JA EN

spiral market selection vol.454 五月女 寛 作品展「主人公」

2021.01.22_02.04

2019年より長野県伊那谷に移住し、作陶・作画を行う五月女 寛。

今回のテーマは「主人公」。
定番の小さな花器や壺、墨象画をご紹介いたします。
また、昨年長野で行われた個展で披露されたインスタレーションを再現。空間を使用した表現もお愉しみいただけます。

ぜひ、ご高覧くださいませ。


(以下、作家からのメッセージ)

今回のテーマは禅語「主人公」。
一般的に「主役」といった意味で使われる言葉ですが、禅語では「自分のなかにいる本当の自分」という意味です。
自分の心に沿って素直に生きてゆく先には、大いなる豊かさがあります。
外に何かを求めるのではなく、すべての答えは自己の内なる宇宙に存在するのです。

私にとって、陶器をつくること、絵を描くこと、花を生けることは「主人公」であることに他なりません。

それは心穏やかな至福の時間なのです。

私の作品を通じて、少しでも、ひとり一人の「主人公」を生きるお手伝いができるのならこの上ない喜びです。

五月女 寛

■ 開催概要

spiral market selection vol.454
五月女 寛 作品展「主人公」

会期:2021年1月22日(金) - 2月4日(木)
※1月26日(火)、2月2日(火)は臨時休業とさせていただきます。詳しくはこちらをご確認ください。
会場:Spiral Market(Spiral 2F)
営業時間:11:00〜19:00
お問い合わせ:03-3498-5792 

※会期中、予告なく内容を変更する場合がございます。店舗の状況につきましては、TOPページをご確認のうえご来店ください。

■ プロフィール
五月女 寛/SAOTOME Hiroshi
2005年より、ギャラリー、クラフトフェア等で作品を発表、現在に至る。

日々、土という素材と向き合い、時間はかかるが、手びねりでひとつ一つ仕上げていく方法を貫く。
大切に思うことは 『手触り・簡素さ・ぬくもり』 、めざすものは 『暮らしの傍らで自然に佇む陶』 。

2017年より、墨象画を制作開始。
作陶で使用しているオリジナルの白い化粧土を木製パネルに定着させることで土の表情もったキャンバスを作成。その上に墨を施し、作画を行う。

2019年より、長野県の伊那谷に移住。
日々、自然の豊かさを享受しつつ、作陶、作画を行う。
instagram

RELATED TOPICS

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 MAP
03-3498-1171
SPIRAL ONLINE STORE
SICFspiral scholeFooterBanners--sal.png
 
象の鼻テラスSLOW LABEL  spinner_logo_footer.png