JA EN

take art collection 2005 「美術百貨店」

2005.10.20~30
Photo:Katsuhiro Ichikawa

アート専門家だけでなく、広く一般の方々を対象に身近にアートのある暮らしを提供することを目的に、2003年より始まった「take art collection」。3回目を迎える今回の「take art collection 2005 『美術百貨店』」は、"プレゼントとしてのアート"をテーマに、贈り物に相応しい価格帯とサイズを念頭に置き、若手から大御所まで、日本の現代美術を代表するアーティストの作品を、百貨店のように見やすく、楽しい配置で展示販売しました。

プレゼントを贈る時、私たちは相手のライフスタイルや喜ぶ顔を思い浮かべ、メッセージを込めて物を選びます。私たちは、こうしたプレゼントの特性、メッセージ性の高さや稀少感、こだわりこそ、アート作品の特性に通じると考えました。スパイラルが考えるプレゼントに相応しい作品を、気軽に贈ることのできるサイズ(4号/333×242mm程度)と価格帯(中心価格帯3~5万円)を中心に幅広く揃えることで、「プレゼントとしてのアート」の新たな可能性を提案しました。また、今回は「take art collection 2005 『美術百貨店』」だけが取り扱う、カードサイズのオリジナル作品も用意しました。

会場を「美術百貨店」に見立て、豊富なラインナップの作品を、「FOOD」「CLOTHES」「TRAVEL」「NATURE」など、作品の持つメッセージ性をもとに、10のキーワードに分類して、贈る相手やそのシーンに合わせて選べる構成にすることで、初めての方にも判りやすく、選びやすいように展示しました。マルチプルも幅広く揃える他、take art collectionオリジナルの包装紙によるラッピングなど、楽しくショッピングをしていただける工夫を随所に盛り込みました。

主な出展作家
秋山さやか、東亭順、石内都、イチハラヒロコ、exonemo、榎本耕一、Enlightenment(ヒロ杉山)、大巻信嗣、カンノサカン、神谷徹、草間彌生、児島サコ、さとうりさ、澤田知子、津上みゆき、永島京子、中村哲也、西尾康之、原倫太郎、ホンマタカシ、森村泰昌、ヤノベケンジ、横尾忠則など(50音順)


【開催概要】
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル

RELATED TOPICS

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 MAP
03-3498-1171
SPIRAL ONLINE STORE
SICFspiral scholeFooterBanners--sal.png