HOME > SPIRALについて > 建築について

スパイラルは、気軽に本格的なアートに接する場です。お茶を飲みながら展覧会の作品を眺めたりお酒を飲みながらコンサートを楽しんだりといった、フレキシブルな用途に対応できるよう設計されています。建築の設計は、建築家、槇文彦氏によるものです。

建築デザインは、モダンデザインの原点を象徴する正方形、円、正三角形、円錐など「純粋幾何学体」を基本要素とし、外観には数多くの部分的形体を積み上げていくというコラージュ的手法を採用。また建築素材にはアルミパネルやガラス、金属的なタイルを多様し、現代的でシャープな雰囲気を醸し出しています。内部は、1階から3階が別々の機能を持つ空間が共存するパブリック・スペースとなっており、訪れた人々はさまざまな空間で同時に展開されている催しに触れながら、自由に回遊して楽しむことができます。

また広々としたエントランスホールから3階へと続くエスプラナード(大階段)とスパイラル(螺旋)状にスロープが設置された円筒形のアトリウム(吹抜)に代表される、ゆったりとした贅沢な空間の使い方は、スパイラルの特色のひとつであり、都市生活者にとっての安らぎの空間を創り出しています。

なお、スパイラルは1987年、アメリカ建築家協会の選定する、その年の世界で最も優れたアルミニウムを使った建築に与えられる「R.S.レイノルズ賞」を受賞。また、2012年には日本建築家協会による、25年以上に亘り建築物を維持し続け、地域環境に貢献し、その存在意義を築くために尽力した人々を表する、JIA25年賞を受賞しました。

1928年 東京生まれ
1952年 東京大学工学部建築学科卒業
1953年 クランブルグ美術学院修士課程修了
1954年 ハーバード大学修士課程修了
1956年~1961年 ワシントン大学準准教授
1962年~1965年 ハーバード大学準准教授
1979年~1989年 東京大学工学部建築学科教授
1965年~現在 (株)槇総合計画事務所代表
  日本建築家協会会員/アメリカ建築家協会名誉会員/
  英国王立建築家協会名誉会員/ドイツ連邦建築家協会名誉会員
1958年 グラハム財団国際美術賞フェロー
1963年、1985年 日本建築学会賞
1987年 レイノルズ賞
1988年 ウルフ賞、シカゴ建築賞
1990年 トーマス・ジェファーソン建築賞
1991年 国際デザインアワード
1993年 朝日賞/プリッツカー賞/IAITAクォーターナリオ賞/
  UIAゴールドメダル/プリンス・オブ・ウェールズ都市計画賞/
1998年 村野藤吾賞
1999年 アーノルド・ブルンナー記念建築賞高松宮殿下記念世界文化賞建築部門
2001年 日本建築学会大賞
2010年 AIAゴールドメダル
代官山ヒルサイドテラス(1969-92)、スパイラル(1985)、京都国立近代美術館(1986)、
藤沢市秋葉台文化体育館(1984)、幕張メッセ(1989)、東京体育館(1990)、
慶応義塾湘南藤沢キャンパス(1990-94)、霧島国際音楽ホール(1994)、
イエルバ・ブエナ・ガーデンズ芸術センター(サンフランシスコ/アメリカ 1993)、
イザール・ピューロ・パーク(ミュンヘン/ドイツ 1993)、名取市文化会館(1997)、
富士国際会議場(1999)、テレビ朝日(2003)、国立国語研究所(2005)、
島根県立古代出雲歴史館(2006)、三原市芸術文化センター(2007)、
シンガポール国立科学技術専門学校(シンガポール 2007)、
イズマイリ・イママット記念館(オタワ/カナダ 2008)、
マサチューセッツ工科大学メディア・ラボ(ケンブリッジ/アメリカ 2009)、
ペンシルバニア大学アネンバーグ・パブリックポリシーセンター(フィラデルフィア/アメリカ 2009)、
東京電機大学新東京キャンパス(2012)、町田市新庁舎(2012)、静岡市清水文化会館(2012)