JA EN

SYLP Meeting 番外編 御徒町凧「詩人は変人? 意外に凡人?」

Spiral Schole協力イベント
2020.1.15

Support Your Local Poet「身近な詩人を支えよう」を合言葉に、毎回ひとりの詩人を招き、じっくりとお話を聞くミーティングです。
朗読、パフォーマンス、ゲストとのおしゃべりなど、趣向はさまざま。詩と詩人を、身近に感じるひと時です。

地元に詩人がいるのは、
大臣がいるより気分がいい。
もしかするとちょっとレトロなラブレターを
代筆してくれるかもしれないし。
え?詩人の見つけかた?
目を見れば分かるよ、
いつも消失点を探しているから。

谷川俊太郎

SYLP Meeting 番外編 御徒町凧「詩人は変人? 意外に凡人?」

ポエムピースの詩集シリーズ『詩の時間』の3冊目『雑草・他』の刊行を記念して、著者の御徒町凧さんを囲んで、詩人の松崎義行さん、谷郁雄さんがトークと朗読を行います。詩とは?詩の時間とは?詩人は変人?などなど、3人の詩人が本音で熱く語ります。詩が好きな人も、詩に興味はあるがよく分からないという人も、気軽に参加ください。朗読タイムには、客席からの飛び入り参加も大歓迎! みんなで一夜の「詩の時間」を盛り上げましょう!

詳しくはこちら→http://oblaat.jp/?p=1416

■ プロフィール
御徒町凧(おかちまち・かいと)
御徒町凧(おかちまち・かいと)
詩人。1977 年東京生まれ。2006 年第一詩集『人間ごっこ』を刊行。以後も詩集を発表し続け、最近の著書としては『砂の言葉』(16 年)『Summer of the DEAD』(18 年)などがある。また、森山直太朗の楽曲共作者としてほぼ全ての作品の作詞や舞台の構成演出などを手がけ、2008 年、楽曲『生きてることが辛いなら』で「第50 回日本レコード大賞作詞賞」を受賞。2019 年1 月から自身主催の詩の朗読会『POETRY CALLAS』を月一で定期開催している。
谷郁雄(たに・いくお)
1955年三重県生まれ。同志社大学英文学科中退。大学在学中より詩作を始め、78年に大学を中退後、上京。90年に『死の色も少しだけ』で詩人デビュー。93年『マンハッタンの夕焼け』が小説家の辻邦生の目にとまり、第3回ドゥマゴ文学賞の最終候補作に。詩集に『自分にふさわしい場所』『愛の詩集』『透明人間 再出発』『バンドは旅するその先へ』『バナナタニ園』『大切なことは小さな字で書いてある』ほか多数。エッセイ集に『谷郁雄エッセイ集 日々はそれでも輝いて』などがある。作品は、合唱曲になったり、中学校の教科書の巻頭詩になったりしている。
松崎義行(まつざき・よしゆき)
1964 年東京・吉祥寺生まれ。15歳のときに「童女M」でデビュー。谷川俊太郎らと詩のデザインレーベルoblaatを設立。顕微鏡で読むガラスの詩集や、詩の電光掲示板「ポエツリー」などを制作、SUPPORT YOUR LOCAL POET と題して朗読会のシリーズを実施。
2012 年、東日本大震災後の「心の復興」を目的に福島で活動。「ここは花の島」(合唱曲=谷川賢作作曲、写真詩集)、「自分らしさを咲かせて」(トリ音/作曲・歌)をリリース。
2014 年、みちるのペンネームで「心の傷を治す本・10 秒の詩」を出版。
2016 年より札幌ポエムファクトリーの指導員を務める。
■ 開催概要

開講日:
2020年1月15日 (水) 19:00-21:00(18:30開場)※終了しました。

会場:
スパイラルルーム(スパイラル9F)
東京都港区南青山5-6-23

受講料:
1,500円(税込)

定員:40名

主催:オブラート
協力:スパイラルスコレー
お問合せ先:オブラート info@oblaat.jp

▶「Spiral Schole」について
スパイラルと運営母体のワコールが共同で推進するエデュケーションプログラム。本プログラムでは、スパイラルとワコールがこれまでに培ったノウハウとネットワークから選び抜いた、経験豊かなプロフェッショナルを講師として迎え、様々なニーズに合わせた講座を実施しています。
http://www.spiralschole.com

RELATED TOPICS

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 MAP
03-3498-1171
SPIRAL ONLINE STORE
SICFspiral scholeFooterBanners--sal.png