JA EN

SPECTRUM TALK スペクトラムトーク 第3回  恋するAI-歌人生成プロジェクト

2019.3.20 wed 19:00ー20:30

心のないAIに、恋の歌は書けるだろうか・・・。

NHK番組「人間ってナンだ 超AI入門 恋愛する」で知り合ったNTTレゾナントのAI研究者・中辻真と歌人・野口あや子。

より話題あるAI短歌を作り出すために両者が考えついたのは、意外にも朝のドラマで有名になった歌人、柳原白蓮をはじめ、与謝野晶子、岡本かの子など近代の肉食系女性歌人たちをデータベースに恋の歌を生成させることだった。

近代データベースのAI歌人がアイフォンを詠むことは可能?
AI歌人の歌に人間が恋に落ちることは可能?
AI歌人は新しい時代のアジアンビューティーポエットかもしれない。

いくら情報が変化してもかわらないのは人のときめき。
では人のときめきはどれだけ情報化できるのだろうか。
短歌研究社の発刊する「短歌研究」の編集発行人・國兼秀二をゲストに迎え、AIによる短歌の可能性を議論する。

短歌とAIがつくりだすときめきの現場をご覧あれ。

■ プロフィール
中辻真
2001年京都大学工学部数理工学卒。2003年京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻修了。2003年NTT入社。
以来、セマンティックWEB、データマイニング、機械学習に関する研究開発に従事。
近年は、深層学習を基にした対話システムの研究開発を推進。
2010年京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻博士課程修了。
2013年度レンセラー工科大学研究員。
2015年度人工知能学会論文賞、2015年度電子情報通信学会優秀論文賞などを受賞。
2015年よりNTTレゾナント。現在、深層学習に基づく自動対話応答生成、自動QA応答サービスやキャラクターとのチャットボットサービスなど、 人工知能技術による実用化プロジェクトを推進している。 情報学博士。
野口あや子
1987年岐阜生まれ。名古屋在住。
高校在学中、第49回短歌研究新人賞を受賞。
第1歌集『くびすじの欠片』で第54回現代歌人協会賞を最年少受賞。
ほか歌集に『夏にふれる』『かなしき玩具譚』『眠れる海』。
三角みづ紀との共著に『気管支たちとはじめての手紙』(電子書籍)。
近年は朗読活動に力を入れ、機を得てフランスでの短歌朗読を行う。
またエッセイ、コラボレーションも精力的に行っている。
國兼秀二
1988年早稲田大学政治経済学部卒。
日経BP社を経て、講談社に入社。
週刊現代編集部、文芸図書第二出版部を経て、07年同部部長、11年講談社文庫出版部長。
17年より、講談社グループの「短歌研究社」社長・編集発行人。
■ 開催概要

日時:2019年3月20日(水) 19:00-20:30 (開場18:30)

場所:スパイラルルーム(スパイラル9F)東京都港区南青山5-6-23

料金:1,500円(税込)

 

出演:中辻真(NTTレゾナント株式会社 AI担当 担当課長)

   野口あや子(歌人)

   國兼秀二(講談社第五事業局次長/短歌研究社社長)

 

■ 講座お申込み方法 <メール申込>

件名にご希望の講座名を明記の上、本文にご希望参加日、氏名、年齢、職業、連絡先を記したものを下記のアドレスまでお送りください。

 

spectrum@spiral.co.jp

 

※追って、受付完了のメールをご返信させていただきます。
※受信拒否設定をされている場合は、@spiral.co.jpのドメインを受信許可にして下さい。
※万が一お申し込みいただいてから、3営業日内に返信がない場合は、大変お手数おかけしますが、お電話(スペクトラムトーク担当03-3498-1171)にてお問い合わせ下さい。
※お申し込みをキャンセルされる場合は事前にご連絡をお願い致します。
ご連絡なくキャンセルされた場合、次回以降のお申し込みをお断りする場合があります。
※いただいた個人情報は、スパイラルが関連するイベントのご連絡や情報配信以外には利用いたしません。
 

 

主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル

RELATED TOPICS

東京都港区南青山5-6-23 MAP
東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」B1/B3出口
SPIRAL ONLINE STORE