JA EN

さすてなぶるファッション™ 009 ファッションに選択肢を!! サステナブルファッションセレクトショップ Enter the E の挑戦!!

スパイラルスコレー協力イベント
2020.2.3 19:00ー21:00

近年、ファッション産業にもサステナビリティーやエシカルが言葉として浸透してきてはいますが、課題解決するファッションの選択肢は乏しいのが現状です。そんな中、社会企業家たちのプラットフォームであるボーダレスジャパンから誕生したのが人や環境に配慮した洋服だけを集めたセレクトショップ「Enter the E」です。

「服を楽しみながら、人や環境負荷の少ない選択肢を増やせたら」そんな想いでEnter the Eを立ち上げたと植月氏は話します。大半のブランドが日本未上陸という、まさに選択肢を創出するEnter the Eの代表である植月氏をゲストにお招きし、選択肢の創出がどう社会を変えていくのか考えたいと思います。

なぜファッションで起業しようと思ったかという植月氏の想いから、サステナブルファッションビジネスの課題、社会起業家のプラットフォームをなぜ活用しようと考えたのか、選択肢を増やすEnter the E の試みがどうファッション界に影響を与えるかなどをお話していただきます。

また、世界には日本では知られていないサステナブルファッションブランドがあるということも、是非、知って帰っていただければと思います。

皆さまのお越しお待ちしております。

■ 講師プロフィール

植月友美

Enter the E 代表
GEORGE BROWN COLLEGE FASHION MANAGEMENT卒 19年間アパレル関係に従事。店舗運営、バイイング、商品企画、事業開発、マーケティングなど担当。 2009年服が好きすぎて大量消費し、500万円借金してしまったことがきっかけに、自分のために生きるのではなく大好きな服で社会の役に立ちたいと地獄の底から這い上がる。同年杜撰なファッション業界の環境破壊を目の当たりにし、人や地球に迷惑をかけずに洋服を楽しめる社会をつくることを人生かけてやると決意。 12年務めた小売企業でエシカルやグリーンファッションを何度も提案するもなかなかスケールアップできず、打ちひしがれる。待ったなしに環境が悪化する中、自分がやらずして誰かがやると起業を決意。2019年ボーダレス・ジャパンに参画。

Enter the E
人や環境に配慮した洋服だけを集めたセレクトショップ
https://enterthee.jp/ 

■ 開催概要

開講日:
2020年2月3日(月)19:00〜21:00(18:30開場)

会場:
スパイラルルーム(スパイラル9F)東京都港区南青山5-6-23

受講料:
一般 前売2,800円(Peatixにて)当日3,000円
大学生・専門学校生 前売1,800円(Peatixにて)当日2,000円
中学・高校生 無料

定員:
各回40名

主催:FashionStudies®︎
会場協力:スパイラルスコレー
企画:山口大人(MASATO YAMAGUCHI DESIGN OFFICE)

問い合わせ先:FashionStudies®︎

■ 講座お申込み方法

お申し込みはPeatixにて承っております。
https://peatix.com/event/1409794

※申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。
Peatixがご利用できない場合は、「さすてなぶるファッション009 ファッションに選択肢を!!の件」と明記していただき、下記のメールにてお問い合わせくださいませ。
contact@fashionstudies.org
※当日券は会場にて承っております。
※※注意事項 当日は記録・広報等のためトークの模様を映像で記録し、後日ウェブ上にて公開予定です。あらかじめご了承ください。

▶ファッションを体系的に学ぶ場
Fashion Studies
http://fashionstudies.org/top/

▶「Spiral Schole」について
スパイラルと運営母体のワコールが共同で推進するエデュケーションプログラム。開館30周年を記念し、2015年4月にスタートしました。本プログラムでは、スパイラルとワコールがこれまでに培ったノウハウとネットワークから選び抜いた、経験豊かなプロフェッショナルを講師として迎え、様々なニーズに合わせた講座を実施しています。
http://www.spiralschole.com

RELATED TOPICS

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 MAP
03-3498-1171
SPIRAL ONLINE STORE
SICFspiral scholeFooterBanners--sal.png