JA EN
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
アートプロデュース事業について

2000年の「アートライフ宣言」以降、アートの実社会への応用を目指し、クリエイティブネットワークを活用しながらおこなったきたプロデュース活動。国内地方都市におけるまちづくり拠点形成、施設開業支援、国際都市との連携といった外部事業者との協業事業のほか、昨今では、オンラインを活用したアート作品やコンテンツ販売等、活動範囲は多岐に渡ります。

ANNOUNCE-02_01.jpeg

 クリエイティブ・ミーティング 過去のアーカイヴ

 ●第1回 栗栖良依さん 開催レポートはこちら
 ●第2回 田中未知子さん 開催レポートはこちら

CONSULTING  地域創生、ブランディング、空間デザイン、商品・サービス開発など、クライエントのニーズに対して、アートの視点からのソリューションを提案。 アーティスト・クライアント・顧客の共創関係を築くためのワークショップの設計とファシリテーションを行う。
 PLANNING & CURATORIAL  プロジェクトの目標に応じて、コンセプト、制作手法、美的表現などの要素を総合的に勘案して、アーティストのショットリストを提示。 課題定義、企画立案、フレームワークと予算・スケジュール案の作成。
 CREATIVE MANAGEMENT  クリエーターとのパートナーシップ構築。 著作権、契約管理。 他領域のクリエーターによるコラボレーションのファシリテーションとチームマネジメントを行う。
 PRODUCTION MANAGEMENT  立体彫刻、空間装置、デジタルなど媒体を問わないアート作品制作におけるスケジュール・予算、品質管理。 広報物、ウェブ、映像などプロモーション素材のディレクションと制作。
■ 推進メンバー
松田朋春 (シニアプランナー)

スパイラル「SICF」プランニング。「愛・地球博」(2005)公式アートプログラムのプランニング担当。スパイラルウェブマガジン「SPINNER」、「道後オンセナート2014」プロデューサー、「みんなの道後温泉 活性化プロジェクト」総合ディレクター。柏の葉エリアでのアート展開「五感の学校」企画ディレクション。「スマートイルミネーション横浜」プランニング。ポエトリーコレクティヴ「oblaat(オブラート)」世話人。 グッドデザイン賞審査委員歴任。多摩美術大学、東京理科大学非常勤講師。グッドアイデア株式会社代表。主な受賞歴として「ランデヴープロジェクト」、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク・タオル」、「はっぱっぱ体操」グッドデザイン賞、「ピノキオプロジェクト」キッズデザイン賞金賞、グッドデザイン賞、D&AD賞など。主な著書として「空気の日記」(共著・書肆侃侃房)、「ワークショップ-偶然をデザインする技術」 (共著・宣伝会議)、「わたしの犬退治」(新風舎)、「エアリアル」(ポエ ムピース)他。
守屋慎一郎(プランナー)

東京学芸大学教育学部卒。株式会社コミュニケーション・デザイニング研究所にて、CI、企業広報、博覧会等のプランニングなどを経て、2010年、株式会社ワコールアートセンター入社。「象の鼻テラス」プランニング ディレクター、「スマートイルミネーション横浜」チーフプランナー、「大古事記展」(2014)展示ディレクター、太田市美術館・図書館チーフディレクター、「GREEN SPRINGS」(2019-)アートディレクター兼タウンマネージャー。2018-2020年、横浜商科大学兼任講師、2020年よりイベント学会理事(副事務局長)。
大田佳栄(キュレーター)

一橋大学法学部卒、神戸大学大学院文学研究科西洋美術史学科修了。情報誌編集者を経て、2001年、株式会社ワコールアートセンター入社。現代美術を軸にした展覧会、フェスティバルのキュレーション、国際事業推進を担う。2012 年より国際交流事業「Port Journeys」ディレクター(横浜市象の鼻テラス)。「TOKYO ART FLOW00」(2016)キュレーション、「ルー・ヤン展 電磁脳神教 Electromagnetic Brainology」(2018)、「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ」(2019)ほか。2022年「道後オンセナート2022」チーフキュレーター、2022-2023年、京都府文化力による未来づくり審議会委員。
大越晴子(象の鼻テラス チーフ)
武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。建築事務所で設計に携わった後、2012年4月にスパイラル/ワコールアートセンター入社。象の鼻テラスチーフ。同館の運営業務全般を担当。公共空間の活用を考えるアートプロジェクト「フューチャースケープ・プロジェクト」、その他イベント・ワークショップの企画・制作・広報・運営などの業務にあたる。

 


アートプロデュース事業に関するお問い合わせ

E-mail:artproduce@spiral.co.jp

また、スパイラルが携わった事業の最新情報を不定期にお届けするメールマガジン「Spiral Art Produce Mail News」の購読を希望される方はこちらからご登録をお願いします。

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 MAP
03-3498-1171
SPIRAL ONLINE STORE
SICFspiral scholeFooterBanners--sal.png
 
象の鼻テラスSLOW LABEL  spinner_logo_footer.png