JA EN

向田邦子没後40年特別イベント「いま、風が吹いている」

2021.1.14-1.24

旺 盛 な 好 奇 心 で 風 の よ う に 軽 や か に 生 きた 、向 田 邦 子 の 51 年 の 軌 跡 。 そ の 軌 跡 が さ ま ざ ま な 分 野 で 活 躍 す る 才 能 と 掛 け 合 わ さり 、新 た な クリエーション が 生 ま れ ま す。

向田邦子は、女性の社会進出がまだこれからという時代に、編集者として活動を始め、やがて多数のラジオ番組を構成、 作家となり約 1,000 本のテレビドラマの脚本を手がけ、ヒットドラマの旗手となりました。さらにエッセイを書き、数作の短編小説で直 木賞を受賞。残された多くの言葉や物語は、時を経ても色褪せることなく人々の心に響き続けています。そして、寸暇を惜しんでおしゃ れを楽しみ、美味しいものに目がなく、旅が好き、そんな “ 自分らしく気持ちよく暮らしたい ” という向田邦子の生活スタイルもまた、 世代を超えて共感され、憧れの対象であり続けています。

台湾の飛行機事故での突然の死から 40 年となる 2021 年、末妹・向田和子監修のもと、合津直枝(テレビマンユニオン)を総合プロデューサーに迎え、特別イベントを開催します。会場は東京・青山にある複合文化施設、SPIRAL(スパイラル)。向田邦子が最後の10 年をごし愛した街、青山を開催地に選びました。展覧会の会場構成、アートディレクションを KIGI の植原亮輔と渡邉良重が行います。 そして、新たに製作するドキュメンタリーの上映や、芝居やコンサートなど盛りだくさんの内容です。軽やかでしなやかな風のように生きた向田邦子の51 年の軌跡が、デザイン、グラフィック、文芸、演劇、音楽など、現在さまざまな分野で活躍する才能と掛け合わさり生まれる新たなクリエーション。この生きる活力をさまざまな世代の人々に届けます。

■ 開催概要

向田邦子 没後 40 年特別イベント 「いま、風が吹いている」

会期:2021.1.14(木) -1.24 (日) 11:00-20:00
会場:スパイラルガーデン(1F)、スパイラルホール(3F)
*入場制限がある場合があります。

特設インスタグラム
@mukodakuniko_kakeru


展覧会 
会場:スパイラルガーデン(1F)*入場無料
2021.1.14 日(木)- 24 (日) 11:00 - 20:00

ドキュメンタリー『向田邦子からの贈り物』
会場:スパイラルホール(3F) *チケット制
2021.1.20 日(水 )15:30 /18:30
1.21 日(木 )12:30 / 15:30 /18:30

演劇『寺内貫太郎33回忌』
会場:スパイラルホール(3F) *チケット制
2021.1.23 日(土)) 14:00 /17:30 

音楽『風のコンサート』
会場:スパイラルホール(3F) *チケット制
2021.1.24 (日) 15:00

関連イベント


詳細につきましては、こちらのページで追ってお知らせいたします。

 

□トークショー
会場:スパイラルガーデン(1F) *事前登録制
会期中の週末は、向田邦子ゆかりの著名人と語るトークイベントを開催します。
1.16(土)、17(日)、23(土)、24(日)


□『向田書店』
会場:MINA-TO(1F)
向田邦子著作本ほか、その版元である出版社がおすすめする書籍約 30 タイトルを販売します。

 

□特別メニュー『ままやセット』
会場:スパイラルカフェ(1F)
向田邦子の妹・和子が主人を務めた赤坂の小料理屋「ままや」のメニューを特別に再現します。

■ プロフィール

向田邦子 〈1929-1981〉
昭和4(1929)年東京生まれ。保険会社に勤める父親の転勤に伴って幼少時から高等女学校時代まで日本全国を転々としながら育つ。ふるさとを 持たない身でありながら、小学3年生から2年余りを過ごした鹿児島を、のちに“ 故郷もどき ”として親しむ。実践女子専門学校(現・実践女子大学)国語科を卒業後、映画雑誌の編集者を経て、ラジオの構成作家、テレビ脚本家として活躍。代表作には「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」 などがあり、1970-80 年代のヒットメーカーとなる。46歳での乳がん発症をきっかけにエッセイを手掛けるようになり「父の詫び状」を出版、 1980年「小説新潮」に連載中の『思い出トランプ』の「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で第 83 回直木賞を受賞し、“ 時の人 ” となる。翌 1981年8月飛行機事故で急逝。享年51。残した作品と同様に、旺盛な好奇心を寄せたセンスのいい生活スタイルが多くの人々を魅了し続けている。

主催|没後40年向田邦子カケル
総合プロデューサー|合津直枝(テレビマンユニオン)
展覧会プロデューサー|小林 裕幸(スパイラル)
会場構成・アートディレクション|KIGI
監修|向田 和子


企画制作|ままや/テレビマンユニオン
企画協力|スパイラル
会場協力|株式会社ワコールアートセンター
協力|講談社/新潮社/文藝春秋/東京ニュース通信社
特別協力|かごしま近代文学館

 

お問い合わせ先|
テレビマンユニオン 「向田邦子没後40周年イベント」

11月20日(金)から

090-8859-8399 (平日12:00-17:00 対応受付)

 

 

RELATED TOPICS

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 MAP
03-3498-1171
SPIRAL ONLINE STORE
SICFspiral scholeFooterBanners--sal.png
 
象の鼻テラスSLOW LABEL  spinner_logo_footer.png