、 一年間限定の「イヤーズプレート」、陶を素材にした複製芸術としての試みである「コレクション」、 ユニークピースとして制作するアートプロジェクト等があるほか、オーダーメイドも行なっています。

これまで日本とフィンランドで展覧会を行ない、作品を発表しています。 シルクスクリーンによる陶器への転写や石膏型を使った鋳込みや型押しによる成形などの量産技術と手仕事を組み合わせることで、中量生産でありながらも制作の過程で生まれる偶発的な個々の表情を大切にしています。

RELATED TOPICS

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 MAP
03-3498-1171
SPIRAL ONLINE STORE
SICFspiral scholeFooterBanners--sal.png